FC2ブログ

Viaggio di Natale di Europa centrale Ⅳ

a (1)_compressed

 12月2日(金) 気温-2℃、冷たい強風が吹きすさぶウイーンです。暗雲立ち込め、今にも雨が降りそうです。今回の旅では、まだ一度も雨に合っていません。とうとう捕まりそうです。

a (2)_compressed

 シェーンブルン宮殿です。単独で世界遺産に登録されています。17世紀末に建てられた代表的なバロック建築です。ハプスブルグ家の夏の宮殿です。女帝マリア・テレジア、フランツヨーゼフ、エリザベート王妃、マリー・アントワネット、ナポレオン1世等々、欧州の歴史に於いてとても重要な人々が生き抜けた宮殿であります。 ちなみに、シェーンブルン=美しい泉 です。神聖ローマ皇帝マティアスが狩猟時に美しい泉をここで発見したことにちなんだと伝えられています。
 部屋数は1441室、内40室が公開されています。

 現在のホテルで客室数ランキングNo.1はMGMグランド・ラスベガスで6852室です。マリア・テレジアもびっくりですね。(^_-)-☆10月に妻と泊まった、マカオ・ヴェネチアンは9位で4049室です。迷子になるわけです。(-_-;)

a (3)_compressed

 妻もフードをかぶり完全防備です。

a (4)_compressed

 可愛い65歳です。

a (6)_compressed

 アクティヴな、もうすぐ65歳です。???




a (7)_compressed
 
 世界遺産に登録されている庭園です。強風で見学不可!!!残念!!!

a (8)_compressed

 白い壁にゴールドのトリミングそして天井画・・・・欧州宮殿内装の定番です。

a (9)_compressed

a (10)_compressed

 マリア・テレジア です。ちなみに宮殿内部は撮影禁止です。ご注意下さい。高度な隠し撮り技術が必要ですよ(-_-;)!!!子供の時から、禁を破ることに快感を感じるのです。授業をサボる、高校時代にストリップ劇場に行く、制限60kmの道路をオートバイで180kmでぶっ飛ばす・・・等々、性分は変わらぬものですが、65歳からは悔い改めるつもりです。(-_-;)

f(1496)_compressed.jpg

 ベルベデーレ宮殿です。とうとう雨が降ってきました。

a (12)_compressed

 美しい庭園です。妻は約半数のメンバーと共に、雨はいやだとバスで待っています。私はめげないのです。

a (14)_compressed

 こちらの人々は傘をさしません。日本のように長時間降り続くことは少ないようで、雨宿りすればOKってな感じなのです。また、欧州でマスクをした人は見かけません。マスクを買うのに処方箋が必要で、それも医者がするような本格的なものしかありません。重病人しかしないのです。マスクをしていると奇異にみられるのでご注意を!!!

a (15)_compressed

 宮殿は現在美術館になっており、クリムトの「接吻」はここに所蔵されています。裏庭にある十二支の銅像・・・・なんで十二支やねん???








a (16)_compressed

 オペラ座です。ルネサンス様式の代表作です。ナショナルカラーの市電に情緒を感じます。

a (18)_compressed




a (19)_compressed

 パリの情緒にも似た美しいウイーンの町並みです。

a (20)_compressed

 日本人は傘をさします。文化・習慣の違いは如何ともしがたいのです。



a (22)_compressed

 市庁舎に到着です。

a (23)_compressed

 市庁舎前の広場にはクリスマス市が立っていました。ワクワク!!!

a (24)_compressed

 世界でも有数の美しい市庁舎だと思います。
 この建物の地下のレストランでランチです。

a (25)_compressed




a (26)_compressed

 可愛いオーナメントが・・・・・・・ハウスミニチュアコレクター垂涎。

a (27)_compressed

 サンタさんゲット!!!



a (28)_compressed

 夜も見てみたいクリスマスマーケットです。




a (30)_compressed

a (31)_compressed

 宮殿ランチです。

a (35)_compressed

 ウイーンに来たら、ウイーン風カツレツです。 美味でした。

a (36)_compressed

 今回ウイーンは半日軽くかすめただけですが、想像していたより美しく素敵な町でした。







a (39)_compressed

 ウイーンを発ち西に80km、スロバキアの首都、ブラチスラバを目指しました。 風の大草原には発電用の風車が立ち並んでいました。

a (40)_compressed

a (41)_compressed

 
 9月のアンダルシア・カディスの風車群にも驚きましたが、おそらくこのオーストリア・スロバキア国境付近の風車の数はそれ以上だと思います。圧巻です。平地が多く風を効率よく捉えることのできる欧州は風力発電のメッカなのでしょう。








a (42)_compressed

 スロバキア入国です。「テーブルをひっくり返したような」ブラチスラバ城が見えてきました。

 スロバキアの人口は540万人、ブラチスラバ42万人です。540万人は北海道の人口です。42万人はほぼ枚方市の人口です。北海道の三分の二の広さに大阪府の60%の人口の国で首都は枚方市並みの人口・・・・・大体こんなイメージです。静かな首都です。

a (43)_compressed

 城に到着、欧州じじばば遠足集団です。

a (43)1_compressed

 欧州観光都市のお家芸、ミニトレインの代わりでしょうね。


a (44)_compressed

 12世紀に建てられた石造りの城が改築を重ね、17世紀に現在の形になりました。19世紀初頭の大火で荒廃し、復旧されたのは第二次大戦後だそうです。今は歴史博物館として使用されています。

a (45)_compressed

 ドナウ川です。ドイツの黒い森に端を発し、17の国を巡り黒海に注ぐ延長2860kmの大河です。ガキのころ、欧州の川の名で一番よく耳にしたのが「ドナウ川」です。音楽の時間です。「ドナウ川のさざ波」「美しく青きドナウ」、生まれて65年、初めてのご対面です。感慨もひとしおです。

a (46)_compressed

 ダウンタウンに降りてきました。小さくて美しい首都です。

a (47)_compressed

 大天使ミカエルです。都を守っています。ミカエルとガブリエル、天使の軍団を率いるミカエル、受胎告知をしたガブリエル、どちらがえらいのか???ムハンマドにコーランを伝えたのはガブリエル・・・・うーん悩みます。

a (47)1_compressed

 美しい旧市街に入ります。

a (48)_compressed

 堕天使 キノエル です。

a (49)_compressed
 
 小天使 ジュンコエル と 旅天使 マルエル です。




a (50)_compressed

 旧市街の象徴 ミハエル門 

a (51)_compressed

 町の中心、フラヴネー広場。クリスマス市が立っていました。
 こじんまりとした美しい広場です。

a (52)_compressed

 この手のスケートリンク・・・・よく見ます。

a (53)_compressed

 シュコダです。エンブレムは羽根を持った弓矢です。それにしても、ナンバープレートがお洒落ですね。デザインと言い、色合いと言い美しいのです。日本のナンバープレートは、あまりにもダサい!!!どんなカッコいい車でもプレートを着けると興ざめです。俺のMINIにもこんなん着けたいーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!

a (54)_compressed


a (56)_compressed

 妻もこの小さな可愛い首都を気に入っているようです。





a (55)1_compressed

 妻の ONE OF THE BEST SHOT です。オリンパスOMD マイクロフォーサーズ、小さなセンサーなのにとてもハイポテンシャルです。



a (57)_compressed

 お店に灯かりが入り始めました。ロマンティックアワーです。


a (58)_compressed

  ブラチスラバ名物・・・「マンホールおじさん」 内輪差は天敵でしょうね(-_-;)!このおじさんに会うためにブラチスラバを訪れる人もいるとのこと、ブラチスラバ観光大使ですね。マンホール写真コレクターが死ぬまでに一度は撮りたい垂涎のおじさんです。


a (59)_compressed

 クリムトコンセプトショップです。お隣の国でも大人気です。抽象的な絵画は不得意な私ですが、クリムトとシャガールには一時惹かれたことがあります。このアールヌーボーフィールが人々を癒すのでしょうね。



a (60)_compressed

 欧州の看板デザインは素敵ですね。撮り始めると止まらなくなります。

a (61)_compressed

a (62)_compressed



a (63)_compressed

 もうすぐ日没、小さな首都ともお別れです。

a (64)_compressed

 仲良くタンデムスケーティング

a (65)_compressed

 クリムトの影響でしょうか?車まで仲良く「接吻」です。・・・・・・・ええええええええっ・・・・ありえへん!!!

a (66)_compressed

 ドナウに掛かる新橋、UFO展望台ともお別れです。





 西へ200km ハンガリーの首都ブダペストを目指しました。手前でバスが乗用車に追突するという事故渋滞に会いましたが イケメン・マルティンドライバーのサービスエリア反則ぶっとばしドライブで回避、無事ブダペストに到着しました。

IMG_3532_compressed.jpg

 イケメンドライバー  マルティン君です。

DSC09401_compressed.jpg

DSC00290_compressed.jpg
 
 ヒップホップなマルティン君です。(^_-)-☆








a (67)_compressed

 ブダペストでのディナーはジプシー音楽レストラン、民族情緒満点の楽しいディナーとなりました。

a (69)_compressed

a (71)_compressed

 21:00ホテルに到着、西駅ショッピングモール併設のヒルトンです。妻はシャワーを浴び就寝です。私は???????????
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ