FC2ブログ

Viaggio della primavera  2016   Ⅶ

g (1)_compressed

 5月5日(木) 快晴のドゥブロヴニク ホテル 「 グランド ヴィラ アルジェンティーナ 」★★★★★ です。
 ★★★★★に泊まるなんて、プライベートでは初めてです。(出張では数回有りますが) 旧市街に徒歩で行ける海岸沿いのホテルはほぼ★★★★★のようです。
 ホテルの多くはバスで10分ほどの大型客船が停泊するラパッド半島に有ります。徒歩だと約3.5km 45分かかります。サイクルツアー中田さんは我々老夫婦の体力を考え、このアルジェンティーナを取ってくれたのだと思います。徒歩8分、眺めは最高、本当に素敵なドゥブロヴニク滞在を味わうことが出来ました。感謝感謝です。Booking.com で調べたら 50000円/DAY でした。たまにはリッチトラベルもするものだと思いました。


g (2)_compressed

 妻がセレブリティに見えます。

g (3)_compressed

 快晴のドゥブロヴニク、散策開始です。

g (4)_compressed

 朝の光の中での風景が最も美しいと思います。

g (5)_compressed

 朝の光の中でのオッサンも最もイケてると思います。

g (6)_compressed

 朝の光の中、風になびく髪、オバハンもカッキ――――のです。




g (7)_compressed

 この海の色を「アドリアティック・ブルー」と言います。テレビでやっていました。WHY 美しいのか???
 ダルマチア海岸に面した海沿いの山岳地帯、海に注ぎ込む川はほとんどなく、降った雨や積もった雪は山岳地帯の下の石灰岩地層を通ります。そこで山の栄養分が越し取られてしまうそうです。その水が海底の地層から吹き出します。養分がなくプランクトンも発生しずらい環境になります。その結果透明度の高いアドリアティック・ブルーが現れるのです。漁師さんにとっては決して嬉しくないアドリアティック・ブルーなのです。


g (8)_compressed

 スルジ山山頂へ
 戦争で中断されていたロープウェイ・・・2010年に再開されました。


g (9)_compressed


g (10)_compressed

 ロープウェイ乗り場で前にいらっしゃった素敵なレディと記念ショットです。40分程の待ち時間があっという間に過ぎてゆきました。楽しいおしゃべり、どこの馬の骨ともわからぬ「くそじじい」にお付合い頂いて有難うございました。


g (11)_compressed

絶景 世界遺産 「ドゥブロヴニク旧市街」 です。中世に於いて、ラグーサ共和国という名で大きな力を誇っていたそうです。ジェノヴァ・ピサ・アマルフィ・ヴェネツィアと並び5つの海洋共和国として繁栄していました。ユーゴ紛争の際、セルビア・モンテネグロ勢力に攻撃されかなりの被害が有ったようです。その後修復され、世界有数の人気の美しい歴史遺産「アドリア海の真珠」になったのです。



g (12)_compressed

 山頂をぐるっと裏からまわると登山道に出ます。非常に解りずらく、スタッフに聞いてやっと解りました。ツアー客は来ないエリアです。障害物なしのドゥブロヴニク旧市街を眺めることが出来ます。ずーっと見ていたい大絶景でした。

g (13)_compressed

g (14)_compressed

g (15)_compressed

g (16)_compressed

 アドリア海の真珠「ドゥブロヴニク」の絶景です。
 このお天気をくださった神様に心から感謝します。





g (18)_compressed

g (19)_compressed






g (20)_compressed

 山を下り、城壁内を散策です。

g (21)_compressed

g (22)_compressed

g (23)_compressed

g (24)_compressed

 ルジャ広場は世界中から集まった観光客でごった返していました。

g (25)_compressed

  アコースティックなサウンドがナイスです。



g (26)_compressed

 世界のハイストリート プラツァ通り です。




g (27)_compressed

 城壁に上り、体力と気力が続くまで歩いてみることにしました。

hl (916)_compressed

 プラツァ通り

g (28)_compressed

g (29)_compressed

 高所恐怖症の妻の顔色が変わりました。

g (30)_compressed

g (32)_compressed

 妻は、外海を見ないようにレンズを城壁内に向け、頑張って撮っています。

g (31)_compressed

 世界遺産の史跡の中にも、人々の日々の生活がありました。



g (33)_compressed

 美しいアドリアティック・ブルーの海を眺めつつ、城壁を歩き続けます。



g (34)_compressed

g (35)_compressed

 妻の恐怖感もそろそろ限界・・・下を向いて頑張って歩いています。
 静かにひたすら歩いていました。


g (36)_compressed

 城壁に上り約25分、半周しました。やっと出口階段にたどり着きました。妻の顔に安堵の微笑みが戻りました。急にお腹が空いてきました。
 妻も恐怖の中、良く頑張りました。私も「高所好きの高所恐怖症じじい」であり、感動と恐怖が合いまみえた城壁ツアーでありました。






g (37)_compressed

  人のまばらな大聖堂裏のレストランでランチです。静かな裏通りが好きです。

g (38)_compressed

 妻はシーフードリゾットです。

g (39)_compressed

 私は、豚肉のカットレットです。
 パン粉は使わず、単に小麦粉を少しまぶして炒めたポークソティーであります。3度挑戦しましたが、日本のようなカツレツは出てくる事は無く、すべてこのような代物でありました。でも味は全くOKでありました。






g (40)_compressed

食後、プラツァ通りに戻りお買い物です。


g (41)_compressed

 路地風情・・・いいものです。




g (42)_compressed

 ショートクルーズをしてみることに・・・・
 呼び込みが激し過ぎるボート乗り場、新宿歌舞伎町のキャバクラの兄ちゃんも真っ青です。


g (43)_compressed



g (44)_compressed

 今回は、この相棒一足で旅をしています。1300 DG(赤ひもカスタムチューン)・・・・・・疲れ知らずの優れものです。

g (45)_compressed

g (46)_compressed

 海から眺めるドゥブロヴニク旧市街・・・・・岩の上に造られた街であります。

g (47)_compressed

g (48)_compressed

 ロクルム島 洞窟がいっぱい

g (49)_compressed

 日光浴を楽しむカップル・・・・・白い肌に黒とヴィヴィッドピンク 潔い光景です。日本人も見習いましょう!(*^_^*)



g (50)_compressed

 アドリアティック・ブルー 飛び込みたいっ・・・!!!!

g (51)_compressed

 私たちのホテル「グランド ヴィラ アルジェンティーナ」の前も通過しました。



g (52)_compressed

 約50分 €10 十分に楽しめました。







g (53)_compressed

 ホテル1階ビーチからの夕景です。

g (54)_compressed

g (55)_compressed

g (56)_compressed

 旅も終わりが近づいてまいりました。楽しいことはすぐに終わってしまいます。あっという間の1週間、夕日がセンチメンタルな旅情を一層深いものにするのです。



g (57)_compressed

 ホテルでファイナルディナーです。最後なので、日本某有力食品メーカー・ヌードルディナーはやめておきます。(一一")

g (58)_compressed

 日本の地中海育ちの妻が大好きなシーフードディナーです。
 ★★★★★ホテルでのディナー・・・・・人生最初で最後になるかも知れません。・・・・・ゆっくりと味わって最後の夜を過ごしました。
スポンサーサイト

コメント 2件

コメントはまだありません
shinkai  

こんにちは!

ドゥブロヴニクの眺め、上から、城壁から、町の中から、海から、こちらも堪能させて頂きました、
有難うございます!

上からの眺めの、邪魔が無い眺めが素晴らしいですね! それと導入部の突き出して見える姿、これがやはり素敵です。
それにしても最高のお天気で、本当に良かったですね。 写真を拝見する方も、良かったと思います!

そうそう、余りにも海水が綺麗過ぎて魚がいない、というのはギリシャもそうなんですってね。
適当に汚れていないと魚も住めないのですね、ははは。

ほんのちょっとスロヴェニアに行っただけですが、料理の量が多い!と思いましたが、如何でしたか?
お昼のリゾットも、真ん中に盛り上がっているみたいですし、ははは。
それでも最後のシーフードは本当に美味しそう! 羨ましい!!


メール、有難うございました!
新しい試みに付いては、今あれこれ考えていますので、またメールを差し上げますね。

2016/06/17 (Fri) 00:57 | 編集 | 返信 |   
granpa di itosugi  

shinkai さん

いつもメッセージ有難うございます。我々夫婦は晴れ夫婦なのです。欧州を旅するのが5月8月が多く晴天確率が高いのかもしれませんが、2014年夏のエーゲ海ツアーは写真に雲すら写っていないのでです。プリトヴィツェは2日雨でしたが、初経験であります。ドゥブロヴニク、上から輪郭が眺められるのがいいですね。ダルマチア海岸、本当に美しい海岸線です。その美しさはアマルフィに匹敵するとも思いました。
7月から仕事の量を減らします。隔週で3日(月に6日)働きます。ゴールデンウイークやお盆といったハイシーズンに旅する必要がなくなります。コストは40%カット出来ます。収入も下がりますが、旅の選択肢がかなり増えると思っております。自由時間が増えますので、自転車を始めようと思っています。最終目標は自転車での欧州ツーリングと思っています。いろいろと夢を膨らませている今日この頃です。

2016/06/17 (Fri) 08:24 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ