FC2ブログ

Letters to Juliet

Letters-to-Juliet-2010-letters-to-juliet-15467677-1474-1132_convert_20120729111506.jpg

「ジュリエットからの手紙」

2011年5月に日本で公開された、とってもロマンティックなラブストーリーです。
先日WOWOWで放映され、私の永久保存版になりました。

ベローナにあるジュリエットの家(Casa di Giulietta)は、『ロミオとジュリエット』においてジュリエットのモデルとなったカプレーティ家の娘の家。
世界中から数多くの恋する人たちが訪れます。


この家に寄せられる手紙に実際に返事を書く「ジュリエットの秘書」に、偶然なることになったアメリカ人ツーリストソフィー(アマンダ・セイフライド)を主人公として物語は展開してゆきます。
しかし、このラブストーリーの本当の主人公は、老いても熱い心を持ち続けている素敵な素敵なおばあちゃん「クレア」(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)です。
letters_to_juliet4_convert_20120729111416.jpg

vanessa_redgrave_queen_of_scots_convert_20120729150739.jpg
クレア役のヴァネッサ・レッドグレイヴはイギリスの女優さんですが、若いころはこんなにエレガントで美しい女性でありました。
放映時は73歳ですが、なんと上品で素敵なおばあちゃんでありましょうか?

letter-to-juliet-024_convert_20120729111533.jpg
また、秘書のひとり、ルイーザ・ラニエリというイタリアの女優さんも、とても綺麗で存在感のある人だと思います。
P1000269_convert_20120729111601.jpg
7年前のベローナです。当家のジュリエットも若ーーーいです。

701_1.jpg
ベローナの街に赤いチンクエ・チェントが本当に良く似合います。




ソフィー・クレアそして孫のチャーリーは、50年前の恋の想い出を求めて、「ロレンツォ・バルトリーニ」探しの旅に出るのです。
捜索エリアはシエナを中心とした半径数十キロの円の中に居る全ての「ロレンツォ・バルトリーニ」・・・・・・トスカーナ南部そしてオルチャ渓谷
の風景が、夏の褐色のトスカーナが余すことなく広がってゆきます。「糸杉につつまれた」風景です。
トスカーナ溺愛人にとって、「トスカーナの休日」と並ぶバイブル的な映画になりました。


IMGP7663_convert_20120729110619.jpg
オルチャ渓谷 サン・クイリコ・ドルチャにある糸杉農家も出てきます。褐色の夏のオルチャです。TOSCANA+(486)_convert_20120729111729.jpg
おなじ家です。春は「緑の楽園」です。(2011年5月5日撮影)



IMGP7675_convert_20120729111233.jpg
ラストのクレアとロレンツォの再会シーンは、あまりにも強引ではありますが、イタリアならではの奇跡ということでいいかと思います。
つまり、イタリア・トスカーナなのであります。この風景の中、なんでも有り得るということなのであります。
再会シーンには涙が止まらず、久しぶりにセンチメンタルな気分になりました。ノッティング・ヒルの恋人のラストシーン以来のセンチメンタルな涙であったと思います。

IMGP7670_convert_20120729111056.jpg
ロレンツォ役のフランコ・ネロは、我々マカロニ・ウエスタン世代にとりましてはあまりにも懐かしいガンマンであります。ヴァネッサとは私生活でもパートナーであり、息子がひとり居るそうです。
IMGP7668_convert_20120729111016.jpg
トスカーナの神様との再会まであと10日、発つ前に素敵な映画に出会えました。

Grazie Signora K !
スポンサーサイト



コメント 6件

コメントはまだありません
Bramasole Hotta  
やっぱりトスカーナ!

さっそく映画見てみます!やっぱりトスカーナ!いいですね!!僕もベローナには、ミラノからベネチアに行く途中に立ち寄ったことがありますが、いい街ですよね!
トスカーナ、いってらっしゃいませ!!

2012/08/03 (Fri) 08:46 | 編集 | 返信 |   
Granpa di Itosugi  

堀田様

11日に発ちます。写真は2000枚は超えそうです。
10分の1をアップしても200枚になります。8月中にはアップ致しますのでご覧いただければと思います。

 

2012/08/03 (Fri) 13:06 | 編集 | 返信 |   
Granpa di Itosugi  

Yoko様
お久しぶりです。ブログ、見ていただいて有難うございます。
今回は オルヴィエートスタートでチヴィタ・ディ・バニョレッジョ~ピティリアーノ~ソラーノとマレンマ地方からピエンツァに入ります。ディープなディープなトスカーナを体感してきます。
8月中にはレポート致します。では。

2012/08/06 (Mon) 22:52 | 編集 | 返信 |   
yoko  
いってらっしゃ~い♪

チヴィタ~なつかしいです。ナビが壊れてなかなかたどり着けず...
青い空にぽっかりと浮かぶ天空の村は中世にタイムスリップしたような...怒涛のupが増々楽しみです。
あの船の写真をみてコメント入れようと思った日にPCが壊れ&伊豆の山の中でPCなしの生活のとき以外毎週欠かさずこちらにお邪魔しています。書き直すつもりで削除しちゃってすいません。

2012/08/07 (Tue) 10:47 | 編集 | 返信 |   
coccolina  

お久し振りです!
ですが、いつもお邪魔しておりました^^
この映画、気になっておりましたが、素敵なお話なのですね。
今度観てみようと思います♪

いよいよご出発間近でしょうか。
素晴らしいご旅行となりますように☆
そして、美しいお写真を楽しみに致しております^^

Buon viaggio !!!

2012/08/09 (Thu) 23:58 | 編集 | 返信 |   
Granpa di Itosugi  

coccolina様

メッセージ有難うございます。
昨年10月に、Pienza Piccolo Hotel を予約して10ヶ月、やっと出発にこぎつけたという感じです。
真夏のトスカーナ、行って参ります。

2012/08/10 (Fri) 05:17 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ