トスカーナの風景をこよなく愛するおじんのブログです。

チャーオ!トスカーナ ’糸杉につつまれて’

-No. 20-
ZK300+(20)_convert_2014.jpg

「世界遺産アマルフィ海岸 アマルフィ」

 アマルフィの最も美しいアングルは少し離れた海からの風景だと思います。それ以上に美しいのはバードビューでしょうが、実現は少し困難だと思うのです。背景の岩山のダイナミズムと優美なアマルフィ旧市街、「アマルフィ 女神の報酬」のプロデューサーも「トスカーナの休日」のオードリー・ウェルズも、無理やりこの地にストーリーを振っているように思えます。世界の人々の心を捉えて離さないアマルフィなのです。
 







-No. 19-
ZK300+(19)_convert_2014.jpg

「世界3大夜景 ナポリ ポジリポの丘」

 観光地ではなく、極めて行きづらい場所なのです。ホテル近くのタクシー乗り場で アンダータ エ リトルノ =ラウンドトリップ=行って帰って でお願いしました。いいおっさんでした。しかし、ポジリポの丘は別にあるようで、全く違う場所に連れていかれました。詳しいビジュアルを用意しており スタッツィオーネ ディ フニコラーレ サンタントニオ へ 行ってくれ・・・その近くの テラスだと言ってやっと解りました。広場近くに カテドラーレ サンタントーニオ (聖アントニオ教会)があり、それを言ってやるとタクシードライバーは解るようです。行かれる方は「カテドラーレ サンタントーニオ」がキーワードです。お忘れなく。







-No. 18-
ZK300+(18)_convert_2014a.jpg

「ピエンツァ  ピッコロホテル・ラ・ヴァレ」

 クレーテ・セネージに泊まるのなら「モンテフォッローニコ ラ・コスタ」、オルチャ渓谷に泊まるのなら「ピエンツァ ピッコロホテル ラ・ヴァレ」・・・・・・・・生涯ホテルランク トップ2です。基本、安ホテルしか利用しない小生ですので、寝るだけのホテルが多く、あまりハイランクなホテルには泊まった経験は有りません。私が利用するホテルですので決して高くはありません。つまり、コストパーフォーマンスは最高だと思うのです。ピエンツァの旧市街のホテルでオルチャを心行くまで観賞できるホテルは有りません。少し離れたアグリツーリズモに泊まるほうが圧倒的に美しい風景が得られると思います。しかし、その場合レンタカーでの移動が前提となります。ピエンツァ ドゥオモまで 徒歩5分 家族経営の小さな素敵なホテル・・・・・・・ピッコロホテル です。








-No. 17-
ZK300+(17)_convert_2014.jpg

「シエナ 秘密の絶景テラス」

 カンポ広場そしてマンジャの塔がこんなアングルで見えます。場所は秘密です。ヴェネツィアを中心に活動されているイタリア風景画家・荒井裕子さんもこのアングルで描いておられます。その水彩原画は当家に居ります。知る人ぞ知る絶景ポイントです。興味のある方はご自分でお調べ下さいね。(@_@;)







-No. 16-
ZK300+(16)_convert_2014.jpg

「アルザス リクヴィール」

 「われわれの地方の最も美しい村」という本が発行されました。フランスには22の地方があり、各地方からの代表として1つの村が選出され、22の村が掲載されています。また、その村々をランク付けしているのです。No.1はミディ・ピレネー地方のサン・シル・ラポピーという村です。(来年の旅の候補に入れております) 6位がアルザス代表のリクヴィール、8位が去年の大晦日に訪れたプロヴァンス代表のレ・ボーです。アルザスの村の中でもリクヴィールは最も人気のある村です。妻たちがお買い物をしている間に、私はひとりブドウ畑を上りました。30分ほどボーッとしておりました。帰りたくなる絶景・・・・・リクヴィールです。








-No. 15-
ZK300+(15)_convert_2014.jpg

「グランドキャニオン西端」

 ノースラスベガス空港発 シーニックエアーラインズでの遊覧飛行です。10人乗り位の小型飛行機で1時間のフライトです。絶景の連続で1時間が10分ほどに感じられました。空からでは満足できなかったので、この冬にランディングする予定です。







-No. 14-
ZK300+(14)_convert_2014.jpg

「ゴッホ 夜のカフェテラス」

 印象派やポスト印象派の絵画が好きです。2005年に愛知県美術館で「ゴッホ展」が開催されました。本物の「夜のカフェテラス」を初めて見ました。黄色とブルーのコントラストに魅かれました。いつか、このカフェで・・・・・と思いました。アルル・フォーラム広場 カフェ・ファン・ゴッホです。目標達成です。







-No. 13-
ZK300+(13)_convert_2014.jpg

「アルザス コルマール」

 プチ ヴェニスの夜です。ライトアップされた木骨組みの家が運河に映る様は、忘れ得ぬ絶景です。ハウルの動く城の舞台にもなった町コルマール、カラスに変身したキムタクが降りて来そうです。








-No. 12-
ZK300+(12)_convert_2014.jpg

「Capri   La Grotta Azzurra 」

 暗い洞窟内、揺れるボート、波打つみなも・・・・・どうやって撮ればいいの?????状態の青の洞窟なのです。

 露出優先でF値開放、ISO6400に、フォーカスは追尾モードに、ホワイトバランスはオート、これで撮りまくりました。結果、シャッタースピードは、1/25~1/50が得られました。船が上から下に、下から上に揺れが切り変わる時に一瞬静止します。その時にうまく合えば、画像が止められるはずなのです。・・・・・ノイズも思ったほど出ていません。・・・・・・いい画像が得られたと思います。成功成功(*^_^*)








-No. 11-
ZK300+(11)_convert_2014.jpg

「マレンマ地方 ピティリアーノ」

 トスカーナ最南東部 ピティリアーノ側景です。凝灰岩から生え出たような街並み・・・・岩と家の境が解りません。
 中世、教皇領から追放されたユダヤ人を受け入れ共存した町であり、小さなエルサレムとも呼ばれているピティリアーノ、イタリアの最も美しい村協会に登録されているトスカーナの絶景です。







-No. 10-
ZK300+(10)_convert_2014.jpg

「ウンブリア 雲海の村 カステルッチョ」

 3度目の登場ですが、今回は全景です。ノルチャから山を上り、峠を抜けた瞬間・・・・・・「うわーーーーーーーーー!!!」という驚嘆の声。ピアーノ・グランデ(大平原)です。そして小高い山の上にカステルッチョがたたずんでいました。先日BS-TBSの「地球絶景紀行」という番組で「 ウンブリア 雲海の村」というタイトルで紹介されていました。「絶景」という感覚で言えば、イタリアNo.1かもしれません。本当にすごーーーーーい風景なのです。







-No. 9-
ZK300+(9)_convert_2014.jpg

「オルチャのランドマーク ポッジオ・コビーリ」

 サン・クイリコ・ドルチャのはずれに有る、一軒家アグリツーリズモ「Poggio Covili」(丘の隠れ家という意味)です。モンティッキエッロの糸杉くねくね坂道と並んでオルチャ渓谷のランドマークになっています。映画「ジュリエットの手紙」でも側景が出ていました。春は真緑に、夏は金色に染まります。一度は泊まってみたい絶景アグリです。








-No. 8-
ZK300+(8)_convert_2014.jpg

「サントリーニ フィラ」

 サントリーニではメルヘンチックなイアの風景に人気が有ります。但し、ホテルやショッピングは島の中心フィラが便利です。私もイアの風景が好きです。ただ一箇所、フィラでも画になるアングルが有ります。それがこのアングルです。いぜれにせよ、サントリーニの風景はイアであれフィラであれ、世界で唯一無二の絶景です。









-No. 7-
ZK300+(7)_convert_2014.jpg

「トスカーナ ピエンツァ」

 世界遺産オルチャ渓谷、その中の世界遺産ピエンツァ・・・・ダブル世界遺産であります。南斜面をせり上がって行くピエンツァ遠景・・・・・「トスカーナの休日」でもツアーバスが上っていましたが、私の大好きなアングルです。








-No. 6-
ZK300+(6)_convert_2014.jpg

「モン・サン・ミシェル全景」

 定番絶景ですが、やはりすごい風景です。数十キロメートル手前から建物がほとんど無くなります。ノルマンディの大地の彼方に聖なる山がかすんで見えて来ます。どんどんどんどん近付いてくる聖なる山・・・・・大天使ミカエルがもたらせた奇跡の風景です。








-No. 5-
ZK300+(5)_convert_2014.jpg

「チャーオ!トスカーナ 糸杉につつまれて」

 ラ カーサ アブラッチャート ダイ チプレッシ= 糸杉につつまれた家 です。
 ピエンツァ南側 Gozzani通りのテラスからフル望遠で狙った一枚ですが、これぞオルチャというワンショットです。丘陵のうねりがまるで海のようです。宝くじが5億円当たったら、この家を買います。







-No. 4-
ZK300+(4)_convert_2014.jpg

「オルチャ渓谷 La Foce 糸杉くねくね」

 ラ フォーチェ という歴史のあるヴィラの前に丘が広がっています。♪♪丘の上ひなげしの花が・・・・を口ずさんでしまいそうな風景です。くねくね糸杉坂は未舗装で「ラ ストラーダ ビアンカ」(白い道)なのです。緑の中にくっきりと輝いています。ユネスコ世界遺産のオルチャ渓谷のイメージ画像にもなっていたトスカーナの絶景です。









-No. 3-
ZK300+(3)_convert_2014.jpg

「チヴィタ ディ バーニョレージョ」

 ラツィオ、トスカーナ、ウンブリアの州境にある絶景の村です。2500年以上前にエトルリア人によってつくられた村でありますが、台地辺縁部の崩落によってその上の建物が崩れる危機に常にさらされており、「死にゆく村」とも言われています。私の「天空の村」世界No.1の絶景です。









-No. 2-
ZK300+(2)_convert_2014.jpg

「サントリーニ イア」

 イア要塞からの眺望です。昨年の、私の「死ぬまでに一度は見てみたい風景」No.1がこの風景だったのです。2014年夏、夢が叶いました。エーゲブルーと言われる海の青、褐色の火山島ならではの断崖、その上にたたずむ白い街並み、ピンクのブーゲンビリア・・・・・神々が人類に送りたもうた、最高に美しい風景なのです。今度は静かなオフシーズンに訪れたいと思います。








-No. 1-
ZK300+(1)_convert_2014.jpg

「トスカーナ オルチャ渓谷 ひなげしと糸杉アグリ」

 とうとう ランキング1位 にたどり着きました。2位のイアがダイナミック&ロマンティックだとすると、この風景はシーンオブヘヴン=天国の風景 だと言わせて頂きます。身も心も癒される世界で一番美しい田園風景です。コムーネ ディ カスティリオーネドルチャの中のロッカ・ドルチャ、そこを少し下った丘にひなげしが咲き乱れていました。そこから見えるアグリツーリズモ「ポッジオ・コビーリ」・・・・・・この場所に案内して下さった、モンテプルチャーノ在住のガイド、いのうえともこさんそしてご主人のマッシモ・マリアーニさんに心から感謝します。
 
 さて、Zekkei 300 Granpa di Itosugi はこれで終わりです。これからも、絶景を求めて妻と世界をそして日本を旅してまいります。絶景ランキングにお付き合いいただきまして有難うございました。  Granpa di Itosugi

スポンサーサイト
  1. 絶景300選
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

-No. 40-
ZK300+(40)_convert_2014.jpg

「京都嵯峨野 大覚寺」

 「大沢池」の紅葉ライトアップです。これほど美しい「映り込み」は他に類を見ません。東山の紅葉名所に比べ人もまばらでゆったりと観賞できます。超お勧めの京の秋の絶景です。








-No. 39-
ZK300+(39)_convert_2014.jpg

「フィレンツェ ミケランジェロ広場夜景」

 今度は夜景です。世界三大夜景(ナポリ・香港・函館)、世界新三大夜景(長崎・モナコ・香港)にランクインはしていませんが、「世界エレガント三大夜景」があったとしたら、必ずランクインすると思います。エレガントでヒストリカルな花の都です。








-No. 38-
ZK300+(38)_convert_2014.jpg

「カプリ島 マリーナグランデ」

 海抜0mから島の最高峰ソラーロ山(Monte Solaro, 589m)まで一気にせり上がる迫力は、島の優美な街並みとコントラストし、絶景をつくり上げています。







-No. 37-
ZK300+(37)_convert_2014.jpg

「シエナ県 カステルムツィオ」

 ピエンツァの北、ラ・コスタの有るモンテフォッローニコから西にペトロイオ、カステルムツィオ、モンティージ、キウスーレと抜けてゆくクレーテセネージのカントリーロード、私のお気に入りルートのひとつであります。オルチャ渓谷の風景とはまた違ったトスカーナ情緒を味わえるエリアです。その中でも「カステルムツィオ」は一番のお気に入りです。遠くにモンタルチーノが見えています。絶景トスカーナです。








-No. 36-
ZK300+(36)_convert_2014.jpg

「香港 チムサアチョイ・プロムナード」

 世界三大夜景の香港・・・・ヴィクトリアピークからの眺望が有名ですが、九龍サイドからヴィクトリアハーバー越しに香港サイドを望む夜景も世界でも有数の絶景であります。時が過ぎるのを忘れるダイナミックアンドロマンティックです。







-No. 35-
ZK300+(35)_convert_2014.jpg

「トスカーナ州 グロッセート県 ソラーノ」

 マレンマ地方の歴史の町ソラーノです。谷をせき止めるダムのように中世の町がたたずんでいます。最近は若い芸術家が多く住みついています。中世と現代がフュージョンする素敵なソラーノです。
 








-No. 34-
ZK300+(34)_convert_2014.jpg

「アヴィニョン遠景」

  ヴィルヌーヴ・レザヴィニョン サンタンドレ要塞 からのアヴィニョン遠景です。澄みきった真冬の空気の中で法王庁宮殿が時を超えたたずんでいました。








-No. 33- 
ZK300+(33)_convert_2014.jpg

「サントリーニ イアの断崖」

 カナディアンロッキーの氷河の様なイアの断崖です。こんな風景は世界でも唯一無二であります。妻を恐怖の底に落とし入れたロバ・・・・忘れ得ぬ断崖絶景です。







-No. 32-
ZK300+(32)_convert_2014.jpg

「ミコノス島 リトルヴェニス」

 ミコノスタウンNo.1ビュー リトルヴェニスです。サントリーニとは対照的な緩やかな白い街並みが癒しのエーゲ海です。







-No. 31-
ZK300+(31)_convert_2014.jpg

「トスカーナ モンテプルチャーノ側景」

 モンテプルチャーノと言えば・・・・・旧市街とサンビアージョ教会・・・・・代表的なアングルです。映画「トスカーナの休日」でも出て来ます。ルネサンスの宝石、モンテプルチャーノです。








-No. 30-
ZK300+(30)_convert_2014.jpg

「モンタルチーノ」

 トスカーナ、オルチャ渓谷、モンタルチーノです。世界的に有名なワイン「ブルネッロ ディ モンタルチーノ」を求めて世界中からワイン好きが集まります。砦の屋上からの眺望はオルチャでもトップクラスの絶景です。中世、シエナがフィレンツェに侵攻され、この地に落ち伸びました。そして滅んだのであります。つわものどもが夢の跡・・・・・モンタルチーノです。







-No. 29-
ZK300+(29)_convert_2014.jpg

「志賀高原 紅葉と雲海」

 横手山山麓 292号線からの眺望です。まるで大波が押し寄せているようなダイナミックな雲海です。こんな絶景に出会えた事に感謝です。








-No. 28-
ZK300+(28)_convert_2014.jpg

「ひまわりとモンテフォッローニコ」

 2013年8月15日、聖母被昇天祭の日、超遅咲きのひまわりに出会えました。マリア様が昇天された日、我々の心も天に昇りました。後ろに見えている小高い丘が、モンテフォッローニコです。ホテル ラ・コスタも見えています。トスカーナ、キアーナ渓谷 幸せなひとときです。







-No. 27-
ZK300+(27)_convert_2014.jpg

「ホテル ミコノスビュー」

 部屋のバルコニーからの絶景です。6連の風車も見えます。町まで徒歩7分、・・・・・・いいホテルです。







-No. 26-
ZK300+(26)_convert_2014.jpg

「ポジターノ」

 世界遺産アマルフィ海岸、ポジターノです。アマルフィから船で近づいています。岩山とのコントラストが「すごい」の一言です。織田裕二さんが天海祐希さんを車から降ろした教会が中央に見えています。また、フランシスがマルチェロと恋をした町でもあります。アマルフィの宝石・・・ポジターノです。
 






-No. 25-
ZK300+(25)_convert_2014.jpg

「絶景 サントリーニ」

 手前の集落がエンポリオ、右がフィラ、左奥がイアです。三日月型の島サントリーニ、オールインワンビューです。







-No. 24-
ZK300+(24)_convert_2014.jpg

「ラヴェッロ リストランテ ガーデン」

 アマルフィ海岸ラヴェッロ、絶景レストラン「ガーデン」・・・・・・こんな風景を見ながらのランチ・・・・絶景ランチハンターになってしまいます。








-No. 23-
ZK300+(23)_convert_2014.jpg

「フランスの最も美しい村  ゴルド」

 鷲の巣村・・・・プロヴァンスの天空の村・・・・中世の香り豊かな天空村に心ひかれる Granpa di Itosugi なのです。







-No. 22-
ZK300+(22)_convert_2014.jpg

「美瑛 秋の夕暮れ」

 絶景300 日本の風景ランキングNo.1です。トスカーナを彷彿させる風景です。日本で一番好きな場所・・・・「絶景 美瑛」 です。






-No. 21-
ZK300+(21)_convert_2014.jpg

「ラ・コスタ」

 「どんだけ出てくるんや!!!!」 ・・・・・・ またまた モンテフォッローニコ ホテル ラ・コスタ です。奥に見える町は、これも、またまたまた・・・・モンテプルチャーノです。  どんだけ好きやねん!!!という感じですが、本当に好きなんです。糸杉につつまれたこの風景が好きなんです。

  1. 絶景300選
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

-No. 60-
ZK300+(60)_convert_2014.jpg

「因島公園 夕景」

 妻の実家のある尾道市因島、42年間で100回以上は来ているはずです。しかし、こんな夕景が見られることはBSNHKの番組でつい最近知りました。オレンジ色に染まる瀬戸の海、思いもしなかった身近な絶景です。







-No. 59-
ZK300+(59)_convert_2014.jpg

「モン・サン・ミシェル近景」

 行ってみたい世界遺産ランキングで常に高位にノミネートされるモン・サン・ミシェルです。聖なる山も一時牢獄になりました。近世になり再度聖なる山となり、地球の人々に素晴らしい絶景をもたらせてくれています。私は、泊まったことがありません。一度は泊まってみたい世界遺産のひとつです。








-No. 58-
ZK300+(58)_convert_2014.jpg

「オリーヴ ブドウ畑 そして糸杉」

 モンテプルチャーノ南西方向の眺望です。山を越えるとオルチャ渓谷です。春・・・・トスカーナ・・・・・癒しの絶景です。








-No. 57-
ZK300+(57)_convert_2014.jpg

「サントリーニ イアの夕陽」

 世界一の夕陽と称される「イアの夕陽」です。確かに世界中からやって来た人々で通りも階段も埋め尽くされていました。日没の2時間以上前から場所取りが始まっていました。絶景を見るのも楽ではありません。でも待った甲斐がありました。想い出に残るイアの夕陽です。








-No. 56-
ZK300+(56)_convert_2014.jpg

トスカーナ キアーナ渓谷 サンライズ」

 モンテフォッローニコ、ホテル ラ・コスタ ・・・・・・陽の光が丘陵を目覚めさせてゆきます。世界でも有数の絶景ホテルです。この空気感・・・・・虜になりました。







-No. 55-
ZK300+(55)_convert_2014.jpg

「ナポリを見て死ね」

 「ナポリを見て死ね」・・Vedi Napoli e poi muori・・ と土地の人は言うとゲーテのイタリア紀行に紹介されているそうです。今、イタリアで最も危険な町という汚名を着せられているナポリですが、サンテルモ城からの絶景はそんな汚名をすっ飛ばしてくれます。美しい港町・・・ナポリです。







-No. 54-
ZK300+(54)_convert_2014.jpg

「世界遺産ライン渓谷中流上部  ボッパルト・ライン川大蛇行」

  ボッパルトの町はずれからリフトに乗ると展望レストランに来ることが出来ます。絶景ランチを御所望の方には超お勧めのラインビューです。







-No. 53-
ZK300+(53)_convert_2014.jpg

「河口湖町  富士桜荘・・・・富士と山桜」

 富士には雪が良く似合います。美しいカラ―コントラスト・・・・・・五月の富士です。







-No. 52-
ZK300+(52)_convert_2014.jpg

「アテネ アクロポリス 夜景」

 セントラルホテル 屋上テラスカフェからの絶景です。女神アテナが本当にいるような厳かな風景です。








-No. 51-
ZK300+(51)_convert_2014.jpg

「サントリーニ フィラの夜」

 漆黒の中に浮び上るフィラの町・・・・・・・まるで宙に浮いているような幻想的な美しさです。








-No. 50-
ZK300+(50)_convert_2014.jpg

「アマルフィ海岸 アトラーニ アーチ橋」

 アーチの中に埋め込まれた住居・・・・背後の岩山・・・・アマルフィ、ポジターノに優るとも劣らぬ風景です。








-No. 49-
ZK300+(49)_convert_2014.jpg

「サントリーニ  イア」

 雲ひとつない真夏のサントリーニ・イアの街並み・・・・・・朝の日差しがくっきりと街並みを浮かび上がらせます。白い家、青い空、ピンクのブーゲンビリア・・・・・死ぬまでに一度は見ておきたかった絶景です。






-No. 48-
ZK300+(48)_convert_2014.jpg

「フィレンツェ ミケランジェロ広場」

 定番絶景・・・・ミケランジェロ広場からのフィレンツェ旧市街です。風景には2種類有ります。画像で見て行きたいと思った風景の中で、ひとつは「えっ・・・こんなものなの???」・・・想像以下です。もうひとつは「すごーーーーーい、思った以上!!!」・・・想像を超える風景です。・・・・・・想像を超える定番絶景・・・・・ミケランジェロ広場です。









-No. 47-
ZK300+(47)_convert_2014.jpg

「トスカーナ 糸杉とくねくねの絶景」

 オルチャ渓谷の小さな村「モンティッキエッロ」の南に、「オルチャ渓谷」と検索すると必ず出てくる風景が有ります。くねくね坂道と糸杉の風景です。春は緑一色に、夏は茶褐色のパッチワークになります。映画「トスカーナの休日」でツアーバスも下っていた坂道です。最もトスカーナらしい風景のひとつです。







-No. 46-
ZK300+(46)_convert_2014.jpg

「ギリシャ ミコノス島 スーパーパラダイスビーチ」

 ミコノスの南海岸には美しいビーチがたくさん有ります。その中でも最も美しいとされるのがスーパーパラダイスビーチです。エーゲブルーの絶景ビーチです。








-No. 45-
ZK300+(45)_convert_2014.jpg

「オルチャ渓谷 ラディコーファニ」

 ロッカ ディ ラディコーファニ からの眺望です。眼下に広がるのはラディコーファニの村です。オルチャでも有数の絶景ポイントのひとつです。







-No. 44-
ZK300+(44)_convert_2014.jpg

「シエナ カンポ広場」

 世界で最も美しい広場と言われる「カンポ広場」・・・・毎年7月2日と8月16日に「パリオ」という競馬祭りが開かれます。カンポ広場に砂でトラックが造られ競馬が行われるのです。昨年は丁度8月16日にシエナに居り、お祭り気分を味わう事が出来ました。(競馬は観戦しておりませんが・・) 町内会(コントラーダ)の夢・・・カンポ広場です。








-No. 43-
ZK300+(43)_convert_2014.jpg

「英国 コッツウォルズ カッスル・クーム」

 英国で最も美しい村々と称されるコッツウォルズ、その中でも人気なのが「カッスル・クーム」です。バイブリーと人気を二分します。夏はツーリストで埋め尽くされる村のハイストリートも2月はオフシーズン、人っ子一人いないのです。オフシーズンのコッツウォルズ、これも有りだと思います。







-No. 42-
ZK300+(42)_convert_2014.jpg

「プロヴァンス サント・ヴィクトワール山」

 エクス・アン・プロヴァンス、セザンヌのアトリエから程近い公園テラスからの聖なる山の風景です。冬の澄みきった空気の中で力強く厳かにたたずんでいました。








-No. 41-
ZK300+(41)_convert_2014.jpg

「サントリーニ 夕景」

 日が沈んだ後のサントリーニです。手前がフィラ、奥に見えるのがイアです。光のグラデーションの中でたたずむ絶景の島です。

  1. 絶景300選
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

-No. 80-
ZK300+(80)_convert_2014.jpg

「山口  西長門リゾート(角島大橋) 夕景」

 最近人気の角島大橋・・・隣接するホテル西長門リゾート・・・海に沈む夕陽   夕景は日が沈んだ後が綺麗です。黄色からオレンジへそして最後にピンクに染まります。雲のある夕景だから味わえる絶景です。








-No. 79-
ZK300+(79)_convert_2014.jpg

「奈良 吉野 花矢倉展望台」

 遠くに金峯山寺(きんぷせんじ)が見えます。バスターミナルから上り坂徒歩45分、絶景ハンターも楽ではありませんね。








-No. 78-
ZK300+(78)_convert_2014.jpg

「ウンブリア スポレート  大聖堂前の広場(Piazza del Duomo)の階段」

 静かなる古都スポレート、陽ざしを避けるようにカフェが有ります。美しい美しい階段絶景です。








-No. 77-
ZK300+(77)_convert_2014.jpg

「サントリーニ島 クルーズ船と夕暮れ」

 暮れゆく空・・・・ボルケーノアイランド・・・・クルーズ船   光が織りなすスペクタクルです。








-No. 76-
ZK300+(76)_convert_2014.jpg

「フィレンツェ サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」

 ご存じフィレンツェのドゥオモです。街並みの向こうにたたずむ聖堂・・・このアングルが好きなのです。








-No. 75-
ZK300+(75)_convert_2014.jpg

「ラインクルーズ シェーンブルク城」

 少し前に、シェーンブルク城からの眺望はラインナップ致しましたが、今度は船からの河岸眺望です。城とオーバーヴェーゼル大聖堂のカラ―コーディネイトが美しい世界遺産絶景です。
 







-No. 74-
ZK300+(74)_convert_2014.jpg

「冬の東京駅ライトアップ」

 世界でもこんなに美しい駅舎はそう有るものではありません。ミラノ中央駅に優るとも劣らない東京駅です。背後の高層ビルとのコントラストも現代日本の絶景であります。







-No. 73-
ZK300+(73)_convert_2014.jpg

「山口 秋芳洞 百枚皿」

 62才にして初山口観光・・・・ファンタジックな地底絶景・・・・ハマりやすい小生は、危険を感じております。








-No. 72-
ZK300+(72)_convert_2014.jpg

「上下シンメトリー 映り込み絶景」

 ここはどこでしょう???お解りの方は、そうとうな紅葉マニアです。・・・・・・彦根城玄宮園でした。







-No. 71-
ZK300+(71)_convert_2014.jpg

「アマルフィ海岸 アトラーニ夜景」

 アマルフィはホテルの取りにくいエリアです。1年前の予約でもアマルフィ市内にはほとんど空き部屋が無く、隣町のアトラーニのそれも一番奥のホテルをなんとか押さえる事が出来ました。しかし、人々でざわつくアマルフィよりも、人のいないしっとりとしたアトラーニに宿を取って大正解だったと思っております。アマルフィ中心部まで徒歩15分・・・アトラーニ・・・お勧めです。








-No. 70-
ZK300+(70)_convert_2014.jpg

「サントリーニ フィラ セオクセニアホテル バルコニー絶景」

 サントリーニに泊まるなら断崖沿いのホテルです。内陸部のホテルより少し高めですが、余りある絶景が待っています。朝食は部屋の前のバルコニーで頂きます。最高の絶景朝食でした。








-No. 69-ZK300+(69)_convert_2014.jpg

「山口 角島大橋」

 ライダーの聖地・・・角島大橋    エメラルドブルーとはいきませんでしたが、日本でも有数の橋梁絶景です。








-No. 68-
ZK300+(68)_convert_2014.jpg

「トスカーナ ピエンツァ 夜」

 オレンジ系黄褐色と黒のモノトーン・・・・・・人っ子一人いない 世界遺産ピエンツァ ハイストリート ロッセッリーノ通りです。昼も夜も私の心を鷲掴みにするトスカーナです。








-No. 67-
ZK300+(67)_convert_2014.jpg

ZK300+(67)1_convert_2014.jpg


「トスカーナ アンギアーリ  Giacomo Matteotti 大通り」
 
 1枚では表現出来ないので特別に2枚アップしました。
 坂の始まりから、まーーーーーーーすぐの道が5.7km続きます。坂の上でオレンジの入った袋をぶちまけてしまったら、どこまで転がって行くのでしょうか???一度やってみたい衝動にかられる坂道直線絶景です。







-No. 66-
ZK300+(66)_convert_2014.jpg

「トスカーナ モンテプルチャーノ  グラッチャーノ・ネル・コルソ通り」

 コントラーダ(町内会)の旗に中世のお祭り気分を感じるネル・コルソ通りです。
 トスカーナがどんどんノミネートされて参ります。私の住みたい町No.1 モンテプルチャーノもどんどん出て参ります。もういいよっ・・・・と思われるくらい出て参ります。そんなそんなトスカーナです。
 







-No. 65-
ZK300+(65)_convert_2014.jpg

「トスカーナ アレッツォ ピアッツァ グランデ その2」

 私の大好きな広場 ピアッツァ グランデ  その2 ・・・・・・前回は南東端からのアングルでしたが、今回は北西端からのアングルです。一般的には南東端からのアングルが有名ですが、私はカラフルなエンブレムがちりばめられたこのアングルが好きです。








-No. 64-
ZK300+(64)_convert_2014.jpg

「ウンブリア ピアーノ・グランデ カステルッチョ遠景」

 癒しの秘境絶景がまた登場です。前回は近景、今回はお花畑越しの遠景です。いつかオートバイでツーリングしたいピアーノ・グランデです。カステルッチョのパーキングには多くの単車が停まっていました。イタリアンライダーの聖地なのでしょうね。








-No. 63-
ZK300+(63)_convert_2014.jpg

「白川郷 秋景色」

 白川郷・城山展望台からの眺望です。村から約15分の山歩きです。バスでも行けます。日本の原風景・・・・世界遺産白川郷です。









-No. 62-
ZK300+(62)_convert_2014.jpg

「トスカーナ オルチャ渓谷 ロッカ ディ ラディコーファニ」

 世界遺産 オルチャ渓谷(Val d'Orcia) はオルチャ川が流れる5つのコムーネ(村・町)で構成されています。ピエンツァ、カスティリオーネ・ドルチャ、サン・クイリコ・ドルチャ、モンタルチーノそしてラディコーファニです。町そのものが世界遺産のピエンツァとワインで有名なモンタルチーノは人気のコムーネでありその2つの町を結ぶライン上にあるカスティリオーネとサン・クイリコも行きやすいコムーネです。しかし、ピエンツァから直線距離24km車で40分のラディコーファニは観光客がほとんど行かない世界遺産なのです。しかし、山頂の砦(標高900m)からのオルチャ眺望は一見の価値が有ります。モンテアミアータも間近に望める360°の大パノラマなのです。









-No. 61-
ZK300+(61)_convert_2014.jpg

「エクス・アン・プロヴァンス ミラボー通り ウインターイルミネーション」

 エレガントでアカデミックなエクスですが、夜のイルミネーションも「艶やかで上品」なのです。・・・・・気品あふれる夜の絶景です。

  1. 絶景300選
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

- No. 100-
ZK300+(100)_convert_2014.jpg

「伊勢湾岸自動車道   地球の終わり???」

 秋の大雨の後、夕暮れの伊勢湾上空に現れた、おどろおどろしい雲です。長く人間をやっていますが、こんな雲は初めて見ました。今にも雲の中からエイリアンを乗せた宇宙船が現れそうです。








-No. 99-
ZK300+(99)_convert_2014.jpg

「ノルチャ  カステルッチョ」

 ウンブリア州ノルチャの東北東約10km・・・・・ピアーノ・グランデ=大平原 という名の 山の上の「大平原」が有ります。ノルチャから約25分、山を登りきった峠・・・・・見た事もない風景が広がっていました。行くのが大変な山奥ですので、一般にはあまり知られていません。知る人ぞ知る超穴場絶景です。その大平原の傍らの小高い丘の上に有る村が「カステルッチョ」です。小さな城という意味だったと思います。死ぬまでに観ておきたい絶景のひとつだったのです。夏の快晴の朝、夢が実現しました。








-No. 98-
ZK300+(98)_convert_2014.jpg

「トスカーナ マレンマ ピティリアーノ」

天空の町 Pitigliano (ピティリアーノ)です。火山灰が堆積してできた凝灰岩の上に立っています。近くにオルチャの象徴・火山・モンテ アミアータ が有ります。太古から火山活動の多いイタリアなのです。








-No. 97-
ZK300+(97)_convert_2014.jpg

「大連  童牛像と霧に包まれた高層ビル」

 霧の多い大連ですが、こんな絶景は、50回以上この山に来ている当社の駐在員も初めてだと言っていました。大連幻想絶景です。







-No. 96-
ZK300+(96)_convert_2014.jpg

「天橋立雪景色」

 天橋立には何度か訪れておりますが、雪景色の風情は格別です。








-No. 95-
ZK300+(95)_convert_2014.jpg

「アルル ローヌ河畔」

 アルルと言えば、円形闘技場や古代劇場等の世界遺産が有名ですが、ローヌ河畔のプロムナードは風情豊かなビューポイントです。有りし日のゴッホもたたずんだ遊歩道です。







-No. 94-
ZK300+(94)_convert_2014.jpg

「ローマ  トレヴィの泉」

 トレヴィの泉は数本の路地が交わる狭い空間に有ります。初めて来た人は、「こんなに狭いの!!!!」と驚きます。私は思います。もし、この泉が大きな広場にあったならこんなに有名になっていたでしょうか?「掃き溜めに鶴」だから絶景なのだと思うのです。こんな路地にこんなすごい噴水が・・・・・・・意外性が創り出す絶景・・・・・トレヴィの泉です。特に夜が綺麗です。

 






-No. 93-
ZK300+(93)_convert_2014.jpg

「香港  ヴィクトリア・ピーク」

 夜景が有名なヴィクトリア・ピークですが、ダイナミックさでは昼の風景も負けてはいません。世界でも類を見ない絶景です。







-No. 92-
ZK300+(92)_convert_2014.jpg

「白川郷 ライトアップ」

 世界遺産白川郷、年に数回ライトアップされます。零下6℃の澄みきった空気の中、ライトアップされた合掌集落は世界でも有数の絶景です。








-No. 91-
ZK300+(91)_convert_2014.jpg

「ハウステンボス  ドムトールン」

 シンボルタワー 高さ105mの ドムトールン ・・・・・・艶やかにライトアップされたタワーと運河に映る光のハーモニー・・・・欧州以上の欧州絶景です。








-No. 90-
ZK300+(90)_convert_2014.jpg

「志賀高原  一の池」

 「紅葉映り込み」の美しい写真愛好家に人気の池です。素人カメラマンをマニアックな世界に引きずり込む悪魔の池です。








-No. 89-
ZK300+(89)_convert_2014.jpg

「ローマ スペイン広場 夜」

 欧州の夜は、シンプルにオレンジ色で彩られます。人もまばらな静かな広場がロマンティックです。







-No. 88-
ZK300+(88)_convert_2014.jpg

「香港  ヴィクトリア・ピーク 夜」

 昼の風景に続き、定番夜景です。コメント無用の世界三大夜景です。








-No. 87-
ZK300+(87)_convert_2014.jpg

「ヴェネツィアの鐘楼」

 サンマルコ広場の鐘楼は16世紀初頭に完成しました。しかし20世紀のはじめ、ひびが原因で完全崩壊したそうです。現在の鐘楼は1912年に再建されたものです。大天使ガブリエルが街を見守っています。







-No. 86-
ZK300+(86)_convert_2014.jpg

「ドイツ シェーンブルク城・テラスレストランからのライン川絶景」

 ライン河畔古城、人気No.1・・・シェーンブルク城・・・・ノンリザベーションで最も眺望のいいボックス席に案内されました。リューデスハイムからフェリーで対岸に渡り、タクシーが見つからず道路沿いの一般企業に入り込み、お願いして電話でタクシーを呼んでもらい(快く対応して下さいました。)、やっとたどり着いたシェーンブルク城・・・・・この風景を見た瞬間、疲れが吹っ飛びました。眼下に広がるオーバーヴェーゼルの町には鉄道ファンに大人気のアングルが有るそうです。
 絶景ランチにハマった瞬間・・・・シェーンブルク城です。







-No. 85-
ZK300+(85)_convert_2014.jpg

「フィレンツェ ホテル Degli Orafi  最上階カフェからの景観」

 素焼きの瓦越しにポンテ・ヴェッキオが望めます。いいホテルでした。








-No. 84-
ZK300+(84)_convert_2014.jpg

「アマルフィ海岸 ラヴェッロ・ドゥオモ広場」

 アマルフィ海岸の町の中では、人が少なくしっとりとした上品な小さな町です。何かお金持ちになった気分になれるドゥオモ広場です。








-No. 83-
ZK300+(83)_convert_2014.jpg

「美瑛 夏 癒しの絶景」

 日本にもこんな風景が有るのです。住みついてしまう人々の気持ちがよく解ります。日本一の田園風景・・・・美瑛です。







-No. 82-
ZK300+(82)_convert_2014.jpg

「清水寺 紅葉ライトアップ」

 京の秋 No.1 のダイナミック絶景です。レーザービームとのコントラストが21世紀です。







-No. 81-
ZK300+(81)_convert_2014.jpg

「トスカーナ サン・クイリコ・ドルチャ 丘陵絶景」

5月のトスカーナ・・・・・青草畑、菜の花、青い空・・・・・・・癒しのトスカーナです。

  1. 絶景300選
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

 

プロフィール

Granpa di Itosugi

Author:Granpa di Itosugi
La mia cosa favorita・・・・・・
Toscana・Jazz Piano
Bossa Nova Guitar
Mini Cooper・Buell・Tennis
Fotografia・Viaggio・・・・・
e così su

itosugi

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -