Comune di New York in Osaka

GLION (1)_compressed


 マンハッタンからブルックリン大橋を渡りイーストリバー沿いの倉庫街にやってきました。マフィアのボスにある仕事を依頼する為です。前のメルセデスは私の愛車、後ろのキャデラックはドン・コルレオーネのものです。・・・・・・・・・・・なーーーんてストーリーがぴったりと来るワンショットだと思います。

GLION (2)_compressed

 映画でしか見たことのない風景が大阪に出現したのです。今年の6月にオープンした、「GLION MUSEUM」です。トータル・オート・カンパニー ジーライオン グループが運営する施設です。ミュージアム・旧車展示販売エリア・カフェ・ステーキハウスからなる、ワンコンセプトテーマパークであります。先週ネットで知り、速攻で行って参りました。

GLION (3)_compressed

 Vintage Cadillac ・・・・・・なんて美しい自動車なのでしょうか!!! 宇宙船の様なトヨタのPr・・・・・・・なんとかという車と比べると・・・・・・「風景」を感じるのです。燃費や機能も大切ですが、「情緒」や「こころ」豊かな相棒と人生を送りたいものです。

GLION (4)_compressed

 1941 Cadillac Series 61  V8 5,669cc 150馬力 

GLION (5)_compressed

 







GLION (6)_compressed

 ステーキハウス前の演出です。ドレスコードがあり、短パン・サンダルは不可です。小学生未満の子供も不可です。少し気取ったレストランです。何か記念日にはいいかも知れません。







GLION (7)_compressed

 中庭には国産ヴィンテージが展示されています。館内は撮影不可ですが、屋外は撮影可です。私は、この国産ヴィンテージに最も心を打たれました。44年前に免許を取って、初めて買ってもらった車が、初代セリカSTでした。そのころの車が数多く展示されています。妻と知り合いドライブをした頃が懐かしく思われ、涙がこみあげて来ました。(--〆)

GLION (8)_compressed

 べレットGTR です。GTはSOHC、GTRはDOHCです。超あこがれのべレGの「R」です。ソレックス2連装だったと思います。ショートストロークのフロアシフトが垂直に伸びており、それがかっこよくてたまらないべレGだったのです。シフトが垂直に伸びているのはべレGとスカGだけだったのです。そんなことにあこがれたアホ大学生だったのです。

GLION (9)_compressed

GLION (10)_compressed

 ダットサン・ブルーバード 410 です。2代目ブルーバード(1963-1967)です。我々になじみのあるのは3代目510であります。410 SSS(スリーエス=スーパースポーツセダン)、510 SSS は歴史に残る名車だと思います。私はセリカSTのあとフェアレディZ-Lに乗りました。そのあとは経済的に厳しい状態になり自分の車は持たず、親父の610(ブルーバードU)に乗りました。610以降のブルーバードは味がなくなったような気がします。ハイエンドモデルにはDOHCエンジン仕様を持ってきた他の車種に比べブルーバードはSOHCに拘ったのもSSSの概念だったのでありましょう。




GLION (11)_compressed

 N-ONEのモチーフになった Honda N360 です。軽四革命をもたらせた名車であります。軽四もカッコいいんだというイメージを吹き込みました。


GLION (12)_compressed
 
 左前が ダイハツ・コンパーノ・ベルリーナ 1000 です。ヴィンテージイタリアンデザインのお洒落セダンです。現代にリリースしても売れると思います。美しいデザインです。

 右奥は、プリンス自動車工業株式会社の プリンス・グロリア S40型 です。 1966年に日産と合併してからも、スカイラインとグロリアは生き続けているのです。




GLION (13)_compressed

 BMW2002 シリーズです。学生時代、最も憧れた車です。甲南大学には何台か有りました。我々の様な成金のこせがれとは違う大金持ちの息子が乗っていました。彼らが今も金持ちで幸せに暮らしているかどうかは知りませんが?????いずれにせよその頃は、指をくわえて見ておりました。


GLION (14)_compressed

GLION (15)_compressed

 三菱 ギャランGTO です。私の乗っていたセリカに相対する車としてデビューしました。友人が2人乗っていたとても馴染みの深い車です。ハッチバックデザインも斬新なカッコいいクーペでした。今までリリースされた三菱車の中で最も素敵な車だと思います。


GLION (16)_compressed

 本当にブルックリンに居るようです。


GLION (17)_compressed

 ロータスヨーロッパも佇んでいました。









GLION (18)_compressed

 ミュージアム館内には、アメ車、欧車のクラシックカーが展示されています。

GLION (19)_compressed

 MGやモーガンも有ります。ロードスター・・・・・男の心をくすぐり続ける「悪魔」です。

GLION (20)_compressed

 
GLION (21)_compressed

 本当は撮ってはいけないのですが、あまりにも好きすぎる車だったので撮らせていただきました。GLION Museum 様 スミマセン (--〆)






GLION (23)_compressed

 さて、ドン・コルレオーネとの話し合いも無事済みました。マンハッタン・アッパーイーストにあるマンションに帰ります。あっ、間違えました。これは私のメルセデスではなく、シナトラのロールスでした。シナトラはなぜこんなところに?????

GLION (24)_compressed

 コルレオーネも帰路につくようです。マシンガンを携えた子分の姿が見えました。

GLION (25)_compressed

GLION (26)_compressed

 ブルックリンの夜が更けてゆきます。

  ・・・・・・・・・・・・・・ストーリーはこれで終わりです。現実世界に戻りましょう。(^_-)-☆


GLION (27)_compressed

 私の相棒が首を長くして待ってくれていました。わが相棒も「情緒」という点では捨てたものではありません。






GLION (28)_compressed

 ミュージアムを出て、撮影ポイントを探していましたら、こんな絶景に出くわしました。「大阪ベタふみ坂」です。

GLION (29)_compressed

 夜の水上ジャンクション・・・・・ロマンティックです。






 家の近くで少し流してみました。流し撮り症候群に陥っております。

GLION (30)_compressed

GLION (31)_compressed

GLION (32)_compressed

GLION (33)_compressed

GLION (34)_compressed



 さて、日帰りのニューヨーク訪問も終わりです。八尾の夜も更けてゆきます。 Granpa di Itosugi (*^_^*)
スポンサーサイト

コメント 2件

コメントはまだありません
とし坊  

先日このベタふみ坂通りましたヨ  わが県にも規模はかなり小さいですが、ループ状の道があります、今回の撮影場所 車がイキイキした顔で写真に収まるところですね

  そして車が非常に輝いて見えますね  

   見るたびに 流し撮りの腕が上がっていくのがわかりますね
     当方は まだまだダメですがね(>_<)

     今後ともヨロシクです(^O^) 

2015/09/15 (Tue) 09:15 | 編集 | 返信 |   
granpa di itosugi  

とし坊様

 何でも流してしまう今日この頃です。家の前の猫でも犬でも流してみたくなる衝動に駆られます。今度孫娘たちの運動会が有りますので、流してみようと思います。でもほとんどが失敗だと娘たちに叱られますので高速シャッターも併用したいと思っています。日曜日に伊丹でまたまたまた流してみました。とてもいい絵が撮れました。近日中にアップ致しますのでご覧くださいね。

2015/09/15 (Tue) 18:46 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ