FC2ブログ

Comune di Daisen e Izumo Autunno

DI (1)_compressed


 10月24日(土)快晴の鳥取、大山です。妻を実家に送りついでに山陰の秋を感じてまいりました。
 当家から270kmゆっくりと走り4時間のツーリングです。溝口で高速を降り大山に上る途中、日本の原風景に出会いました。昨年の11月、バイク仲間とツーリングした際にもこのビューポイントで記念撮影をしました。段々畑と稲干し、そして大山のパノラマが美しい絶景ポイントです。


DI (6)_compressed

 稲干し・・・・日本の秋の風情です。

DI (3)1_compressed

DI (4)_compressed


DI (8)_compressed

 見る角度で全く違う風景になる大山です。
 このアングルはまるで富士山です。・・・伯耆富士 と呼ばれる所以です。



DI (7)_compressed


 少し距離のある状態で、10秒の自動シャッターで撮りました。
 年には勝てません、この状態でパシャッ・・・・・・これも有りです。(一一")


DI (8)1_compressed

 棚田を見る Granpa di Itosugi に 秋の哀愁を感じる今日この頃です。(一一")








DI (9)_compressed

 桝水高原スキー場です。大山、紅葉 ひっとりじめです。

DI (10)_compressed

 紅葉とススキのコントラストに秋を感じます。あとひと月もすると雪に覆われるのでしょうか?モノトーンの世界に入る前のひと時のいろどりです。

DI (11)_compressed

DI (12)1_compressed

 妻が一緒だとこういったスナップもゲット出来ます。

さて、ファインダーを覗く妻の想いは如何なるものなのでしょうか???下の3つから選んでください。
 ①もうすぐ64歳、男としての渋みも増して、かっこいい旦那やわーーーーーー!!!
 ②もうすぐ64歳、髪の毛も寂しくなってきて、イマイチやわーーーーーーーーー!!!
 ③何気取って歩いとんねん。あほちゃうかっーーーーー!!!


DI (13)_compressed







DI (14)_compressed

 大山の紅葉ビューポイント 三の沢 です。
 火山特有の山肌と紅葉のコントラストが美しいポイントです。


DI (15)_compressed

 ブナの原生林が夕日に映えて輝いていました。

DI (16)_compressed

 Granma di Itosugi も 美しい大山に魅せられていました。

DI (17)_compressed








DI (18)_compressed

 鍵掛峠です。標高910mの峠から見渡すブナの原生林は西日本随一とも言われています。大山の標高は1729m、西日本最高峰です。愛してやまないトスカーナ南部、火山モンテ・アミアータの標高は1738m、どちらも圧倒的な存在感を誇る地球の贈り物です。

DI (19)_compressed

DI (20)_compressed

 これ以上のアップはご覧いただいている方々に不快感を与えてしまうと思われるぎりぎりの画角です。(一一")  もうすぐ結婚41周年、これからも夫婦仲良く生きてゆきたいと思います。

DI (22)_compressed

 ブナと杉のコントラストが旅人を癒してくれます。

DI (23)_compressed





DI (26)_compressed

 蒜山大山スカイライン鬼女台展望台からのパノラマビューです。

DI (27)_compressed

 陽が傾き始めた時間帯、順光で映し出される映像はすこし黄味を帯びており秋らしいセンチメンタルな情緒を醸し出してくれました。
 朝の光に照らし出される鮮やかな紅葉、曇り空の中で紅葉そのものがヴィヴィッドに感じられる映像、日本の秋は多種多様な「日本の美」を私たちにプレゼントしてくれます。






DI (30)_compressed

 泊りは、湯原温泉「森のホテルロシュフォール」です。森の中にポツンと佇む隠れ家です。

DI (28)_compressed

小奇麗な客室も素敵です。

DI (32)_compressed

DI (33)_compressed

 庭の篝火を撮ってみました。
 1/1000という高速シャッターで撮りますと幻想的な画像が・・・・


DI (31)_compressed

 信州は一人淋しい夜となりましたが、今回は妻と二人です。月も喜んでくれているようでした。









DI (35)_compressed

 明けて日曜日、快晴です。大山の北側をかすめ出雲に向かいました。
 まずは、日本ため池100選(何でも100選が有るのですね)の大山池です。


DI (37)_compressed

DI (39)_compressed

 横の棚田がすごく綺麗です。日本棚田100選かどうかは知りません。

DI (36)_compressed

 きれいなストレートです。日本田舎直線道路100選かどうかは知りません。(一一")

DI (38)_compressed

 リフレクション画像も撮っておきます。池や川が有ると必ず撮るという習性が身についてしまいました。

DI (40)_compressed

 Granpa di Itosugi 絶景100選 「妻とMINI」 です。







DI (41)_compressed

木漏れ日の中、大山環状道路を西に向かいます。

DI (42)_compressed

 船上山山麓です。断崖・紅葉・ススキ・・・・秋の絶景です。

DI (42)1_compressed

 α7Ⅱ sel24-240 も手に馴染んできました。

DI (46)_compressed

DI (44)_compressed

 妻もOMDで撮っています。

DI (45)_compressed

DI (49)_compressed


DI (48)_compressed

 相棒も美しい風景の中で上機嫌です。

DI (50)_compressed

 大山の北側は、なだらかな傾斜地が日本海まで続いており、北海道に居るのかと思うような感覚にさせられます。










DI (51)_compressed

 出雲に到着です。出雲そばをいただいた後、竹内まりやさんにファンとしてご挨拶をしようと生家の「政府登録国際観光旅館竹野屋」に行きました。里帰りはなさっておらず、ノーアポ襲撃は未達に終わりました。2年前の夏、ラヴェッロ、ホテルルフォロの竹澤由美さんノーアポ襲撃は成功したのですが・・・・・

DI (52)_compressed

 日本のパワースポット「出雲大社」です。

DI (53)_compressed

 妻は「ある思い」を抱き、神妙に歩いていました。



DI (55)_compressed

DI (56)_compressed

 出雲神話「因幡の白兎」に登場する白うさぎは、大国主命と八上姫の「縁」を 結ぶという大きな役目を果たしています。妻の思いは通じるでしょうか?

DI (57)_compressed

 出雲大社は二拝四拍手一拝だそうです。

DI (58)_compressed

DI (59)_compressed

 ????がいいご縁に恵まれますように・・・・・・・・

DI (60)_compressed

DI (61)_compressed

  訓   人の短所を言うなかれ。己の長所を説くなかれ。
 運勢 本年は、運気開発の時にあたり、多少の辛苦はあるものの末は吉となる。
     和譲は財を生じ、争いは貧乏の種と心得て、柔順温和にして奮励すれば幸縁に結ばれる。信心を怠るな。
 
判断  願望・・・叶う   土木・・・特に良否なし  結婚・・・良い  病気・・・なおる  移転・・・よい  失物・・・見つからず   売買・・・利あり  方位・・・東よい  旅行・・・よい

  と記されていました。人の道理を改めて感じさせられる神のお言葉として神妙に受け止めました。・・・二拝四拍手一拝・・・・



DI (62)_compressed





DI (64)_compressed

 妻はお箸をゲット、私は旅の想い出に小さな水晶のうさぎをゲットしました。

DI (65)_compressed

 ノスタルジックな一畑電鉄の駅舎です。

DI (66)_compressed

DI (67)_compressed

DI (67)1_compressed

 レイルウエイ・・・いい映画でしたね。

DI (68)_compressed






DI (70)_compressed

 帰路は松江自動車道で尾道へ・・・妻を因島で降ろし、ひたすら山陽道を爆走・・・・
 もちろんBGMは竹内まりやさんで決まりです。

   ♬♬♬ 見覚えのある レインコート  黄昏の駅で 胸が震えた・・・・・♬♬♬

  私は、JAZZが好きです。BOSSAが好きです。ビージーアデールが好きです。ジョビンが好きです。これは本当です。しかし、人生の節目節目で想い出に残るメロディーは、竹内まりやさんなのであります。
  竹内まりやさん・・・・・・・永遠に幸あれ

                Granpa di Itosugi
スポンサーサイト

コメント 8件

コメントはまだありません
とし坊  

答えます

①もうすぐ64歳、男としての渋みも増して、かっこいい旦那やわーーーーーー!!!

  って思いますがいかがでしょうか(^O^)

 大山いい山ですね  ホンマに富士山みたいですね  綺麗です

  これからの紅葉はどちらにお出かけでしょうか(^O^)

2015/10/29 (Thu) 22:56 | 編集 | 返信 |   
Granpa di Itosugi  

とし坊様

正解です。(--〆)妻は③でしょうか(^_^;)
次は、南アルプス南部と富士見台高原界隈に行ってきます。お楽しみに。

2015/10/29 (Thu) 23:18 | 編集 | 返信 |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/30 (Fri) 11:16 | 編集 | 返信 |   
Granpa di Itosugi  
Re: はじめまして。

> トスカーナのブログをめぐっていてここにたどり着きました。
> 2012年にいらした時のお写真の中に今年5月に亡くなったモンテプチアーノの知子さんを発見して思わずお便りしてしまいました。
> この旅の後にもお会いになっていらっしゃいましたか?
> 私が最後にお目にかかったのが昨年の5月末でした。その一ヵ月後に病気が見つかり1年足らずで亡くなってしまわれて残念でなりません。
> 知子さんとのつながりでこうしてトスカーナ好きの方と出会えた事に改めて感謝しています。
> 「お気に入り」に入れてじっくり読ませて頂きます。
> 突然の書き込み失礼いたしました。
> 寒さに向かいます折ご自愛下さい。

Yuko 様

 お便り頂いて本当に嬉しく思います。
 私は、2011年5月に初めてオルチャに足を踏み入れました。その時に2日間案内していただき、3日目もシエナに送迎してもらいました。2012年は、オルビエートでピックアップしてもらい3日間ガイドしていただきました。2013年は、120km離れたスポレートでピックアップ、一緒にノルチャのに泊りカステルッチョに行きトスカーナに移動4日間案内してもらいました。マッシモの車の中で、アンドレア・ボチェッリが流れていませんでしたか、いつもCDを編集し4~5枚持って行っていました。彼らは、私達夫婦にとりましてモンエプルチャーノの家族だと思っていました。リタイア後は、年に4ヶ月くらいはともこさんの近くに住みみ、トスカーナを感じて生きたいと思っていたのです。今年9月久しぶりにトスカーナを訪れようと思いガイドのオファーをしました。すると代理の方から、昨日無くなったと連絡が入りました。妻も私も絶句しました。昨年の4月以降、ブログが更新されていなかったので気にはなっておりましたが半年以上更新がないのはよくあることだったので心配はしていませんでした。ともこさんは、私たちの人生の中で大きな部分を占められている方です。9月の旅は結果実現しませんでしたが、モンテプルチャーノに眠っておられるのなら、再来年の春に花を手向けたいと思っております。2年以上トスカーナにご無沙汰をしておりますが、また当ブログにお越しいただきたいと思います。お元気で。 木下雅之・順子

2015/11/01 (Sun) 06:43 | 編集 | 返信 |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/01 (Sun) 08:38 | 編集 | 返信 |   
shinkai  

こんにちは! 山陰の秋も美しいですねぇ!! 大山は、広島に長く住んでいたのに、ついに見ることなく済んでしまい残念でした。 皆さんが言われるように、やはり本当に美しい山ですねぇ!
駆け足姿が写ったあのスナップは傑作です! 50m走ですねぇ、ははは。

出雲大社も若い頃大阪から出かけましたが、う~ん、行ったことだけ覚えておりますが、ここも美しい姿ですね。
今回日本に行った時も、私もあの稲田の黄金色に本当に感激しました。 まさに黄金色ですね。

先回の白馬のサイトを、こちらの写真仲間のジョヴァンニに知らせましたら、見て、日本の紅葉と山の姿の美しさに感心したとメールがありました。 ちょっとフリウリの奥のようだ、とも言ってました。

次の南アルプス周辺も楽しみにしています!

2015/11/01 (Sun) 15:24 | 編集 | 返信 |   
Granpa di Itosugi  
Re: タイトルなし

> 木下様
> 返信ありがとうございます。
> 知子さんとは深いつながりのある方だっと分かりお便りして良かったとホッとしました。
> 今年5月シチリア滞在中知子さんのお友達から「今朝無くなりました」と
> のメールを受け取りました。
> ご病気の事はご本人から伺っていたのですがまさかこんなに早く!
> ブログで「友人の死」と云うタイトルで帰国後お母様にお会いした時の事も書いていますので宜しかったらご覧ください。
> http://www.beach.jp/circleboard/ad89792/topic/1100201733968
>
> 木下さまは山陰にお住まいなのですね。
> 40数年前新婚旅行で一回だけ行きました。
> 私は横浜馬車道で洋裁教室をしております70歳の老女です^^
> 教室のHPアドレスをURLに書きましたのでご覧頂けましたら幸いです。
>
> イタリアに通い始めたのが13年前。イタリア命で年一回一か月滞在を毎年の目標にしてきましたが今年は知子さんの事のショックもあり帰国後体調を崩したりしてしまったのでこれからは短く2回を目指しています。
>
> 知子さんのつながりでご夫妻のブログこれからも拝見させて頂きます。
> ご連絡ありがとうございました。


Yuko様

 ホームページ、リンクさせていただきました。ともこさんは分骨されたのですね。情報、有難うございました。私の住いは大阪なのですよ。先週の山陰は旅で出かけました。妻はしまなみ海道、尾道市因島が実家です。イタリアにハマると抜けられませんね。(笑)  私も時々HPを拝見させて頂きます。

2015/11/01 (Sun) 18:53 | 編集 | 返信 |   
Granpa di Itosugi  

shinkaiさん

 先ほど、新開さんの記事を拝見しました。今から夕食だというのに、お腹がいっぱいになりました。食べに食べられたのですね。機内食の写真に涎が出ました。(笑) 南信州、綺麗でした。お楽しみに。

2015/11/01 (Sun) 19:16 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ