トスカーナの風景をこよなく愛するおじんのブログです。

チャーオ!トスカーナ ’糸杉につつまれて’

ky+(0)_convert_20121129212941.jpg(真如堂)


 2012年11月25日(日)、金曜日に続き、連チャンで、バスツアー紅葉ハンティングです。今回は京都です。今週で紅葉も終わりです。最後は寺社紅葉のメッカで晩秋を感じて参りました。
 
 先週は、西部京都の嵯峨野に行きました。今回は東部京都の散策です。
 まずは、寺社紅葉の王道「東福寺」からのスタートです。




ky+(14)_convert_20121129213039.jpg


 臨済宗東福寺派大本山の寺院。京都五山の第四位の禅寺として中世、近世を通じて栄えたお寺です。

 2000本の楓は圧巻です。

ky+(16)2_convert_20121129213110.jpg

 通天橋から下を見た風景です。なんとも言えねぬカラ―コントラストです。計算された自然も美しいものです。



ky+(19)1_convert_20121129213156.jpg

 快晴の京都です。陽に照らされた木々が本当に鮮やかです。

ky+(22)_convert_20121129213243.jpg





ky+(23)_convert_20121129213335.jpg

 総天然色の東福寺です。大迫力です。



ky+(25)1_convert_20121129213520.jpg

ky+(24)_convert_20121129213422.jpg









ky+(28)1_convert_20121129213548.jpg

 東福寺に限らず、東山の寺々の晩秋の風景は趣深いものです。


ky+(29)_convert_20121129213635.jpg

 
ky+(36)_convert_20121129213728.jpg

 青空のもと、ヴィヴィッドな「Autumn Leaves」です。














ky+(37)_convert_20121129213818.jpg

 別格「南禅寺」です。
 臨済宗南禅寺派大本山の寺院です。京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつお寺です。

ky+(37)1_convert_20121129213926.jpg



ky+(42)1_convert_20121129213953.jpg


ky+(43)_convert_20121129214043.jpg

 石川五右衛門が「絶景かな絶景かな……」と言った???「三門」です。五右衛門もこんな紅葉絶景を見たのでしょうか?






ky+(46)_convert_20121129214123.jpg


 京都を舞台にしたドラマで必ず出てくる超人気スポット、「琵琶湖疏水の水道橋(水路閣)」です。ポン・デュ・ガールやセゴビアに行かなくても「欧州」を感じる事のできる空間です。




ky+(52)_convert_20121129214309.jpg

 煉瓦と紅葉のコントラストも、黒瓦に劣らずいいものです。

ky+(49)_convert_20121129214223.jpg

ky+(58)_convert_20121129214351.jpg
 ブリックには黄色の「紅葉?」が良く似合います。
ky+(59)_convert_20121129214501.jpg

ky+(61)_convert_20121129214544.jpg

  







ky+(62)_convert_20121129214624.jpg


 欧州から純日本に戻って参りました。


ky+(65)_convert_20121129214736.jpg

 南禅寺境内は盛りだくさんです。




ky+(68)_convert_20121129214834.jpg




ky+(69)1_convert_20121129215133.jpg

 三門の黒瓦には「赤」が似合います。

ky+(71)_convert_20121129222746.jpg

敷居が高い・・・・・という表現が有りますが、敷居の高さギネスNo.1????ではないかと思ってしまう、南禅寺三門の横木です。神聖な場所に入る心構えをさせる場所と言われています。妻もななぜかしら「Holly」????に感じます。


ky+(73)_convert_20121129222832.jpg

 1年で最も賑わう晩秋の京都です。













ky+(82)_convert_20121129222907.jpg


 「真如堂」こと天台宗寺院「真正極楽寺」にやって来ました。三井家の菩提寺だそうです。陽の光を受けた紅葉に映える三重塔が美しい寺院です。

ky+(84)_convert_20121129222938.jpg

ky+(86)1_convert_20121129223029.jpg





ky+(89)1_convert_20121129223126.jpg
 巨匠Nature作 「紅葉・光と影」です。


ky+(92)_convert_20121129223234.jpg

ky+(90)_convert_20121129223158.jpg







ky+(99)_convert_20121129223310.jpg

 この世に存在する「鮮やか」の極致・・・・・・「日本の紅葉」です。

ky+(100)_convert_20121129223345.jpg

 大木の幹の陰影をバックに、陽に照らし出された紅葉風景に「極楽浄土」を感じる真如堂です。

ky+(101)_convert_20121129223431.jpg













ky+(110)_convert_20121129223501.jpg

 本日もド派手なカラーリングの「大阪コンビナートバス」です。白いバスが多い中、見失う事が有りません。










ky+(113)_convert_20121129223532.jpg

 夕刻、京の北、「美山かやぶきの里」にやって来ました。岐阜県の白川郷、福島県の大内宿に次いで日本で3番目に規模の大きいかやぶき集落だそうです。38戸のかやぶき住居が有ります。
 冬をすぐそこに感じるかやぶき集落です。

ky+(118)_convert_20121129223605.jpg




ky+(124)_convert_20121129223637.jpg
 外国の方や芸術家も多く住んでいる美山であります。
 八入窯(やしおがま)の作品達です。色合がとても素敵です。
ky+(125)_convert_20121129224845.jpg
 コーヒーカップをふたついただきました。自転車が可愛い作品です。




ky+(130)_convert_20121129223717.jpg

 厚---------い 「茅」です。

ky+(133)1_convert_20121129223802.jpg

 Buona sera    Granpa di Itosugi  です。

 もうすぐ61歳になります。服で歳をカバーしようとしているのがみえみえでしょうか? 
 ほうれい線、首のたるみじわ、白髪、進行が止みません。上の孫娘も3月で8歳になります。長女は12月で37歳です。知らず知らずのうちに老いてゆく今日この頃です。
 


 過ぎゆく秋の京都、少しセンチメンタルな季節であります。
スポンサーサイト
  1. 日本の秋
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

 

プロフィール

Granpa di Itosugi

Author:Granpa di Itosugi
La mia cosa favorita・・・・・・
Toscana・Jazz Piano
Bossa Nova Guitar
Mini Cooper・Buell・Tennis
Fotografia・Viaggio・・・・・
e così su

itosugi

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2012 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -