トスカーナの風景をこよなく愛するおじんのブログです。

チャーオ!トスカーナ ’糸杉につつまれて’

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

HK(0)_convert_20130309154257.jpg



 2013年2月26日(火) 3年ぶりの香港です。出張です。今回は香港から成都そして大連、9日間、気温差約30度の出張となりました。実は、私は、世界の食物の中で「飲茶」が何よりも好きな「点心フリーク」なのであります。そんな私を首輪をつけずに香港に放つと、1日5000キロカロリーは食ってしまいます。それは私にとって厳しい結果が待っていることになり、「自制自制自制」を常に意識した香港訪問となりました。
 6年前に、家族13人で2泊3日の飲茶ツアーを実施しました。まだ、一番上の孫娘が1歳半の時でありましたが、みんな美味しい美味しいと飲茶をかっくらっていました。「食は広州に有り」、美味しくて、色んな顔を持った、活気のある、世界の町「香港」です。






HK(1)_convert_20130309154408.jpg

 最初の夕食は、旧空港近くの超ローカルな「火鍋」です。「鴻福海鮮四季火鍋」というお店ですが、日本人はまず来ません。たまたま、会社の同僚が知っており、案内してくれました。現地ではかなりの人気店とのことです。

HK(4)_convert_20130309154510.jpg
 贅沢です。かなりの大きさです。これが、1個800円くらいで頂けます。妻に見せたところ、大の海鮮好きの妻は「今度絶対に連れてけ!!!!!」と睨んでいました。

HK(5)_convert_20130309154546.jpg
 
HK(8)_convert_20130309154619.jpg
 この「レタス火鍋」がシャキシャキして最高に美味でありました。
HK(9)_convert_20130309154655.jpg
 海鮮の香港・・・・幸せなひと時を過ごしました。





HK(17)_convert_20130309154856.jpg
 
 尖沙咀(チムサアチョイ)は、眠りません。
 香港名物「看板の乱れ咲き」です。



HK(18)_convert_20130309154936.jpg

 これも香港名物「2階建てバス」です。大英帝国の名残です。








HK(21)_convert_20130309155010.jpg

 さて、これもまた香港名物「ビクトリアハーバーの夜景」です。
 ビクトリア・ピークからの夜景が、ナポリ・函館と並んで「世界三大夜景」とされていますが、九龍サイドからビクトリアハーバーを挟んだ香港島のビル群の夜景も唯一無二の世界最高峰の夜景だと思います。


HK(22)_convert_20130309155042.jpg

 夜空にそびえるIFC(国際金融中心)ビルです。88階建て420mです。今は西九龍の環球貿易廣場・ICC 484mに抜かれ、香港NO.2の高さのビルとなっています。

HK(23)_convert_20130309155228.jpg

HK(24)_convert_20130309155353.jpg

 チムサアチョイ・プロムナードからの100万ドル(米ドル?香港ドル?)の夜景です。ダイナミックかつロマンティックです。

HK(28)_convert_20130309155517.jpg

HK(25)_convert_20130309155427.jpg

 香港の夜は、七色のネオンと共に深まりを増してゆきます。













HK(43)_convert_20130309155556.jpg

IMGP8005_convert_20130309192158.jpg


 明けて27日(水)マーケットリサーチです。この「SUPERDRY」(スーパードライ)というブランドを御存じでしょうか?
 「SUPERDRY極度乾燥(しなさい)」と訳のわからない日本語訳がサブタイトルに付けられています。
実は、英国のブランドなのです。テイストはダメージ系アメリカン=アバクロをもっと過激にしたようなモチーフが売りのブランドです。創始者が日本に来てアサヒスパードライの文字を見て、この「SUPERDRY」という和製英語にひらめき、ブランド事業を開始。文字転換したような違和感のある日本語を付加し、ロンドンッ子が飛びついたようであります。以前からこのブランドに興味が有り、極度乾燥というふざけたノリも気に入っており、シャレで着るのにはいいなと思っておりました。ベッカムやハリーポッターの彼も顧客とのことです。キャセイの機内で売っていたSUPERDRYの時計をゲット。このショップでポロシャツなどをまとめ買いしました。遊び心を忘れず生きてゆきたいものです。






HK(47)_convert_20130309155632.jpg

q.jpg

 同僚の仕事の都合で、この日はひとリで昼食です。いよいよ「飲茶」です。(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)
 家族旅行の時も訪れた尖沙咀ネイザンロードの路地を入った「鴻星海鮮酒家」です。プリプリ蝦餃子、春巻、カニ味噌小籠包等々もうたまりません。(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)食べすぎました。(;一_一)












HK(51)_convert_20130309155744.jpg

 スターフェリー(2ドル=25円)でセントラルに渡ります。

IMGP8068_convert_20130309181713.jpg

 環球貿易廣場・ICC 484mが見えます。新しい香港の顔です。










Good_273_sum640_1304160359.jpg

 ピークギャレリアショッピングセンターにMRに行きました。コーチのアウトレットや香港カジュアルブランドBOSSINI等が入っている人気SCです。香港ローカルブランドを見るにはとっておきの場所です。








HK(55)_convert_20130309160112.jpg
香港ビル 高さNO.1 NO.2 のそろい踏みです。
HK(57)_convert_20130309160220.jpg

 言葉が出ないとはこんな風景を言うのでしょう!世界でも唯一無二の風景です。






HK(66)_convert_20130309160432.jpg

 摩天楼は金色に・・・・・・・・





HK(67)_convert_20130309160533.jpg

HK(68)_convert_20130309160607.jpg


 トラムです。超レトロです。2ドルです。







HK(77)_convert_20130309160643.jpg

 ところで、香港では日本ではまず見ないスーパーカーを頻繁に見るのです。こんなマセラッティがうじょうじょ・・・・・ランボルギーニなども良く見ます。BMWなどはカローラ並みなのです。法人税率の極めて低い香港は、超格差都市であり、金持ちは日本人の比ではないようです。













HK(96)_convert_20130309160714.jpg

HK(97)_convert_20130309160747.jpg
 

 28日(木)夕食は、ディン・タイ・フォンです。おなじみです。日本より味が濃いように思います。私には超フィットです。点心の王様小籠包です。毎日が美味しい美味しい香港です。








HK(101)_convert_20130309160820.jpg

HK(102)_convert_20130309160849.jpg


 面白い時計屋さんを発見。ベルギーのファッションウォッチ「ICE WATCH」です。
 ケースデザインはベーシックダイバーズ1デザインのみ、ムーブメントは3針と3レッグクロノの2種類。
 これをベースにダイヤルやブレスの色やデザインを駆使し、多彩なバリエーションを実現しています。

 また、店の真ん中にテーブル状の巨大タッチパネルを配備し、色を選びデザインを選びます。遊び感覚で販売員との会話も生まれる素晴らしい販売アイデアであります。オレンジを私用に、シースルーグラスグリーンを妻に買い求めました。最近カラフルなトイウォッチに凝っています。気分が明るくなります。






HK(105)_convert_20130309160927.jpg

 「1881へリテージ」 です。
 香港の歴史的遺産、元水上警察の建物が6年の歳月を経て、新しくホテル&ショッピングモールとして生まれ変わりました。後ろのビルディングとのコントラストが クラシックヌーボーです。


HK(106)1_convert_20130309161004.jpg

HK(106)2_convert_20130309161042.jpg

HK(106)3_convert_20130309161126.jpg











HK(107)_convert_20130309161351.jpg

 ペニンシュラにはベントレーが似合います。


HK(108)_convert_20130309161422.jpg

 一度は泊まってみたいペニンシュラです。

HK(112)_convert_20130309161546.jpg

 ペニンシュラからの尖沙咀風景です。実はトイレなのです。この風景を見ながら用を足します。知る人ぞ知る香港絶景ポイントです。28階フェリックスバー(ドレスコードはスマートカジュアル)のフロアです。裏の専用エレベーターで上がります。「世界一夜景のきれいなトイレ」・・・・・と呼び声の高い・・・・ペニンシュラです。














 3月1日(金)香港を離れ、四川省の成都に(劉備玄徳・関羽の故郷です)。仕事を終え、からーーーーーーーーい四川料理は避けて、イタリアンに。2日(土)最終目的地「大連」入りました。当社の大連事務所があり、今回の仕事のまとめ上げを行いました。

HK(121)_convert_20130309161919.jpg

 3月3日(日)開発区最大の歓楽街「五彩城」で昼ごはんです。

HK(119)_convert_20130309161834.jpg

 なんとも異様な風景です。ガウディのコピーとしか言えない「アールヌーボー」と東洋文化の「ごちゃ混ぜ」なのであります。

HK(122)_convert_20130309161956.jpg

 大連開発区のグエル公園を後にして、大連市内に向かいました。










HK(131)_convert_20130309162028.jpg

 ここ大連も高層ビルが立ち並んでいました。中国では、競うかのように高いビルを建設しています。

HK(132)_convert_20130309162138.jpg

 大連名物「三輪車」です。フォルクスワーゲンが怒ってこないのでしょうか?

HK(134)_convert_20130309162251.jpg

 中国の看板はこのような巨大写真が主流です。時計屋さんがひしめくエリアです。金城さんは大人気です。






HK(133)_convert_20130309162209.jpg

 中国の女性もカラフルでお洒落です。


HK(137)_convert_20130309162405.jpg

 シアトルから来た人魚です。

HK(136)_convert_20130309162328.jpg

 大阪から来た、ド派手なおじんです。(今回初登場の Granpa di Itosugi です。こんにちは・・・)





HK(140)_convert_20130309162756.jpg

 中国ではレインボウカラ―が好まれるようです(パーキング誘導路)。カルティエロゴとのコントラストが絶妙です。


HK(144)_convert_20130309162840.jpg

 大連名物???「干し芋」です。繁華街の道端で売っていました。500g 10元=150円です。小腹が減った時に最高です。大変お世話になりました。


HK(145)_convert_20130309162920.jpg

 100年前の大連そして未来の大連 です。







HK(150)_convert_20130309163018.jpg

 開発区に戻るともう陽が落ちていました。

HK(151)_convert_20130309163052.jpg

HK(152)_convert_20130309163136.jpg

HK(163)_convert_20130309163317.jpg














HK(171)_convert_20130306223829.jpg

 3月5日(火)最終日の夜はひとり大連市内へ・・・・・大連夜景撮影です。


HK(172)_convert_20130309163441.jpg

 夜のブティックは綺麗です。

HK(173)_convert_20130306223914.jpg

HK(172)1_convert_20130309163530.jpg

HK(176)_convert_20130309163619.jpg

HK(177)_convert_20130309163654.jpg







HK(178)_convert_20130309163828.jpg

HK(182)_convert_20130306224034.jpg

 新・旧入り乱れた大連の夜景です。




HK(179)_convert_20130306223948.jpg

 ライトアップされた写真看板がなんとも「大連情緒」であります。

HK(183)_convert_20130309164048.jpg

 ディナーはマクドナルドです。ベーコンとハンバーグのハンバーガー???・ポテト・コーヒー・フライドチキン2個で29元=450円でした。所得からすると安いとは言えませんね。




HK(184)_convert_20130309164301.jpg

HK(185)_convert_20130306224107.jpg

 大連に限らす、中国の夜は人の引きが極めて早いのです。このあたりは、言わば渋谷・新宿なのでありますが、8時には人はまばらです。開発区方面行きの快速電車大連駅は8時半には閉まっていました。東横線渋谷駅が8時半に閉まっているのです。これが中国なのです。一党独裁の社会主義を感じた一瞬でありました。

HK(186)_convert_20130306224205.jpg

HK(188)_convert_20130309164141.jpg

タクシー100元(電車なら4元)で帰途に着いた、大連ナイトでありました。
スポンサーサイト
  1. 中国・香港・マカオ
  2. / trackback:0
  3. / comment:3
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

 

プロフィール

Granpa di Itosugi

Author:Granpa di Itosugi
La mia cosa favorita・・・・・・
Toscana・Jazz Piano
Bossa Nova Guitar
Mini Cooper・Buell・Tennis
Fotografia・Viaggio・・・・・
e così su

itosugi

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2013 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。