FC2ブログ

Viaggio di France 2017  Ⅶ

b (332)

 11月1日(水) アルビ 2日連続の絶景ブレックファーストです。世界遺産を見ながらの朝食、いい感じです。

b (333)

 タルン川の向こうに世界遺産の旧市街が見えます。美しい町です。

 13世紀の、カタリ派弾圧の舞台となった町です。弾圧後は、カトリックの司教が治める司教都市として繁栄しました。パステル染料の町でもあり、アルビの経済を支えました。このあたりは、建築用の石材が豊富には無く、河岸の赤土を用いたレンガが多く使われています。赤い町 アルビ であります。人口5万人ほどの小さな町ですが、とても存在感のある素敵な町であります。

b (334)

b (335)

 Pont Vieux ポン・ヴュー=フランス語で 古い橋のことです。 イタリアなら ポンテ・ヴェッキオ となります。
 美しいレンガ造りの橋です。



b (336)

b (337)

 サント・セシル大聖堂 司教がカタリ派制圧を背景に建てた要塞のような教会建築です。
 完成には200年を要しました。この町出身のロートレック美術館が隣接されています。11月1日は、万聖節で祝日、休館でした。


b (338)

b (339)

  要塞です。

b (340)

b (341)

 内部は、15世紀フランドル派のフレスコ画で彩られています。






b (343)

 木組みとレンガの古い家  3階のベランダに歴史を感じます。

b (344)

 カトリック教会

b (345)

b (346)

 アルビ・・・・・素敵な素敵な「赤い町」でした。





b (348)
 
 Gare d'Albi Ville

b (349)

 お昼前のローカル列車、トゥールーズまで小一時間です。


13.png


b (350)

 ユーレイルパス とても便利です。






b (351)

 トゥールーズ散策です。 
 地下鉄でキャピトル広場へ。


b (352)



b (353)

 ジャコバン修道院 

b (354)

b (355)

 カタリ派への暴力なき改信に努力した聖人ドミニコ、ドミニコ会最初の修道院です。ヤシの木が有名です。



b (356)

 2日前にスマホで15:45発のクルーズを予約しました。英語転換タブが見つからず、イメージでフランス語サイトで予約しました。カード決済画面もクリアしました。乗船券メールが届くはずが、届きません。何か入力にミスがあったのかも???不安をかかえ、ドラード公園の乗り場へ・・・・受け付けはテーブルが一個置かれ,おばさんと若い男性が2人居るだけです。事情を話すと、乗船チケットのPDFがないとダメだと一点張り、本部で名前を確認するように要請、待つこと20分、確認できたのか、ひつこいアジア人をうとましく思ったのか、乗船券を切ってくれました。やれやれです。

b (357)

b (358)

b (359)

 ガロンヌ川からブリエンヌ運河へ

b (360)

b (361)

 2015年5月、カルカッソンヌに行くためにトゥールーズに泊まりました。あまり大きな町に興味は無いのですが、運河クルーズはしてみたいと思いました。プラタナス並木が黄色く色づいた最高の季節に運河クルーズが出来てとても嬉しく思います。価値ある€12、価値ある70分です。

b (362)

b (363)

 うっとりとする秋の風景です。

b (364)

b (365)

 ミディ運河につながる、大きなプール、Depart du Canal du Midi でUターン、ブリエンヌ運河を戻ります。

b (366)

b (367)




b (368)

 ガロンヌ川

F (11169)_compressed

  ドラード公園






b (371)

 明けて11月2日(木)アムステルダム・スキポール空港駅です。
 6時間のトランスファーを利用して町に出ました。15分で中央駅に・・・20分間隔で運行されています。


b (372)

 €16、60分の運河クルーズです。一度やってみたいと思っていました。ハウステンボスでは経験しましたが、本物もやってみたかったのです。

b (374)

b (375)

 ハウスボートに運河情緒を感じます。



b (376)

b (377)

 レンガ色と白のコントラスト、これぞ「カラーオブアムステルダム」です。

b (378)

b (380)

 跳ね橋が見えます。

b (381)

 美しいアムステルダムの運河クルーズ、大満足でした。同乗した30人の中国人団体客の騒音を除いてではありますが・・・・・・・・・・( 一一)



b (384)

 アムステルダム中央駅



 これで今回のフランス旅行の写真集は終わりです。いろいろ有りましたが、本当に美しい秋のフランスを満喫致しました。日本に帰っても、美しい風景が頭の中を駆け巡り続けています。美しい村シンドロームからいつ抜け出せるのか・・・・・・・・・・・???????

    Grandpa e Grandma di Itosugi




スポンサーサイト

コメント 3件

コメントはまだありません
nene  

秋のフランスの小さい村堪能させていただきました♪
大きな街に興味が無い・・・私もそうなのです(笑)
並木のある運河に船、大好きな風景です
アムステルダムのクルーズは私も2回経験しています
美しい街並みですよね

itosugiさんご夫婦は今度はどちらにお出かけなのでしょう?
楽しみにしていますね♪
私は春に何処かに出かける予定です(欧州は決まり)

2017/11/13 (Mon) 13:39 | 編集 | 返信 |   
granpa di itosugi  

nene様

メッセージありがとうございます。
秋のフランス、日本とはまた違うAUTUMN・LEAVES、本当に美しい風景でした。今後は、12月に10名で台湾ファミリーツアー、2月はモロッコ(グループツアー)5月は北欧(グループツアー)にエントリーしています。ハードスケジュールの田舎巡り個人旅行は当分御免だと妻は申しております。( 一一)・・・・・ピエンツァ10連泊、レンタカーでトスカーナ三昧、今後の個人旅行はこのような滞在型になると思います。

2017/11/13 (Mon) 14:58 | 編集 | 返信 |   
nene  
予定が盛りだくさんですね

良いですね~羨ましいです
確かにグループツアーは楽ですよね
私も友達と個人旅行・・と思っていても中々日程等合わなくて
主人もまだ仕事してますし、愛犬もいるので一人でツアーに参加しています
主人は毎年1月はハワイに仲間とゴルフで満足している様です
ピエンツァに宿泊して毎朝オルチャ渓谷を見られたら幸せですね~♪
トスカーナは何回行っても大好きです
台湾、モロッコ、北欧楽しんで来てくださいね!記事アップも楽しみにしています

2017/11/13 (Mon) 21:18 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ