トスカーナの風景をこよなく愛するおじんのブログです。

チャーオ!トスカーナ ’糸杉につつまれて’

<17 agosto 2013 A Giappone >

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1624)_convert_20130901191247

 Degli Orafi ・・・・いいホテルでした。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1625)_convert_20130901191330

 さあ日本に向け出発です。





2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1627)_convert_20130901191423

 単に移動するのではなく、帰路であれ、最後まで旅を楽しむ・・・・それが私のスタイルです。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1628)_convert_20130901191504

 去年ペレトラ空港で見た小さな旅客機 Avro RJ 85 です。乗りたかった飛行機です。パリに向かいます。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1631)_convert_20130901191601

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1634)_convert_20130901191737

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1637)_convert_20130901191835

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1638)_convert_20130901191919

 飛行機からの風景は、非日常の絶景だと思います。エベレストより高い視点からの風景は有る意味凄い風景なのです。寝ている暇は私には有りません。超好奇心旺盛な元気なじーじでありたいと思います。





2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1640)_convert_20130901192007

 機能美の最高峰・・・・航空機です。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1641)_convert_20130901192052

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1642)_convert_20130901192138







2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1645)_convert_20130901192248

 今度は777で関西空港に向かいます。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1647)_convert_20130901192335

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1648)_convert_20130901192420

 我がファミリー じーじ・ばーば+2名のおばさん 計4名の 2013年夏 イタリア旅行もこれで終わりです。
 ナポリから始まり、アマルフィ~カプリ~サレルノ~スポレート~ノルチャ~カステルッチョ~パッシニャーノ スル トラジメーノ~パニカーレ~モンテフォッローニコ~アンギアーリ~アレッツォ~カステルムツィオ~シエナ~モンテリッジョーニ~ポッジボンシ~フィレンツェ ・・・・・・・こんなルートでイタリアを旅した日本人いや人類は居るでしょうか??? ギネスルートかも知れません。
 御一行様は楽しんでくれたでしょうか?マニアックな私に引きずられただけなのでしょうか?いずれにせよ、事故もなく(ちびっこマフィアを除く)終える事が出来ました。現実に戻るのはいやでありますが、現実があるから夢が見られるのです。今度はどんな夢にしようかな(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)???終わりです。

スポンサーサイト
  1. フィレンツェ・シエナ
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

<16 agosto 2013 Siena-Monteriggioni-Firenze>

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1409)_convert_20130901173619

 昨日に続き、素晴らしい日の出です。
 最終日です。名残惜しい Montefollonico, Comune di Torrita di Siena です。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1416)_convert_20130901173756

 Val di Chiana のうねりがトスカーナチックです。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1420)_convert_20130901173844

 Lago Trasimeno ともお別れです。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1424)_convert_20130901174104

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1432)_convert_20130901174254
 素敵なひと時を有難う。・・・・ La Costa・・・・いいホテル・レストランでした。






2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1433)_convert_20130901174400

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1437)_convert_20130901174445

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1438)_convert_20130901174528






2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1445)_convert_20130901174700

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1448)_convert_20130901174743

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1450)_convert_20130901174843

 御一行様はどこに居るでしょうか?

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1453)_convert_20130901174919

 私も記念に1枚です。





2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1455)_convert_20130901175013

 オーナーと記念撮影をして出発です。












2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1456)_convert_20130901175102

 昨年訪れたクレーテセネージの村々を抜けシエナに向かいます。テラコッタ博物館の標識も見えます。ペトロイオ、モンティージは小さな村の物語に登場しています。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1457)_convert_20130901175143

 ピエンツァが見えます。今回、初オルチャです。







2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1458)_convert_20130901175348

 カステルムツィオ です。昨年、おじいちゃんたちに、家に引き込まれそうになった、人情あふれる村です。
 いいアングルです。オリーブの丘にたたずむ村、ずーっと見ていたい Castelmuzio です。最後に大好きな、愛してやまないトスカーナの丘上村落の風景を見る事が出来ました。ともこさんマッシモさんに感謝です。




2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1464)_convert_20130901175438

 モンタルチーノがうっすらと見えています。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1465)_convert_20130901175530







2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1472)_convert_20130901175738

 Montisi です。いい感じです。









2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1477)_convert_20130901175921
 
  カッシア街道でシエナを目指します。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1479)_convert_20130901180055

 遠くにシエナの丘が見えて来ました。





2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1482)_convert_20130901180235

 シエナに到着です。 年に2回のシエナ最大のお祭り「Palio
」(パリオ)当日に当たってしまいました。駐車場も厳しい状態だと言う事で、裏から入ります。


2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1484)_convert_20130901180326

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1487)_convert_20130901180412

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1488)_convert_20130901180454

 町内会(コントラーダ)の旗がお祭り気分を盛り上げてくれます。





2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1490)_convert_20130901180538
 
 世界で一番美しい広場・・・・カンポ広場・・です。パリオ=競馬 のトラックが広場に造られています。土を運ぶのも大変だったでしょうね。

 パリオは7月2日と8月16日に行われます。2回のパリオは独立運営で関連性はないようです。シエナには17のコントラーダが有ります。抽選で10の町内会が選ばれます。残りの7つには次の年の出場権が与えられます。3つを新たに選ぶのです。シエナ人はパリオに命を賭けています。850年以上の歴史があります。いがみ合う町内会もあるそうです。結婚は難しいとさえ言われています。ロミオとジュリエットの世界が現代に有るのです。スタートは夕方5時過ぎです。1分半で勝負が決まります。今回はフィレンツェに向かいますが、一度は見てみたいお祭りです。

Siena-PalioRace.jpg

50c32851.jpg

 参考画像です。






2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1491)_convert_20130901180621
 
 ダイアモンド富士ならぬ、ダイアモンド・マンジャの塔です。

2013+Italy+(1612)_convert_20130907083109.jpg

ダイアモンド・シニアレディ御一行様 です。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1492)_convert_20130901180711

2013+Italy+(1596)_convert_20130907083357.jpg

 マンジャの塔・・・一昨年登れなかったので、今年は・・・・・と思っておりましたが2時間待ち・・・・また今度にします。





2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1495)_convert_20130901180751

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1496)_convert_20130901180842

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1498)_convert_20130901181019

 市庁舎ファサードにシエナ人「屈辱の紋章」が・・・・・歴史は罪なことをします。

2013+Italy+(1592)_convert_20130907083007.jpg







2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1504)_convert_20130901181249

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1511)_convert_20130901181601

 町内会のメンバーは旗をスカーフ代わりに巻きます。お祭り気分が盛り上がるのです。敵対町内会と出会ってしまうと緊張が走るのです。このオレンジの旗は当家にもやって来ました。


2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1512)_convert_20130901181649

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1513)_convert_20130901181735




2013+Italy+(1622)_convert_20130907083257.jpg

 バスターミナル近くのお気に入りのバッグ・皮小物店 「Cuoieria Fiorentina」でお買い物です。私も一昨年に続き、2泊3日用のレザーブリーフを買ってしまいました。非常にリーズナブルなお値段です。











2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1519)_convert_20130901181934

 真っすぐ行くとフィレンツェですが、ここで降りて、城塞の村 モンテリッジョーニ に向かいます。


2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1528)_convert_20130901182356

 その前に村の麓のBARでランチです。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1523)_convert_20130901182032

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1527)_convert_20130901182158

 これで3.5人前です。6人でぴったりの量でした。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1526)_convert_20130901182114

 テーブルが空くのを待っている少年達です。日本に連れてきてジャニーズに入れ、ジャニー・トスカーナとして売り出せばヒット間違いなしの美少年です。






2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1531)_convert_20130901183303

 城門をくぐります。今回の旅で何度城門をくぐり抜けたことでしょうか?

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1539)_convert_20130901183938

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1536)_convert_20130901183754

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1537)_convert_20130901183852

TT+(1)_convert_20130901193324.jpg

 このミニチュアのような小さな村ですが、★★★★ホテルが1軒有ります。フィレンツェやシエナから近いことも有り、観光客の多い名の知れた村なのです。人の多い村は好きではありませんが、一度見ておきたかった丘の上の「完全城壁」の村です。




2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1550)_convert_20130901184123

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1548)_convert_20130901184028

 ここまでの完全城塞の村はそうありません。人気の理由がこの風景なのです。









2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1552)_convert_20130901184424
 
 Poggibonsi ポッジボンシの町です。ここでお別れです。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1556)_convert_20130901184639

 バスでフィレンツェに向かいます。ともこさんマッシモさんともお別れです。4日間、いい旅に本当に感謝感謝です。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1560)_convert_20130901184841

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1563)_convert_20130901184925

 フィレンツェ到着





2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1565)_convert_20130901185022

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1566)_convert_20130901185116

 タクシーでアルノ川沿いのホテルに向かいます。













2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1572)_convert_20130901185257

 ホテル最上階のBAR でひと時の休息です。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1576)_convert_20130901185342

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1577)_convert_20130901185446

 お金持ちに見えます。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1578)_convert_20130901185528

 窓が額のようです。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1580)_convert_20130901185622

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1583)_convert_20130901185852

 瓦越しにポンテヴェッキオが見えます。







2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1592)_convert_20130901190133

 シニョリーア広場近くのレザーウエア店でお買い物です。妻のお気に入りのお店です。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1593)_convert_20130901190236

2013+Italy+(1704)_convert_20130907094533.jpg

 大量のミネラルウォーターをゲットしホテルへ・・・・お腹も疲れ気味ですので・・・・インスタントラーメンディナーです。












2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1600)_convert_20130901190325

 リッチなディナー???の後は、夜のミケランジェロ広場へ・・・・・・最後の夜を満喫です。古都の夜をお楽しみ下さい。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1602)_convert_20130901190425

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1606)_convert_20130901190507

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1608)_convert_20130901190624

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1613)_convert_20130901190700








2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1616)_convert_20130901190742

 チェントロに戻って来ました。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1617)_convert_20130901190855
 
 アルノ川に映るしっとりとした灯りに古都を感じるフィレンツェの夜です。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1619)_convert_20130901191102
 ホテルのBARもロマンティックな風情を我々にもたらせてくれます。

2013繧、繧ソ繝ェ繧「+(1620)_convert_20130901191203


 最後の夜も深みを帯びてゆきます。

    Buona notte ・・・・・・
  1. フィレンツェ・シエナ
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

c+(189)1_convert_20120825111639.jpg
もうすぐオルチャ渓谷の夜が明けます。
c+(189)3_convert_20120825111804.jpg
夜が明けたら、オルチャともお別れです・・・・うしろ髪を引かれる想いです・・・・年にたった3日ほどの出会い・・・・また来るために頑張る・・・・人生に彩りと目標を与えてくれるトスカーナです。




d+(1)_convert_20120903162330.jpg
16年ほど一緒に旅をしたスーツケースです。修理を重ね使ってきましたが、今年でリタイア。私の趣味部屋に永久保存されます。オルチャをバックに記念撮影です。






d+(2)_convert_20120903162403.jpg
予約のハイヤーが来ました。ピッコロホテルともお別れです。

d+(3)_convert_20120825111910.jpg
キアーナ渓谷に入ります。
d+(4)_convert_20120825111948.jpg
ドライバーは、ジローラモ似のおっとこまえです。




大きな地図で見る








d+(6)_convert_20120903162441.jpg
コルトーナの町が見えてきました。

d+(7)_convert_20120825112033.jpg
カムーチャ・コルトーナ駅に到着です。
去年の5月、ともこさん・マッシモさんと初めて会った駅です。


無人駅で、古いチケット販売機です。我々が切符を買うのはかなり困難に思います。昨日買っておいて大正解です。今後は イタリア語で「私たちは日本の旅行者です。この販売機での買い方が解りません。恐れ入ますがこの駅から・・・・駅までの普通列車2等席の切符を・・・枚買って頂けないでしょうか」と書いたメモを用意しイタリア人を見つけキャッシュと共に笑顔で渡す・・・・・というスタイルにもチャレンジしたいと思います。たぶんこれなら買えると思います。

色んな局面を想定し、イタリア語で記したメモを用意しておくと何かと便利だと思います。ガイドブックに代表慣用語句は載っていますが、これでは不十分です。




d+(10)_convert_20120825112112.jpg

d+(13)_convert_20120825112136.jpg

d+(15)_convert_20120903162507.jpg
朝もやにかすむコルトーナです。教会から少し下ったところにエトルリア時代の城壁が見えますが、その丁度裏側が、かの「Bramasole」です。フランシスは居るでしょうか?
d+(16)_convert_20120825112231.jpg






d+(17)_convert_20120825112304.jpg
フィレンツェ到着
d+(19)_convert_20120825112334.jpg
16番ホーム横の荷物一時預かり所にスーツケースを預け、12番のバスでミケランジェロ広場に向かいます。

d+(20)_convert_20120907073729.jpg








d+(22)_convert_20120903162541.jpg

雲ひとつないフィレンツェの空です。

来年の8月 このアルノ川沿いのホテルに1泊予約を入れてあります。私にとってのフィレンツェはトランジット的意味合いが強く、駅前のホテルを利用します。一度アルノ川沿いのホテルに泊まりたいと思っていました。夜のアルノ川に映るポンテベッキオを撮ってみたいと思っています。


d+(22)1_convert_20120903162608.jpg
アルノ川にはこんなに橋がかかっています。次の日、私達は70Kmの間、橋が1本もかかっていない場所で、橋の利便性を思い知ることになるのです。
d+(25)_convert_20120903162636.jpg




d+(29)_convert_20120825112638.jpg
タクシーでチェントロに向かいます。


d+(31)_convert_20120825112702.jpg
トルナブオーニ通りで降りいざショッピングへ?????

タクシーで移動中、まわりの風景の異変に気付いていました。店が閉まっているのです。8月15日は聖母被昇天祭の日で祝日です。マドンナ崇拝の強いカソリックの国イタリアで主だった店舗が開いている事は無いのであります。
我が御一行様は、ショックで (;一_一) でありました。



d+(32)_convert_20120825112727.jpg
気持ちを切り替えて、街歩きを楽しむことに。




d+(34)_convert_20120825112754.jpg

d+(35)_convert_20120825112822.jpg
サン・ガエターノ教会
d+(36)_convert_20120825112848.jpg







d+(39)_convert_20120831194114.jpg


d+(41)_convert_20120825113012.jpg

d+(42)_convert_20120825113037.jpg
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
花の聖母マリア大聖堂という意味ですが、マドンナ崇拝の国イタリアらしい名前です。イエスを子供として表現、12使徒がふたりの横に立ち並ぶという、マドンナを圧倒的に強調した構図であります。

それにしても、信仰心の厚いキリスト教圏であります。人の名にそれを感じます。ピーター=ペテロ、ルーク=ルカ、マーク=マルコ、ポール=パウロといった感じです。フォークシンガー ピーター・ポール&マリーはペテロ・パウロ&マリア様なのです。

日本人の名に、田中空海さんとか、山田阿弥陀さんとか、木下釈迦男さんは滅多にいないのですから。

d+(43)_convert_20120825113102.jpg





d+(44)2_convert_20120825113126.jpg
カメラをどこに向けてもルネッサンスを感じるフィレンツェです。
d+(47)_convert_20120825113226.jpg

d+(48)_convert_20120825113252.jpg

d+(49)_convert_20120825113318.jpg











d+(50)_convert_20120825113410.jpg
シニョリーア広場
直訳すると「領主の権威広場」となるのでしょう。メディチ家の広場であります。
当家の領主が映っております。

d+(55)_convert_20120825113438.jpg
ヴェッキオ宮内部
d+(55)1_convert_20120825113504.jpg

d+(55)3_convert_20120825113528.jpg




d+(56)_convert_20120825113554.jpg
ダヴィデ像を通して見るルネッサンス建築です。



d+(57)_convert_20120825113627.jpg
「金の輝き」というタイトルで国際ゴシック様式展示会が開かれているウフィッツィ美術館です。






d+(58)_convert_20120907073815.jpg
チェントロの中心地に来るにつれ、開いているお店も増えて来ました。バッグ&革小物ハンティングをしている当家のハンター達の眼が輝いてきました。



d+(60)_convert_20120825113813.jpg
アルノ川沿いのポンテ・ヴェッキオ近くにレザーと鞄のお店があります。レオナルド・ダ・ヴィンチ レザーファクトリーというお店です。いつもフィレンツェに来ると入ります。今までは少し予算に合わずスルーしていました。Tony Perottiというベローナ郊外にある町が発祥の家族経営の鞄屋さんの商品を多く売っています。私好みのトラディショナルなテイストがいい感じのブランドです。今の為替レートであれば、我々にも買えてしまい、今回はここで大量購入致しました。
当家のハンター達にも満足してもらえた模様です。
d+(60)1_convert_20120825113847.jpg
手前が今回私が手に入れたレザーブリーフです。€215でした。日本でこの種のイタリアものを買うと最低6万円はします。うしろは昨年シエナで手に入れた少し大きめのブリーフケースです。Cuoieria Fiorentina というトスカーナの工房のものです。€190でした。同じく日本では最低8万円くらいでしょうか。このタイプは Tony Perotti だと€430くらいです。Fiorentina が如何に安いかという事になります。両ブランドともネットで買えます。一度ご覧ください。
IMGP1410_convert_20120831211108.jpg
妻は MONTINI という知る人ぞ知る 工房ブランドのバッグを2つゲット。左は€138、右は€188でした。かなりお買い得です。このブランドは ZOZOTOWN でも売られており信頼あるワークマンシップのイタリアンメイドのようです。




d+(64)_convert_20120825113913.jpg
共和国広場の老舗カフェ Gilli(ジッリ)で ジェラートを頂きました。高ーーーーーーいアイスクリームでしたが。特にコーヒー味が絶品でした。


d+(66)_convert_20120825113957.jpg
ミニバスが便利だそうです。
d+(67)1_convert_20120825114021.jpg
チェントロを後にし駅に向かいます。
d+(68)_convert_20120825114104.jpg

d+(68)1_convert_20120825114130.jpg
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会です。

フィレンツェの滞在時間は4時間40分でした。
フィレンツェ好きの日本人はかなり多いと思います。フィレンツェにあこがれフィレンツェを最終目的地としてイタリアに来るのです。私達は4時間40分しかいないのです。罰あたりな奴らでしょうか?
しかし南トスカーナの田舎に魅せられてしまった私は、これで十分なのであります。もちろん、フィレンツェはルネッサンス情緒溢れるとても素敵な町だと思います。ミラノの数十倍好きな町です。でも、数百倍好きなオルチャやマレンマやクレーテ・セネージに比べると4時間40分なのであります。











d+(69)_convert_20120825114156.jpg
空港に向かうタクシーです。お守りにお嬢さんの靴をぶら下げているのでしょう。








d+(71)_convert_20120907073857.jpg
ペレトラ空港です。
d+(73)_convert_20120907074001.jpg
この小さな四発ジェットがカッコイイのです。
d+(74)_convert_20120907074115.jpg
ルフト機でフランクフルトに向かいます。





d+(76)_convert_20120908154520.jpg

d+(81)_convert_20120908154556.jpg
雲が綺麗です。二度と同じ雲の風景は見れないのであります。一生にたった一度の風景との出会いなのであります。雲が好きです。





d+(83)_convert_20120908154639.jpg
ライン川上空










d+(88)_convert_20120908154728.jpg

トスカーナを離れ 南ドイツ リューデスハイム が目的地です。
当家のサマーホリデイズはまだまだ続きます。




Arrivederci Toscana !
  1. フィレンツェ・シエナ
  2. / trackback:0
  3. / comment:7
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

 

プロフィール

Granpa di Itosugi

Author:Granpa di Itosugi
La mia cosa favorita・・・・・・
Toscana・Jazz Piano
Bossa Nova Guitar
Mini Cooper・Buell・Tennis
Fotografia・Viaggio・・・・・
e così su

itosugi

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -