Viaggio di France 2017  Ⅴ

b (183)

 10月30日(月)トゥールーズ ホテル イビス・スタイル・ガレ・サントレ・マタビオ です。
 旅も後半に入りました。ミディピレネーの美しい村々を巡ります。何年も前から憧れ続けた風景が待っています。


b (184)
 
 自撮りです。


b (185)

 ドライバーのクリストフさんが、メルセデスを繰りやって来ました。

b (186)

 出発です。

b (187)

 イタリアでは見ることのないRCZ・・・・流石、本国です。



b (188)

 石灰岩のトンネルが見えてきました。サン・シルウ・ラポピー はすぐそこです。

b (189)

 Les Plus Beaux Villages de France (フランスの最も美しい村)の看板が見えてきました。

09.jpg


b (190)

 Saint-Cirq-Lapopie サン・シルウ・ラポピー   

 2012年にフランスのテレビ局、France2が行った、「フランス人が選ぶフランスの好きな村」という投票で、No.1になった村であります。日本人が訪れるようになったのは、ごく最近であります。最近では、ボルドー~ミディピレネーの村々~カルカッソンヌというグループツアーも設定されており、とても行きやすくなりました。


 断崖に佇む美しい村の絶景は、世界一美しいと言ってもいいと思います。イタリアの丘上中世村落もとても美しいと思います。どちらも世界一美しいと思うのです。欧州丘上中世集落愛好会日本大阪八尾支部支部長です。

b (191)

b (192)

 15~16世紀の家々が美しい状態を保ち保存されています。




b (194)

 車で村の最上部まで行き、下りながら散策をすることに・・・・

b (195)


b (196)

 素敵なギフトショップも数軒有ります。



b (197)

 おとぎの国に迷い込んだようです。

b (198)

 サン・シルウ教会

b (199)


b (200)

b (202)

 レンズをどこに向けても、目をつむってシャッターを切っても、素敵な絵が撮れる村 サン・シルウ・ラポピー です。




b (204)

b (205)

 ロット川の川沿いには美しい村がたくさん有ります。


b (203)

b (206)

 人口は200人、いったいどんな人たちが住んでいるのでしょうか?

 家の中を見てみたいものです。




b (207)

b (208)

 癒しの風景です。

b (209)

b (210)




b (212)

b (214)

 年賀状写真を撮り村を出ました。





b (215)

 西側のポイントオブビューからは、また違った趣のパノラマが・・・・すんごーーーーーーーーい風景です。

b (216)




b (217)
 
b (218)

  快晴の サン・シルウ・ラポピー  大満足です。




b (220)

 村の近くにはこんな絶景も・・・・・・要塞跡でしょうか?

b (221)

b (222)




b (223)

 オートワールに向う途中、Lauzes ロゼ という村を通りました。素敵なビストロが目に入り、ランチをとることに・・・・
 ちなみに、ビストロとはイタリアのトラットリアのようなもので、気軽に入れる大衆食堂です。


b (224)

 この野菜スープ、絶品でした。妻が絶賛していました。小さな村での素敵な出会いでした。


b (225)

 日替わりランチメニューは「シュークルート・ガルニ」です。アルザス料理です。ミディピレネーでアルザス料理です。大阪の食堂の日替わりランチが「山形きりたんぽ定食」のような感じです。ストラスブールで、この料理をいただきました。酸っぱいキャベツはあまり得意ではなく、ソーセージのみいただきました。しかしこのお店のシュークルートは、酸っぱさもマイルドで完食致しました。ソーセージもとても美味しく、コーヒーも美味でありました。

b (226)

 山岳地帯を抜け開けた風景に・・・

b (227)





b (228)

 オートワールです。

b (229)

 フランスの最も美しい村 登録村です。

b (230)

 あまり知られていない村ですが、森の中に佇む姿は、唯一無二の美しさです。

b (231)


b (232)

b (233)

 オートワール遠景




b (235)

 パディラック鍾乳洞

b (234)

 深さ100mの大穴です。この穴の底から洞窟が広がります。




b (237)

 この日の目的地、Rocamadour ロカマドゥール です。

 名の由来は Roc-Amadour 聖アマドゥールの岩窟 から来ています。聖アマドゥールはキリストの弟子で、後に聖母マリアに召使いとして仕え、マリアの死後ガリアに渡り最後はこの地で過ごしたとされています。12世紀に腐敗していないアマドゥールの遺骸が発見されたということで、多くの信者が押し寄せました。この地が巡礼地のなった所以であります。
 年間150万人が訪れる、観光地そして聖なる地なのであります。サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路の「ル・ピュイの道」上の地でもあります。断崖に佇むロカマドゥール、単なる絶景観光地ではないのです。


10.jpg



b (238)





b (239)

 ベストウエスタン ホテル・ボーシットロカマドゥール 部屋からの風景です。

b (240)

b (241)

 透き通った空気感、聖なるロカマドゥールです。



b (242)

 ハイストリート・クロンヌリー通り

b (243)


b (245)

  エレベーターで城に上がりました。

b (247)

b (248)

b (249)

b (250)

 夕暮れのロカマドゥール、秋の澄み切った空気の中、気持ちのいいフォト散歩をすることが出来ました。




b (251)

 ホテル ロビー 中世そのものです。

b (252)




b (253)

 ホテルの部屋で、例の???ヌードルディナーをとり、妻を残しいつもの「ひとり夜撮り」です。

b (254)

b (255)

 夕方あれ程歩いていた観光客はいったい何処へ???

b (256)

 巡礼者の階段

b (257)

b (258)

b (259)

 オフシーズンのロカマドゥール、静かな夜が更けてゆきます。聖アマドゥールのご加護がありますように・・・・・・・
スポンサーサイト

コメント 6件

コメントはまだありません
nene  
今度はフランスでしたね

また素敵な所におでかけでしたね♪
黄金色のフランスの小さな美しい村!
私も行った気になり拝見させて頂いております
ボーヌは私も行きましたよ、ツアーに組まれていました

奥様お疲れだったのですね
もう大丈夫ですか?救急車で行かれたと読みビックリしました
旅にハプニングは付き物ですがitosugiさんも安心されたでしょう
続きを楽しみにしています(^^♪

2017/11/12 (Sun) 12:46 | 編集 | 返信 |   
granpa di itosugi  

nene 様

メッセージありがとうございます。いろいろ有りましたが、妻はその後は元気に旅をしてくれました。とてもいい旅が出来ました。この時期のフランス、本当に美しいですね。ハマりそうです。

2017/11/12 (Sun) 18:01 | 編集 | 返信 |   
とし坊  

年賀状写真のバックいいですね すごい善い風景ですね

 フランスの最も美しい村に行きたいものですね

 ホテルのロビーの美しいこと 中世にうっとりですね

ひとり夜撮りの写真もきれいですね  羨ましい限りです

  引き続き見させていただきます (^◇^)

2017/11/15 (Wed) 20:35 | 編集 | 返信 |   
granpa di itosugi  

とし坊 様

こんばんは。
Les Plus Beaux Villages de France.
本当に美しいです。
http://utsukushii-mura.jp/about/
このサイトはご存知でしょうか?美瑛町長が立ち上げ連合組織が出来たようです。海外旅行引退は、このラインナップ制覇を目指します。

2017/11/15 (Wed) 22:12 | 編集 | 返信 |   
とし坊  

おはようございます!
いい情報ありがとうございました。
さっそく拝見させていただきました、残念ながら、我が県は入ってませんでしたね
(当たり前ですが)近場から訪れたいと思います
https://4travel.jp/travelogue/11208662
 冬に美瑛に行った時の4トラベルの旅行記です よかったら覗いてくださいませ
 今後ともヨロシクです(^◇^)

2017/11/16 (Thu) 08:48 | 編集 | 返信 |   
granpa di itosugi  

とし坊 様

拝見致しました。コストへの拘り、勉強になります。見習いたいと思います。青い池ライトアップ、幻想的ですね。見てみたいものです。数年前の、北海道出張?????レポートです。黄葉の青い池また見たいと思ます。画像が青ブレしておりますが、ご容赦を・・・・

http://bu10148bu.blog31.fc2.com/blog-entry-164.html

2017/11/16 (Thu) 09:48 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ