FC2ブログ

「MANGER」・・・YAO・・・Costoletta di carne di maiale

mg (1)

 私のホームタウン大阪府八尾市に日本一のとんかつ屋さんがあります。
 とんかつ「マンジェ」です。Manger=マンジェ=フランス語で「食べる」という意味です。オーナーシェフは、大阪のホテルで10年以上フレンチの料理人をされた後に、この地にとんかつ屋をオープンされました。1996年のオープンで、21年にわたりとんかつ一筋にやってこられました。そして、食べログとんかつ部門全国No.1を獲得されたのです。そんな、超こだわりのとんかつ屋さんが当家から車で15分のところに有るのです。

mg (2)

 そんな近くにすごいお店が有るのに、今まで行っていなかったのであります。その理由は、これです。
 2017年9月13日(水)AM8:30・・・・9時に出されるというウェィティングボード、8時半に行くと店のドアは開いており、カウンターの上にボードが置かれていました。
既に10組22名が記帳されていました。店の席数は13席、2回転目になってしまいました。一度、開店の3時間以上前に来店しウェィティングボードに記帳し、11:30のランチオープン時刻に来店し(9台の駐車場が埋まってしまう前に来店要)駐車場で30分待ってお店の前に行き、来たことを告げ、それから20分後にメニューを渡され、それから10分でやっと店内の待合椅子へそれからまた10分でやっとのことで席につける・・・・・・・この日オープン後70分で席につけたのはスムーズな事なのかも知れません。早くて2時間待ち、4時間待ちも覚悟という噂も聞いていたので、待たされるのが大嫌いな小生には、考えられなかったのであります。
 それでもいやしんぼの小生、やっぱり食べたいのであります。面倒くささを押し倒し、この日実行したのであります。
 
 マンジェとんかつをスムーズにストレスなくいただく方法は・・・・・・ランチの場合、平日なら8:00に土日なら遅くても7:15に店に行く・・・ドアが開けられるのを待ちウェイティングボードに記入、一巡目が確保できる思います。(多分お8:00~8:20くらいにドアが開くはずです。但し、先に記帳した組が1組13名ならアウトですが!!!( 一一))17:00からのディナーのウェイティングボードも出されております。8:30の時点で記帳はゼロでした。平日なら8:30記帳でトップで入れそうです。土日でも8:00に行けは一巡目に入れるかも知れませんね。土日ならランチは諦めディナーパターンがいいと思います。ひとつ注意しなければならない事が有ります。リストに携帯電話NOを記入し、入店のメドがついたころに電話がかかってきます。電話に出なかった場合、着信後10分経っても店に来なかった場合は無効になります。携帯操作ミスにご注意を( 一一)!!!


mg (5)

 店内はまるでフレンチレストランの趣・・・・ 「トック」あるいは「グラン・ボネ」と呼ばれる高いコック帽にシェフの想いが・・・・

mg (3)

 60匁(もんめ)=225gの鹿児島県産黒豚上ロースとんかつ定食(1850円)をいただくことに。(たぶんこれがベストセラー)

mg (4)

 テイクアウトメニューも豊富で、大人気です。電話オーダー可能で、ほぼ待たずに持ち帰れます。







mg (6)

 12:38 着席・・・・・ずっーーーーーーーと来たかったマンジェ、目の前にオーナーが・・・・・

mg (7)

 5500店以上有ると言われる日本のとんかつ屋さん、その頂点に立つオーナーシェフ 坂本邦雄氏 たぶん60歳。
 とてもダンディです。
トックが良くお似合いです。白いダブルブレスト・スタンドカラー・キッチンウエアに清潔感を感じますね。素敵です。

mg (8)

 とんかつは揚げたてではなく、少し時を置いて出されます。シェフのこだわりでしょうか?

mg (9)

 黒板にマンジェのこだわりのすべてが・・・・・






mg (10)

 おとなりの韓国から来たカップル・・・・・3種盛りをオーダー・・・・・・聞いてみると韓国のTVでも紹介されているとのこと。オーナーの顔も良く知っていたのです。世界のマンジェなのです。そして八尾の地元の飯屋でもあるのです。ラッキー(^_-)-☆。

mg (12)

 座って待つこと15分、出てきました。マンジェ黒豚上ロースとんかつ定食60匁です。手前に有るのが特製塩です。オーナーが7種の塩をブレンドしたそうです。また、とんかつソースの右側のたれは、オニオン・アップル系です。この塩とオニオンだれのバランスが絶妙なのです。豚肉の旨味が最も生きるのが特製塩だと感じました。オニオンだれと塩のミックスも有りです。

 私は、決してグルメじじいではありません。繊細な舌も持ち合わせておりません。ただいやしんぼなだけであります。和幸やKYKのとんかつとマンジェのとんかつを目をつぶって食し、区別出来る自信はありません。3年ほど前、四川省成都のイトーヨーカ堂で和幸のとんかつを良く食べました。とても美味しくいただきました。しかし、とんかつソースでをべたべたにつけていただいていました。塩では物足りなかったと思います。マンジェのとんかつは、塩がいいのです。それもサラッとつけるだけ・・・・・・・それがマンジェのとんかつなのだと思うのです。

mg (13)

 60匁・・・・・225g・・・・丁度いいボリュームでした。
 最後の一切れは、あまりに愛おしく、なかなか箸をつけることが出来ませんでした。
 愛すべき黒豚上ロース60匁であります。


mg (14)

 息子にカツサンドをテイクアウトしました。絶品でした。 マンジェ・・・・ハマりそうです。いい一日でした。

u20001 - コピー_compressed
 
 一見強面、しかし話しかけると、楽しくおしゃべりをされる気さくなオーナーシェフでした。    



         坂本シェフ・・・・・・・C’etait bien bon!
スポンサーサイト

コメント 4件

コメントはまだありません
nene  
美味しそう!

有名店なのですねぇ( ..)φメモメモ
行ってみたいですがお医者さんに行くみたいに先にボードに名前を書いて・・・
では観光客には無理ですね
でも食べてみたいです🎵

2017/09/20 (Wed) 16:35 | 編集 | 返信 |   
Granpa di Itosugi  

nene 様

こんにちは。・・・・・そうですよね。半日仕事になりますね。でも全国いや、海外からも多くの客が来ています。私は、面倒くさいのが大嫌いなじじいなのですが、ここならそれもいいかなっと思ってしまいます。毎週でも行きたいと思うのです。マンジェでとんかつを食べることを目的とした旅をご計画下さい。(^_-)-☆

2017/09/20 (Wed) 17:07 | 編集 | 返信 |   
KYOKO  

こんばんは。お久しぶりです!
Come state?
美しすぎるトンカツですね。美味しそう~~~
イタリア語では食べるはmangiare。
イタ検が秋と一緒に近づいてきております。
もう少しで私も解放です。
お変わりありませんでしょうか?
Ciao
KYOKO

2017/09/21 (Thu) 21:42 | 編集 | 返信 |   
granpa di itosugi  

KYOKO様

こんばんは。
秋旅まであとひと月あまりになってきました。情報収集の毎日です。
前々から、Le Puy-en-Veley の異様な絶景にあこがれておりました。
今回Lyonからシャトルします。鉄道とバスを乗り継ぎ3時間余り、乗り換え案内だと10分の乗り継ぎ・・・・危険すぎます、6月にVIAREGGIO-LUCCA線乗り継ぎで失敗しました。3.5€の切符が無駄になりタクシーで9000円も出費・・・今回は失敗できません、いろいろ調べてみると1本早い列車に乗れば40分のトランスファー・・・やれやれです。乗り換え案内を信用せず、ルートを単発でひとつづつ調べればよかったのです。2年前トゥールーズマタビオ駅で乗るはずのインターシティが運休になりました。カルカッソンヌに1時間15分の予定、その時はTGVに振り替え輸送、ラッキーでした。こんなケースは超稀であります。いろんな代案を持っていないと厳しい欧州個人旅行ですね。季節の変わり目、周りに体調を崩している人も多いです。ご自愛ください。

2017/09/21 (Thu) 22:16 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ