トスカーナの風景をこよなく愛するおじんのブログです。

チャーオ!トスカーナ ’糸杉につつまれて’

f+(65)_convert_20120909224745.jpg


8月17日(金) 最終日です。ラインクルーズです。絶好のクルージング日和です。




f+(1)_convert_20120825123429.jpg
MINI は大阪に置いて来たはずなのに、部屋の前に??????? ってなジョークで本日のスタートです。
f+(1)1_convert_20120825123535.jpg
KDラインのクルーズ船乗船の為に、坂を下り船着き場に向かいます。





f+(3)_convert_20120825123643.jpg
9時15分発コブレンツ行きです。
f+(4)_convert_20120825123727.jpg

f+(5)_convert_20120825123752.jpg

f+(6)_convert_20120825123832.jpg



f+(14)_convert_20120908195616.jpg
出帆です。
f+(15)2_convert_20120908195703.jpg
川からの目線はまた違ったものが有ります。


f+(17)_convert_20120908195745.jpg
世界遺産「ライン渓谷中流上部」です。 ビンゲン・コブレンツ間 65kmの区間が登録されています。この間、橋は一本も架かっていません。
古城が立ち並ぶ「古城銀座」です。

f+(28)_convert_20120908200533.jpg
鉄道好きにはたまらないドイツ共和国であります。






f+(20)_convert_20120908195834.jpg

f+(22)_convert_20120908200032.jpg

f+(25)_convert_20120908200430_20120908202956.jpg









f+(39)_convert_20120908200609.jpg
美しいドイツの町並みです。






f+(44)_convert_20120908200755.jpg

f+(46)_convert_20120908201009.jpg









f+(48)_convert_20120908201052.jpg






f+(49)_convert_20120908201145.jpg


f+(53)_convert_20120825130732.jpg







f+(59)_convert_20120908201430.jpg

f+(60)_convert_20120908201518.jpg
フファルツ城(通行税徴収施設)












f+(70)_convert_20120903180657.jpg
昨日、昼食を取った「シェーンブルク城」が見えてきました。
f+(77)_convert_20120903180729.jpg




f+(86)_convert_20120825131112.jpg
オーバーヴェーゼル
f+(88)_convert_20120825131141.jpg

f+(95)_convert_20120825131208.jpg

f+(96)_convert_20120825131301.jpg

f+(97)_convert_20120908201726.jpg








f+(103)_convert_20120825131417.jpg
ローレライにさしかかりました。


ローレライ (ドイツ語: Loreley) は、ライン川流域の町ザンクト・ゴアルスハウゼン近くにある、水面から 130 m ほど突き出た岩山のことであり、スイスと北海をつなぐこの河川でも一番狭いところにある。

流れが速く、水面下に多くの岩が潜んでいるため、かつては航行中の多くの舟が事故を起こした場所である。現在は幾度にも渡る工事により大型船が航行できるまでに川幅が広げられ、岩山の上には、ローレライセンター (Besucherzentrum Loreley) が建てられている。

ローレライ伝説は、上述のようにローレライ付近が航行の難所であったことが、ローレライにたたずむ美しい少女に船頭が魅せられ、船が川の渦の中に飲み込まれてしまう、という伝説に変化したものである。

ライン川下りは、ドイツの観光として有名であるが、ローレライ周辺は、ブドウ畑や古城が建ち並ぶ、見所の多い辺りである。また、この岩山に向かって叫ぶと木霊が返ってくるため、舟人たちの楽しみにもなっていたともいわれている。

ハインリヒ・ハイネの詩でも有名である。(from wikipedia です。)



f+(105)_convert_20120825131442.jpg





f+(110)_convert_20120825131512.jpg

f+(114)_convert_20120908201948.jpg







f+(118)_convert_20120825131708.jpg
ねこ城





f+(123)_convert_20120825131826.jpg
サンクト・ゴア到着



f+(129)_convert_20120908205750.jpg









f+(132)1_convert_20120825131921.jpg

f+(136)_convert_20120825131943.jpg
またまた戦闘機です。
f+(143)_convert_20120825132057.jpg




f+(144)_convert_20120825132121.jpg
人気 NO.1 ゲーテ号です。




大きな地図で見る











f+(153)_convert_20120908202322.jpg
ボッパルト到着
f+(156)_convert_20120908202422.jpg
川辺に素敵なホテルが立ち並びます。
f+(160)_convert_20120908202456.jpg




f+(161)_convert_20120825132325.jpg
リフト乗り場に ミニトレインで向います。




f+(162)_convert_20120826201155.jpg

f+(163)_convert_20120825132350.jpg

f+(164)_convert_20120826201244.jpg

f+(166)_convert_20120903180809.jpg




f+(167)_convert_20120903180838.jpg

f+(170)_convert_20120903180910.jpg

f+(178)_convert_20120903182023.jpg






f+(175)_convert_20120825132612.jpg
妻は高いところが苦手で、固まっています。
f+(176)_convert_20120825132651.jpg
















f+(188)_convert_20120903181023.jpg
頂上レストランでランチです。本日も「絶景ランチ」になりました。
ラインがΩ型にターンしているのはここだけだそうです。気持ちのいいランチです。

f+(189)_convert_20120903181049.jpg


f+(193)_convert_20120903181443.jpg

f+(194)_convert_20120903181328.jpg





f+(198)_convert_20120825133036.jpg

f+(199)_convert_20120903181359.jpg




f+(207)_convert_20120825133132.jpg

f+(208)_convert_20120826201327.jpg

f+(209)_convert_20120825133158.jpg
離陸です。
f+(211)_convert_20120903182139.jpg





f+(216)_convert_20120825133348.jpg
このボリュームです。
手前のドイツのとんかつは美味しかったであります。

f+(217)1_convert_20120903182204.jpg
超満足の絶景ランチでありました。2日続けての「大満足ランチタイム」です。









f+(225)_convert_20120825133438.jpg

f+(226)_convert_20120825133526.jpg
おとなしすぎる妻であります。




f+(227)_convert_20120903182232.jpg

f+(228)_convert_20120903182301.jpg

f+(229)_convert_20120903182331.jpg

f+(231)_convert_20120903182406.jpg













f+(238)_convert_20120825160704.jpg
自動車の国ドイツもクラシックカーマニアが多いです。
f+(241)_convert_20120825160735.jpg




f+(239)_convert_20120826201407.jpg
駅まで歩きます。
ドイツツアーはトスカーナ以上に歩きます。





f+(242)_convert_20120903182435.jpg
先ほどのテラスレストランが見えます。








f+(245)_convert_20120825160918.jpg
帰りは鉄道を利用。無人駅自動販売機。ドイツでは初めてですが、難なく購入。もう慣れました。
f+(250)_convert_20120825161040.jpg




f+(251)_convert_20120825161124.jpg

f+(253)_convert_20120825161217.jpg




f+(258)_convert_20120825161246.jpg
BINGEN RHEIN STADT駅で下車。フェリー乗り場まで、徒歩25分。ビンゲンは「マレンマ マイアーレ!!!」な町でありました。


f+(259)_convert_20120825161344.jpg
また、タクシーを呼んでくれた、CSMという会社の前を通りました。縁が有ります。「株式会社 CSM」さんです。



f+(263)_convert_20120825161616.jpg
フェリーに飛び乗りました。


f+(266)_convert_20120908211002.jpg
フェリーからホテルまで、徒歩20分。本当に良く歩きました。





f+(269)_convert_20120825162215.jpg
最後の晩餐は、超有名店 リューデスハイマー・シュロスでいただきました。
f+(271)_convert_20120903182606.jpg



f+(274)_convert_20120825162432.jpg

f+(275)_convert_20120903184111.jpg


f+(276)_convert_20120825162545.jpg

f+(278)_convert_20120825162645.jpg












g+(1)_convert_20120903184139.jpg
8月18日(土)フランクフルト空港へ予約したハイヤーで向う。
g+(5)_convert_20120903184311.jpg

g+(10)_convert_20120903184433.jpg




「2Eはもういや!!!!」から始まった、我がファミリーの南トスカーナ&南ドイツツアーでありましたが、なんとかみんな元気に、帰国の途につくことが出来ました。トスカーナとドイツという全く文化の違う2つのエリアを巡りましたが、欧州は本当に美しい地域です。ますます、ますます、ハマってしまいそうです。
既に来年のホテルはほぼすべて予約致しました。ナポリ・アマルフィー・カステルッチョ・アッシジ・トスカーナ南部を巡ります。今から行くことを決意することで、また1年間頑張れるのです。ブルーの海と褐色のトスカーナのコントラストが今から楽しみです。

CIAO TOSCANA ABBRACCIATO DAI CIPRESSI ・・・・・・・・・

スポンサーサイト
  1. ドイツ
  2. / trackback:0
  3. / comment:8
  4. [ edit ]

e+(1)_convert_20120903175308.jpg
8月16日(木) 南ドイツ ラインクルーズの起点となる町 リューデスハイム アム ライン の Hotel Horn の朝食です。値段は申し上げませんが、極めて安価で非常に綺麗で朝食も非常に満足出来るホテルでした。家族経営の小さな心配りの行き届いたホテルです。Hotels.comでとりました。安価すぎて期待していなかったので、嬉しさ倍増です。
e+(2)_convert_20120903175912.jpg

e+(5)_convert_20120903175938.jpg
今回は少し量を「お上品に」しました????
e+(9)_convert_20120825114744_20120901145240.jpg



e+(11)1_convert_20120825114818.jpg
レストランのある本館です。
e+(11)2_convert_20120825114839.jpg
我々が泊まった別館です。風情があります。




e+(14)_convert_20120825114903.jpg
朝食を終え、町を散策、ゴンドラ乗り場に向かいます。
煉瓦色や古い石造りの雑然と整然が同居するトスカーナの家並みとは違います。美しい整然としたドイツの家並みです。私には少し綺麗すぎるリューデスハイムです。
e+(15)_convert_20120825114929.jpg
朝9時、ゴンドラ乗り場は人でいっぱいです。


e+(18)_convert_20120903180004.jpg
眼下に街並みとぶどう畑が広がります。
e+(23)_convert_20120903180030.jpg
頂上駅 ニーダーヴァルト に向かいます。



e+(28)_convert_20120903180057.jpg
ライン川 リューデスハイム ゴンドラリフト 絶景です。
e+(36)_convert_20120825115116.jpg


e+(38)_convert_20120903180310.jpg
対岸の街ビンゲンです。我々にはちょっときつい町 Bingen になります。





e+(39)_convert_20120825115236.jpg
ドイツの守り神 ゲルマニアの女神です。
e+(39)4_convert_20120825115303.jpg

e+(39)5_convert_20120825115325.jpg






e+(44)_convert_20120903180402.jpg


e+(50)_convert_20120903181749.jpg

e+(51)_convert_20120903181821.jpg

e+(53)1_convert_20120903180510.jpg











e+(60)_convert_20120825115610.jpg
この町のメインストリート Drosselgasse(ドロッセルガッセ)つぐみ横丁です。
e+(62)_convert_20120825115644.jpg

e+(67)2_convert_20120825115733.jpg
ドイツのクリスマスは賑やかで有名です。シーズンになると至るところでクリスマス市が開かれますが、年じゅうこの種の飾り物が売られています。e+(68)_convert_20120908161746.jpg

e+(71)_convert_20120825115900.jpg








e+(70)_convert_20120903180538.jpg





e+(72)_convert_20120825115935.jpg
フェリーでビンゲンに渡るために、町はずれのフェリー乗り場に向かいます。(そこそこ距離があります。)
e+(75)_convert_20120825120036.jpg



e+(76)_convert_20120826201000.jpg

e+(79)_convert_20120908154923.jpg








e+(81)_convert_20120908155014.jpg
古城ホテル シェーンブルク城に行くために対岸に渡るのであります。ビンゲンからコブレンツまでの65kmが世界遺産なのですが、橋が1本も架かっていません。フェリーを利用します。
e+(89)_convert_20120907080651.jpg


e+(91)_convert_20120908193404.jpg








e+(92)_convert_20120825120318.jpg
私の Google Earth のプリントアウトに情報上の不備が有り、ビンゲンの駅に行くつもりが反対に歩いてしまいました。途中気が付き、交差点でタクシーを待ちましたが、ここはドイツ、来ることは有りません。また、来ても流しを拾うことはほぼ不可能に近いはずです。公園で日向ぼっこをしているおばあさんに、ビンゲン駅までの時間を聴きましたが、15分と答えました。また、タクシーはいるかとの問いには、笑って首を横に振りました。(いるわけないでしょ・・・という感じです>)そうしたら、そこの会社の事務所でタクシーを呼んでもらいなさい・・・と言いました。そこで、思い切って目の前にあるオフィスに入り、事情を話し、タクシーを呼んでもらいました。非常に親切にして頂き、有難く思いました。そこで記念写真です。
e+(93)_convert_20120825120343.jpg

e+(95)_convert_20120908155204.jpg
タクシーがこんなに愛おしく思ったのは、5年前のストラスブールに次いで2回目です。(夜11時ストラスブール空港 タクシー待ち70人 タクシー ゼロ 日本で言えば仙台空港にタクシーが一台も待っていない感じでしょうか?)
e+(94)_convert_20120908193814.jpg







e+(97)_convert_20120825120507.jpg

e+(98)_convert_20120908193903.jpg
有名な フファルツ城 です。
e+(101)_convert_20120825120602.jpg
シェーンブルク城が見えてきました。




大きな地図で見る






e+(102)_convert_20120826201054.jpg
なんとか着きました。さっきの事務所の方々に感謝です。
e+(103)_convert_20120825120636.jpg

e+(112)_convert_20120825120719.jpg

Burghotel auf Schoenburg (古城ホテル アウフ シェーンブルク)

1166年に皇帝が家臣に与えた城で、その後増築が繰り返され今の形になりました。
今は、ホテル兼レストランとして営業しており、日本でもテレビで良く紹介されています。

シェーンブルクは「美しい城」という意味です。burgは城 bergは山という意味です。ドイツにはこの文字が付く地名がかなり多いです。(ハンブルグ、ハイデルベルグ、ローテンブルクetc.)





e+(114)_convert_20120825120747.jpg
テラスレストランでフルコースランチとなりました。さっきのタクシーGETから、幸運の女神がほほ笑んでくれているのです。予約なしで、このレストラン最高のテラスボックスに通されたのです。他の席はほぼ満席でした。遅めのランチだったので、先客が去ったあとに我々が入店したのでしょう。本当にラッキーでした。
e+(116)_convert_20120825120815.jpg
オーバーヴェーゼルの町が眼下に見えます。
e+(118)_convert_20120825120841.jpg

e+(125)_convert_20120825120913.jpg





e+(128)_convert_20120825120947.jpg
迷路のような古城の内部です。
e+(129)_convert_20120825121013.jpg

e+(132)_convert_20120825121039.jpg
数ヶ月前の欧州鉄道の旅というTV番組でこのホテルが紹介されていました。また、数年前、米倉涼子さんもTV番組でこのホテルに泊まっていました。有名すぎるホテルですが、しっとりとしたいい時間が過ごせたのであります。






e+(136)_convert_20120825121127.jpg
ライン上空を戦闘機が訓練していました。これもドイツなのです。
e+(138)_convert_20120825121156.jpg

e+(144)_convert_20120903180602.jpg








e+(149)_convert_20120825121412.jpg

e+(151)_convert_20120825121447.jpg


e+(154)_convert_20120903181937.jpg
イタリアでは屋根の色は赤レンガの色です。ここではチャコールグレイです。
e+(145)_convert_20120825121304.jpg
リッチなリッチなランチでした。デザートをいただいて、絶景古城ホテルを後にします。
e+(160)_convert_20120825121614.jpg





e+(162)_convert_20120825121705.jpg
綺麗な給仕のお嬢さんと記念撮影です。
e+(164)_convert_20120825121735.jpg
有難う シェーンブルク・・・・・・・でした。







e+(169)_convert_20120907080806.jpg

e+(171)_convert_20120907080920_20120907081221.jpg
フェリーに乗り リューデスハイム に戻って来ました。
e+(176)_convert_20120907081019.jpg
明日はKDラインでラインクルーズです。
e+(183)_convert_20120825122007.jpg








e+(186)_convert_20120825122039.jpg

e+(188)_convert_20120825122107.jpg

e+(191)_convert_20120825122136.jpg






e+(192)_convert_20120825122212.jpg
ドイツにもハーレー野郎はかなり多いです。
e+(196)_convert_20120825122244.jpg

















e+(200)_convert_20120825122431.jpg


夕食後、また私一人で、夜景撮影です。一挙公開です。リューデスハイムの夜をお楽しみください。


e+(201)_convert_20120825122511.jpg

e+(203)_convert_20120825122625.jpg







e+(205)_convert_20120825122718.jpg

e+(207)_convert_20120825122746.jpg

e+(209)_convert_20120825122815.jpg




e+(216)_convert_20120825122849.jpg

e+(219)_convert_20120825122913.jpg







e+(221)_convert_20120825122945.jpg

e+(222)_convert_20120825123028.jpg








e+(224)_convert_20120825123101.jpg

e+(225)_convert_20120825123131.jpg

e+(230)_convert_20120825123156.jpg

e+(233)_convert_20120825123225.jpg




e+(234)_convert_20120825123250.jpg

明日は、最終日、ラインクルーズです。どんな風景そしてハプニングが待っているのでしょうか?

Buona notte (ドイツですが)

  1. ドイツ
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

 

プロフィール

Granpa di Itosugi

Author:Granpa di Itosugi
La mia cosa favorita・・・・・・
Toscana・Jazz Piano
Bossa Nova Guitar
Mini Cooper・Buell・Tennis
Fotografia・Viaggio・・・・・
e così su

itosugi

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -