トスカーナの風景をこよなく愛するおじんのブログです。

チャーオ!トスカーナ ’糸杉につつまれて’

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

SP (1188)_compressed

 9月11日(日) スーツケースはホテルに預け、一泊旅行の準備をしホテルを出発、コスタ・デル・ソル(太陽海岸)を西に、約100km離れた山間の村「カサレス」を目指しました。

IMG_2148_compressed.jpg

SP (1190)_compressed

 コスタ・デル・ソルを離れますといきなり切り立った山岳風景に様変わりします。

SP (1192)_compressed

 雲間から漏れ出す太陽の光が幻想的です。
 レンブラントも愛した「薄明光線」、私も大好きです。









SP (1193)_compressed

 「カサレス」です。
 「アンダルシアの白い村」で検索致しますと、ミハスの次によく出てくるのがここ「カサレス」であります。
 私も2003年のスペイン旅行に於きまして、アンダルシアの白い村々に興味を持ち、帰って検索し「カサレス」を知りました。
 長い間いつかは訪れたいと思い続けていたのであります。やっと実現することが出来ました。青空に生えるカサレスが迎えてくれました。


SP (1195)_compressed

SP (1195)1_compressed

 絵に描いたような白い村「カサレス」です。

 人口は3000人程の小さな村ですが、歴史は古く、古代ローマ時代に遠征中のカエサル(シーザー)が村の硫黄泉で病の治療をしたことで存在を知られるようになったとのこと。その後村を征服したアラブ人がその名にちなんで「カサラ」と呼ぶようになり「カサレス」となったようです。



SP (1196)_compressed

 「岩山・白い村・青空」絶景アンダルシアです。

SP (1205)_compressed







SP (1210)_compressed

 村の広場です。日曜日の10時過ぎ、人はまばらです。
 ギフトショップは有りません。日曜日ということもあり何もゲットできず。残念(-_-メ)。



SP (1231)_compressed

SP (1230)_compressed

 欧州、どこの村でもそうですが、じっちゃんが集っていました。
 これから、コーヒーを賭けてカードゲームが始まるのでしょうね。






SP (1211)_compressed

 カサレスにカントリーハウスをとお思いの方はここにメールをどうぞ(^_-)-☆。



SP (1213)_compressed

SP (1228)_compressed

SP (1220)_compressed

 人影のない村の路地、聞こえてくるのは風の音とおばはん旅行者の・・・・・(-_-メ)。



SP (1224)_compressed

 私はいいアングル探しです。

DSC06371_compressed.jpg


SP (1234)_compressed

 谷底の広場から村の高台にあるパーキングまでヒルクライムです。キツイですが、風景は段々とダイナミックになってゆきます。

SP (1235)_compressed





DSC06397_compressed.jpg

 すごくいいアングルです。手前の2件の家と岩山にせりあがってゆく白い村そして山頂の城跡・・・・いい絵です。・・・・電線さえなければ!!!!!!!引き抜いてやりたいっ・・・・!!!!!(-_-;)

SP (1238)_compressed

 12世紀ムーア人によって建てられた城跡が見えます。
 歴史に翻弄されたアンダルシア・・・・今はそれらが私たちに感動を与えてくれるのです。



DSC06401_compressed.jpg

DSC06400_compressed.jpg

SP (1242)_compressed

 アンダルシアの宝石ともいうべきカサレスです。

DSC06403_compressed.jpg
 
 魔女たちも、ぜいぜいと息をつまらせながら上がってきました。あーーーーーしんどっ!!!






SP (1244)_compressed

 カサレスを後にしコスタ・デル・ソルに戻ります。


SP (1246)_compressed

 もともとは漁村であったこの地域、数十年前にある映画スターが休暇で訪れこの地域のすばらしさを世間に伝えたそうです。媒体で紹介され一挙に火がつきました。まずはアメリカ人が来るようになり、アメリカ資本のホテルが立ち並びました。その後オイルマネーが入り込みアラブ系の人々がこぞって来るようになりました。そして世界でも有数のお金持ちリゾートになったのであります。
 高級ホテル、マリーナ、ゴルフ場が林立するコスタ・デル・ソルはサブタイトルとしてコスタ・デル・ゴルフとう打ち出しもしており世界のセレブを集めております。


SP (1247)_compressed

 スペインのハイウエイには2区分有るそうです。ローカルハイウエイは制限速度80kmで自転車も走行できます。もう一つは120km制限で自動車専用道路となります。その境目はいきなり現れます。また、スペインの高速道路は至る所にレーダーが有ります。10%の速度オーバーでチケットが来るそうです。スピード行政はかなり厳しいです。高速道路に自転車、日本人には異様な風景であります。




IMG_2149_compressed.jpg


SP (1248)_compressed

 この日の第2の目的地ロンダに向かうべく北上します。

SP (1249)_compressed

 コスタ・デル・ソルからロンダまでは山岳道路を47km走ります。
 この道路はオートバイ乗りの聖地でもあります。関西でいえば高野龍神スカイラインといった感じでしょうか?
 熟年ライダーの小生にとりましては血が騒ぐワインディングロードであります。


SP (1250)_compressed

 2003年2月曇天の冬空、この道路をバスで通りました。妻は車に弱く薬を飲み寝入っておりました。私はひとり荒涼とした山岳風景を見ておりました。時折現れる、白い村に心惹かれ、あんな小さな村も訪れてみたいという思いが込み上げてきました。13年後その思いが現実となりました。快晴の山岳道路、感慨もひとしおであります。





SP (1253)_compressed

 ハーレーダビッドソンが快走してゆきます。

SP (1257)_compressed

SP (1259)_compressed

 スペインでもノンカウルのストリートファイター系が人気のようです。
 私の愛車「Buell」もこのカテゴリーに属します。





SP (1256)_compressed

 標高800m 岩山が綺麗です。

SP (1260)_compressed

SP (1264)_compressed

 ぽつんと佇む白い村・・・たまりません。

SP (1266)_compressed

 この山を超えるとロンダです。


SP (1267)_compressed

 峠を抜け標高を下げてゆきます。風景も広がって来ました。

SP (1268)_compressed

 ロンダです。
 南からのアプローチは緩やかな傾斜になっています。ヌエボ橋の有る断崖は町の南西端になります。





SP (1269)_compressed

 通常、ロンダ市内へのアプローチは東から北に回り中心地へと向かいます。バスのパーキングもそのあたりに有ります。前回の訪問はそのルートで入りました。今回私はヌエボ橋を谷底から見上げたいというリクエストをエージェントに伝えておりドライバー・ガマル氏は西にルートをとってくれました。パーキング設備はなく、地の人々が路上駐車をしています。そこをすり抜け農道の入口へと向かいました。途中クラシックカーの集団に出会いながら・・・・

SP (1271)_compressed

SP (1272)_compressed

 農道の入口をMINIがふさいでいました。MINIオーナーとして許してあげました。(^_-)-☆





SP (1273)_compressed

 一頭の馬が私たちを迎えてくれました。


SP (1274)_compressed

 さて、憧れていたビューポイントが近づいてきました。心が躍ります。

 見たかった絶景がこれです。ロンダのランドマーク「ヌエボ橋」です。





SP (1275)_compressed

SP (1277)_compressed

SP (1283)_compressed

 通常ツーリストは丘の上にある市街地のパーキングに車を止め市内散策をします。ヌエボ橋の断崖は上から見下ろすアングルとなります。もちろんそれも素晴らしい絶景であります。しかし私は下から見上げたかったのであります。歩いて降りるのは往復1時間は必要です。スケジュール・体力からみて実現性は薄く、ほとんどの方々は上から見下ろすだけでロンダを後にされるのです。この絶景を見ずして去るなんてとても勿体ないことであります。今回夢がかない、心から満足致しました。ガマル氏に感謝致します。



SP (1283)1_compressed

 唯一無二の風景、ロンダです。

SP (1288)_compressed

SP (1290)_compressed

 立っている建物の色は違いますが、チヴィタ・ディ・バーニョレージョやピティリアーノを彷彿させる断崖絶景であります。






SP (1292)_compressed

 町に入るとお祭りのパレードが行われていました。ラッキーです。
 馬車行列のパレードです。


SP (1295)_compressed

SP (1296)_compressed

 ネットで調べても詳細なお祭りの内容は掴めませんでしたが、貴族・マリア様・馬車・仮想行列等がキーワードだと思います。

DSC06547_compressed.jpg


SP (1303)_compressed

SP (1300)_compressed

 スペインで最も古い闘牛場では馬車レースが行われていました。立ち入りは拒否されましたが・・・・
 このロンダで闘牛が始まったそうです。




SP (1304)_compressed

 スペイン広場です。右側は超人気のパラドール(国営ホテル)です。ヌエボ橋が見えてきました。

SP (1305)_compressed

 織田裕二・黒木メイサ主演映画「アンダルシア 女神の報復」でもお馴染みのヌエボ橋からの絶景です。
 先ほどいた谷底のビューポイントが見えます。


SP (1306)_compressed

SP (1307)_compressed

SP (1310)_compressed

 ヌエボ橋=スペイン語で「新しい橋」 100mの断崖に掛かっており新市街と旧市街を結んでいます。
 標高723m、アンダルシア州マラガ県、人口約37000人の絶景の町です。
 約800年に渡るイスラム統治ののち1485年、アラゴン王フェルナンド2世によって解放されたのであります。
 世界でも有数の「橋絶景」だと思います。


SP (1316)_compressed

 お祭りで賑わうロンダです。

SP (1317)_compressed

 お昼はカフェで軽めのランチ、スペイン風オムレツ、美味でした。

SP (1319)_compressed

SP (1319) - コピー_compressed


 お祭りの告知ポスター
  スペイン語を解される方は、翻訳していただき、ブログコメントでお教えください。

SP (1323)_compressed

DSC06572_compressed.jpg

DSC06576_compressed.jpg

 白とベージュのコントラストが美しいスコッロ広場を抜けピックアップポイントに戻りました。







SP (1331)_compressed

 今回の旅の中で、私が最も美しいと感じた街道は、ロンダ~サアラ~アルコスを結ぶ A-374~A-2300~A-384であります。奇異な岩山にとても惹かれます。オリーブ、信じられない色の貯水池、白い村・・・・・これぞアンダルシアだと思いました。グループツアーでこのルートを通ることはほぼ有りません。ミハス~ロンダ~セビーリアと結ぶのが常です。個人旅行の醍醐味です。

SP (1336)_compressed

SP (1337)_compressed

 本当に美しいカントリーロードです。

IMG_2150_compressed.jpg

SP (1338)_compressed

 A-374~A-2300に サアラ・デ・ラ・シエラ を目指します。

SP (1341)_compressed

 車内でどよめきが起こりました。見たこともない色の湖が・・・・・
 エメラルドグリーンの海は見たことが有りますが、「ターコイズブルー」の湖は見たことがありません。


SP (1342)_compressed

 奇異な岩山がなんとも美しいのです。
 南ヨーロッパは石灰岩の山岳風景がその情緒を形成しています。トスカーナの凝灰岩の断崖絶景と並ぶ美しい風景です。


SP (1343)_compressed

SP (1346)_compressed

 サアラ・デ・ラ・シエラの砦が見えてきました。村は岩山の向こうにあります。

SP (1347)_compressed

 サアラ=エル・ガストル貯水池 グアダレテ川をダムがせき止めて出来た人口湖です。
 日本では、美瑛の「青い池」がこんな色をしていたかも知れません?スケールは違いすぎますが・・・・・


SP (1349)_compressed

SP (1352)_compressed

 撮らずにはいられない美しさです。

SP (1350)_compressed

 アンダルシア2日目ですが、強い日差しで、顔が真っ黒です。
 30℃近い温度ですが、湿気がなく爽やかです。


SP (1353)_compressed

 こちらも、撮らずにはいられない美しさです。(^_-)-☆



SP (1356)_compressed

 アラブ時代の城跡をかすめ、村に下りてゆきます。

SP (1358)_compressed

 シエスタで人影はありません。
 サアラ・デ・ラ・シエラ は 8世紀にアラブ人が築いた村で国の史跡に指定されているそうです。


SP (1359)_compressed




SP (1365)_compressed

 サアラ・デ・ラ・シエラ パノラマビュー

SP (1367)_compressed


SP (1368)_compressed

 私の心を釘づけにしてしまう風景・・・・・離れられません!!!







SP (1369)_compressed

SP (1370)_compressed

 アンダルシア絶景街道です。

IMG_2151_compressed.jpg

SP (1372)_compressed

 アルコス・デ・ラ・フロンテーラ 到着です。

SP (1373)_compressed

 残念ながら、日曜日=安息日です。お店は開いていません。

 アルコス・デ・ラ・フロンテーラ=国境のアルコス カディス県No.1の観光地です。人口は31500人、標高は185mです。
 イスラム統治時代、近くにキリスト教国との国境が有ったのでこう呼ばれています。レコンキスタ時代13世紀にカスティーリャ王によって征服されキリスト教化されました。


SP (1375)_compressed

 プチトラムもお休みです。







SP (1381)_compressed

 この日の宿泊は「パラドール(国営ホテル)」です。
 ラ・ペーニャと呼ばれる切り立った砂岩の断崖の上に立つパラドールはとても人気があります。クラシックな風情と絶景のホテル。素晴らしい経験が出来ました。


SP (1382)_compressed

SP (1386)_compressed

 大満足の Granpa di Itosugi です。

SP (1383)_compressed

 高所に弱い妻は、少し腰が引けています。

SP (1388)_compressed




SP (1389)_compressed

 サンタ・マリア教会  スペインもマドンナ崇拝の国のようです。

SP (1390)_compressed

 夕刻、パラドールを出て少し街歩きです。

SP (1392)_compressed

 先程、V350のでかい車体がこの路地をすり抜けました。流石、プロフェッショナル・ドライバー ガマル氏です。

SP (1393)_compressed

SP (1394)_compressed

 タイル文化のスペインです。

SP (1398)_compressed

 店は1件も開いていません。街歩きは切り上げて早飯をすることに。

  



 パラドールのお洒落な内部をご覧ください。15世紀の王室代官屋敷です。


SP (1404)_compressed

SP (1399)_compressed

SP (1400)1_compressed

SP (1405)1_compressed

SP (1405)2_compressed







 このお洒落なパラドールでディナーはこれです。!!!

SP (1406)_compressed

 えへっ・・・・!!!
 正気かっ???と思われるでしょうが、これが我がファミリーなのです。抜けきれないのです。カッコよくなれないのです。河内人なのです。
 スペインのレストランのディナースタートは20:30が常識です。旅で疲れている「じじ・ばば」は21時になると眠くなります。夜遊びはきついのです。フラメンコも「もういいかっ・・・・・」となるのです。これがあれば、安心なのです。今回は4食4人分16個持ってきました。ちょっと多すぎだとクレームがつきました。(-_-;) 結果、すべて消化しました。欧州カップ麺・・・美味なのであります。

 


 食後は、二階のバルコニー(ここがアルコスでNo.1のパノラマビューポイント)で夕景・夜景観賞です。


SP (1407)_compressed

SP (1409)_compressed

SP (1408)_compressed

 絶景ハンター Granpa di Itosugi  大満足の夜景です。
 街全体が国の重要文化財地域・・・欧州丘上中世集落・・・・・アルコス・デ・ラ・フロンテーラ・・・・・また引き出しが増えました。




SP (1410)_compressed

SP (1412)_compressed

 カサレス~ロンダ~サアラ~アルコス  いい一日でした。
スポンサーサイト
  1. スペイン・ポルトガル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

 

プロフィール

Granpa di Itosugi

Author:Granpa di Itosugi
La mia cosa favorita・・・・・・
Toscana・Jazz Piano
Bossa Nova Guitar
Mini Cooper・Buell・Tennis
Fotografia・Viaggio・・・・・
e così su

itosugi

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2016 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。