FC2ブログ

Turchia della fine di autunno  Ⅳ

at (125)

 12月1日(日) コンヤの朝焼けです。

 さてこのあたりで「トルコ共和国」の豆知識です。

 4世紀末から15世紀半ばまでは東ローマ帝国(ビザンツ帝国)に属し、首都はコンスタンティノープル(現イスタンブール)にありました。 ギリシャ正教会が国教とされました。しかしコンスタンティノープル以外の地方都市ではイスラム勢力に徐々に浸食されてゆきます。そして1453年にオスマン帝国によって滅亡するのです。
 アナトリアの片隅に生まれた小国家がどんどん勢力を拡大したオスマン朝。現トルコ共和国の祖であります。トルコ人はテュルク系民族です。テュルク言語を使う民族の一派です。中央アジアが原点であり西に拡散してゆくのです。オスマン帝国も首都はコンスタンティノープルに置きました。1923年にアンカラ政府がトルコ共和国の建国を宣言し終焉を迎えました。1930年イスタンブールと改称されました。

 トルコ共和国  面積は日本の2倍、人口 8200万人、1人当たりGDP 9632ドル(日本38428ドル)、物価上昇率20.3%、失業率11% 首都アンカラ、最大都市イスタンブール
  厳しい経済環境です。対米関係緊張化によるトルコリラの下落が深刻なのです。2008年には95円であったトルコリラは2015年には41円になり、現状は19円です。我々にとっては何でも買えてしまう有難い現象ですが、トルコの人々には厳しい状況なのです。

  消費税率 水・米 3%、 服 8~18%、車 50%、 ガソリン 60%、 スマホ 70%  スマホ・・・買えません!!!

  民族問題 クルド人との関係 トルコに住むマイノリティのクルド人、そのナショナリズムに起因する紛争 オスマン時代から続いています。シリア難民の流入 イスタンブールでもシリア人が増えています。経済的に厳しい難民であり犯罪も増えています。難民の数は360万人を超えているのです。

  初代大統領 ムスタファ・ケマル・アタテュルク・・・オスマン帝国の将軍~トルコ共和国元帥~初代大統領(1923~1938) スルタン制を廃止し共和制を確立  政教分離を掲げ西欧化を推進、ゆるやかなイスラム国家を作り上げました。一党独裁を実行しましたが独立と自由を民衆に与えた英雄としてトルコ国民に愛されている人物なのです。
  現大統領  レジェップ・タイイップ・エルドアン(第12代 2014年~)2003年首相に就任  イスラム色を強化する政治運営 西欧よりの知識人層からの強い反発。大統領の権力強化・独裁志向 危険視する国民も多い 2016年にクーデターを起こされ、より独裁色を強化しています。

 エルトゥールル号とトルコ航空機による邦人イラン脱出
 1890年 横浜からトルコに帰る途中 トルコ軍艦エルトゥールル号は、串本・大島沖で台風のために遭難、587名が亡くなりました。何とか大島に泳ぎ着いた69名は、大島住民の手厚い看護を受け命をとりとめたのです。決して裕福とは言えない島民は自分たちの食料も差し出し看護を続けました。このような出来事がその後のトルコとの関係に大きく影響してゆくのです。
 約100年後の1985年 イラン・イラク戦争のさ中テヘラン脱出で取り残された日本人215名、フセインのイラン領空運行機攻撃開始のリミットが迫る中 最後に助けの手を差し伸べてくれたのがトルコ航空機なのでした。ぎりぎりでイラン脱出成功・・・・・・100年前の心配りが関わっているとも思える出来事です。



at (126)

 美しいアナトリア高原の旅を続けます。
 ハッサン山が見えてきました。3253m、トルコの富士山です。美しい火山です。


at (127)

 礼拝を呼びかける塔「ミナレット」の本数が モスクのグレードを示します。4本はあまりありません。1本がほとんどです。


at (128)

at (129)

 シルクロードの隊商宿だった施設を改装したドライブインです。シルクロードの西端に居るのです。ロマンティックです。

at (130)

 シルクロードに居るという思いに突き動かされ、買ってしまいました。嫁に叱られました。( 一一)
 自動小銃を持ったらテロリストだという声も・・・・・ 600円でした。






at (131)

 コンヤから235km カッパドキアの入口の町、ネヴシェヒルに到着。

at (132)





at (133)

 トルコ石店に・・・・高くて買えましぇーーーん!!!

at (134)






at (135)

 洞窟レストランでランチです。

at (136)

at (137)

 魚の多いトルコのランチです。( 一一)

at (138)






at (139)

 奇岩エリアに入ってゆきます。ワクワク・・・・

at (140)

at (141)

 何を隠そう。奇岩ハンター Grandpa di Itosugi なのです。





at (143)

 死ぬまでに一度は見たかった絶景 カッパドキア奇岩群でありました。今、目の前に有ります。

at (144)

 ギョレメのど真ん中を通過



at (145)

at (146)



at (147)

 ウチヒサル(尖った砦の意味)に着きました。





at (148)

 麓にある奇岩洞窟住居を見学

at (149)

at (150)

 絨毯が敷き詰められたリビングでチャイを頂きました。

at (151)

 もこみち君も来ていました。

at (152)

at (153)





at (154)

 ギョレメに戻ります。

at (155)







at (156)

 陶器店です。

at (157)

at (158)

 財布の紐は絞めております。( 一一)






at (159)

 雨が降ってきたので カイマクル地下都市を観光

at (160)

at (161)

 ローマ帝国の迫害を逃れたキリスト教徒達が暮らしたとされる地下都市。地下8層にもおよび、教会や学校や貯蔵庫等々、何でも有ったとのことです。約2万人が暮らしたと考えられています。こんな大きな地下都市が40か所以上有るそうです。

at (162)






at (163)

 ウチヒサルのビューポイントへ

at (164)






at (165)

at (166)

 お泊りは「ダブルツリーバイヒルトン・アヴァノス」です。
 ダブルツリーはご本家ヒルトンのロアーグレードブランドです。ご本家がファイブスターだとするとフォースターが多いようです。ここはファイブスターのようですが・・・


at (167)

at (168)

 とても素敵なリゾートホテルでした。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ