トスカーナの風景をこよなく愛するおじんのブログです。

チャーオ!トスカーナ ’糸杉につつまれて’

 NG+(1)_convert_20130129142331.jpg



 「冬は夜景、イルミネーションがいい!」・・・・・・2013年第2弾は長崎・ハウステンボスを訪れました。先々週の白川郷が「静」なる光のファンタジーと言うなら、ハンステンボスは「華麗」なる光のファンタジーでありましょう。日本でも最も美しいであろう冬のファンタジーに続けて訪れることが出来たことを幸せに思います。










NG+(3)_convert_20130212180453.jpg

 2月9日(土)神戸空港発スカイマークエアラインで長崎空港に向かいます。

NG+(7)_convert_20130212180522.jpg

 港町神戸を眼下に・・・・綺麗な街です。

NG+(9)_convert_20130212180654.jpg

 畑のパレットが美しい九州に入りました。

NG+(10)_convert_20130212180724.jpg

 赤いハートが可愛いスカイマーク機です。







NG+(15)_convert_20130212180752.jpg

 ハウステンボス行きの高速船です。約50分で到着です。









NG+(17)_convert_20130212180833.jpg

NG+(20)_convert_20130211184152.jpg

 桟橋に着くともうそこは「ヨーロッパ」です。いつもは12時間のフライトが必要なのに、あっという間に「欧州」に到着です。
 イミグレーション(入場券購入)を抜け、まずは今夜のホテル「日航ハウステンボス」に・・・・荷物を預け、アムステルダム????いやブルージュ????の散策スタートです。

NG+(26)_convert_20130212180907.jpg

 最近の私の欧州便は、ほとんどが「KLM」機です。アムステルダムトランジットでトスカーナに入ります。スキポール空港は本当になじみの有る空港になりました。ショップのロケーションもほぼ覚えてしまいました。・・・しかし、オランダを旅したことが有りません。唯一、数年前、5時間もあるトランジットの際にバスツアーでアムステルダムの町に入ったのみです。運河沿いの煉瓦造りの家並みは美しくハートフルでありました。今度はゆっくり・・・・とも思いました。しかし、年に何度も欧州に行くことは出来ません。やっぱり、イタリア、そしてトスカーナに向いてしまいます。また、トスカーナの丘陵風景に魅力を感じる私は、フラットな地形が好きになれません。オランダやベルギーは超フラットな国土が特徴なのであります。しかし、私の友人がベルギーの「ブルージュ」が世界で一番好きと言っていました。そのことが頭の中に残っており、いつかはブルージュに行こうと思っています。写真でしか見た事のないブルージュ・・・その風景がこの日本で私の目の前に・・・・・・・半端ではないハウステンボス・・・・いったい誰がこんなものを造ってしまったのか? 初めてのハウステンボスでありますが、心が高揚するのを感じました。

NG+(30)_convert_20130212180938.jpg

 長崎名物「トルコライス」です。ひとつの皿に、ピラフとスパゲッティそしてカツを乗せた、「大人のお子様ランチ」です。在りし日の百貨店のレストランでのAランチを思い出しました。大人のお子様ランチ・・この乗りは嫌いではありません。








NG+(31)_convert_20130211184313.jpg

 食後は、シンボルタワー「ドムトールン」(105m)の展望台から全景をチェックです。
 オランダのユトレヒトという街のドム教会の塔をモデルに造られたほぼ1分の1のレプリカです。

NG+(34)_convert_20130212181015.jpg

 こんにちは。 Granpa e Granma di Itosugi です。二人で122歳になります。とくとく入場セット5700円が60歳以上シニア割引で5200円になりました。ラッキーです(*^_^*)が微妙です(;一_一)。






NG+(47)_convert_20130212181049.jpg

NG+(51)_convert_20130212181146.jpg

NG+(53)_convert_20130212181218.jpg

 至る所にそして丁寧に欧州を感じさせてくれるハウステンボスです。





NG+(56)_convert_20130212181257.jpg

 別荘エリアです。売り物件もあるようです。敷地100坪強、ゆったりとした2LDK2階建てで3500万円くらいです。高額物件で1億円くらいだそうです。クルーザーも横付け出来ます。マイケル・ジャクソンもその完成度の高さを絶賛した本物のヨーロッパ・・ハウステンボス・・そしてそれを毎日感じることのできる長崎県佐世保市ハウステンボス町での暮らしもいいですよね。憧れてしまいます。宝くじ4億円・・・・・夢のまた夢です。



NG+(59)_convert_20130212181332.jpg
 カナルクルーザーで市街地に戻ります。
NG+(61)_convert_20130212181416.jpg
 船内も情緒満点です。どこまでも本物志向のハウステンボスです。
NG+(63)_convert_20130212181453.jpg
 シャボン玉が運河に飛来しました。
NG+(65)_convert_20130212181531.jpg
 1軒如何ですか?????(;一_一)
NG+(67)_convert_20130212181614.jpg











NG+(71)_convert_20130212181646.jpg
  カフェの内装もセンスフルです。
NG+(72)_convert_20130212181741.jpg
 オランダが故郷のミッフィーは、ハウステンボスのメインキャラクターです。








NG+(74)_convert_20130211184345.jpg

 まじ・・・・アムステルダム・・・・です。

NG+(76)_convert_20130212181833.jpg

NG+(79)_convert_20130211184442.jpg

 私は、トスカーナ好き・イタリア好き・ヨーロッパ好きであります。欧州への渡航回数は20回を超えています。その私が、自分がどこに居るのか錯覚してしまう本物のヨーロッパがここには有るのです。本当に丁寧に超本格的にオランダを再現しています。初めてのハウステンボスですが、はまってしまいそうです。
 今回のツアー料金はフライトとホテルで一人27500円です。入場料・移動費用・食事代を入れてもハウステンボスだけなら4万円もかかりません。また、フライトを行き朝便・帰り夕刻便にしたために1万円のアップチャージがかかっています。これを行き昼便、帰り朝便にし、黄昏そして夜のハウステンボスを楽しむということなら総額3万円で可能です。欧州に行きたくてたまらない、しかし金も時間も無い、ハウステンボスは欧州好きにはつよーーーーーーい、つよーーーーーい味方であると思います。


NG+(83)_convert_20130212181917.jpg

 どこからでも見えるランドマーク「ドムトールン」です。

NG+(84)_convert_20130211185358.jpg

 ホテルアムステルダムの中庭です。平日1部屋20000円、土曜日33000円(食事なし)くらいです。広場に面したヨーロッパムード満載の素敵なホテルです。

NG+(84)1_convert_20130212181959.jpg
 
 何故かスーパーセブンなのです。

NG+(92)_convert_20130212182035.jpg

 煉瓦の色がいかにもオランダです。



NG+(94)_convert_20130212182105.jpg
 
 ワンピースとのコラボフェア、コラボアトラクションが開催中です。

NG+(95)_convert_20130212182136.jpg

 グランオデッセイというアトラクションです。写真を撮られ、コンピューター処理された、自分の顔をしたスペースソルジャーが出てきます。映画に出演です。ちなみに右上が妻、中断の左端が私です。













NG+(99)_convert_20130212182212.jpg

 アトラクションを出ると、すっかりあたりは暗くなっていました。さあ、待ちに待ったイルミネーションの点灯です。おそらく今の日本で、いや世界で最も美しい夜景のはじまりです。

NG+(100)_convert_20130211185513.jpg

 春はチューリップ畑になります。今は光のチューリップが咲き誇っています。

NG+(102)_convert_20130212182303.jpg










NG+(108)_convert_20130211185556.jpg



 カナルクルーザーもライトアップされています。運河に映るファンタジックな風景がたまりません。









NG+(109)_convert_20130211185630.jpg




  夢のような風景が広がっています。




NG+(111)1_convert_20130212182820.jpg


 ドムトールンも華麗な姿を現しました。 


NG+(113)_convert_20130211192734.jpg

 光のアーケードそしてドムトールンです。

NG+(120)_convert_20130211192810.jpg

 大観覧車からのハウステンボスです。なんという景色でしょうか。妻も私もうっとり・・・ロマンティックな雰囲気に・・・・・二人だけの密室です。・・・・・そのあとはご想像下さい。二人合わせて122歳です。

NG+(122)2_convert_20130212182924.jpg









NG+(124)_convert_20130211192904.jpg

NG+(126)_convert_20130212183002.jpg

NG+(127)_convert_20130212183038.jpg















NG+(131)_convert_20130211192952.jpg


 運河に映える光のファンタジーです。

NG+(133)_convert_20130211193059.jpg

 カナルクルーザーが走りぬけてゆきます。





NG+(136)_convert_20130212183325.jpg

 光溢れるハウステンボスです。




NG+(137)_convert_20130212183354.jpg

NG+(138)_convert_20130212183430.jpg









NG+(141)_convert_20130211193139.jpg

またまた、ドムトールン展望台です。夜は一層魅力的な風景が広がります。いつまでも見ていたいイルミネーションナイトです。

NG+(143)_convert_20130211193220.jpg

NG+(146)1_convert_20130212183534.jpg

NG+(147)_convert_20130212183624.jpg












NG+(149)_convert_20130211193316.jpg


 光の観覧車が運河に映えてファンタジックな色合いを見せてくれます。


NG+(151)2_convert_20130212183727.jpg

NG+(152)_convert_20130212184109.jpg

NG+(153)_convert_20130212184209.jpg













NG+(155)_convert_20130211193355.jpg

 広場では、仮面舞踏会が開催されていました。一瞬、日本に居ることを忘れてしまいました。いつもはシャイな妻も、嬉しそうに、体をくねらせていました。そんな、素敵なひと時を与えてくれるハウステンボスです。


NG+(156)_convert_20130212185508.jpg

 建物は、白い光でライトアップされ、美しく魅惑的にたたずんでいます。






NG+(158)_convert_20130212185537.jpg

NG+(160)_convert_20130211193445.jpg

NG+(161)_convert_20130212184820.jpg

NG+(162)_convert_20130211193516.jpg

NG+(163)_convert_20130211193555.jpg

NG+(167)_convert_20130212184927.jpg

IMGP7536_convert_20130214094307.jpg

広場で、かきフライホットドッグ・オイスターポタージュ・えびカレーをケータリングワゴンでゲット、仮面舞踏会の活気を感じながら、さむーーーい、さむーーーい、でも魅惑的な空気の中でアウトドアディナーを頂きました。












NG+(168)_convert_20130211193651.jpg

 
 おなかも膨れ、時は9時を過ぎ、ホテルに帰る事にしました。人もまばらになり、ドムトールンもしっとりと人々の家路を見送っているようでありました。 





NG+(172)_convert_20130211193821.jpg


 ほんとうに素敵なひと時を与えてくれたハウステンボス。日本の冬のほんのひと時ではありましたが、ほんとうにほんとうに大感激のショートオランダツアーでありました。


 株式会社ハウステンボスは、経営破たん後、HISの子会社となり辣腕社長の手により超優良企業に生まれ変わりました。前期決算数値は、売上高150億円、営業利益率16%、自己資本比率65%、従業員数1080人という実績を誇っています。経営破たんはしたけれども、こんなすごいものを創ってしまった創業経営者、採算を考えたならばこんなものは生まれなかったでありましょう。ロマンチストであったからこそ出来たのであります。そして、破たん後それを救ったHIS、そしてその会長。素晴らしい経営者の手によって生まれ変わったハウステンボス。こんな夢の施設を創ってくださったロマンチストの創業者、再建を果たした超有能な経営者、お二人をたたえたいと思います。ハウステンボス(Huis Ten Bosch)=直訳すると「森の家」、現在ベクトリアス女王が実際住んでいる宮殿「パレス・ハウステンボス」から、その名前 が取られています。「森の家」にはまってしまった Granpa di Itosugi であります。








NG+(176)_convert_20130212185011.jpg

NG+(177)_convert_20130212185157.jpg

 今夜の宿、ホテル日航ハウステンボスであります。正面ゲートからすぐのロケーションです。専用ゲートから自由に出入りが可能です。非常に便利なホテルであります。内着が用意されており、それでレストラン以外の往行が可能です。大浴場も有ります。リラックスできるちょっとお洒落な大衆ホテルです。


















NG+(180)_convert_20130212185642.jpg

 2013年2月10日(日)快晴の長崎県佐世保市ハウステンボス町です。JRで長崎に向かいます。

NG+(184)_convert_20130212185712.jpg

NG+(186)_convert_20130212185743.jpg

 去年の夏に訪れたライン河畔の風景が思い出されるハウステンボス町です。未だ夢心地です。出国出来ていない心持ちです。

NG+(190)_convert_20130212185816.jpg

 ドムトールンともお別れです。ヨーロッパが恋しくなったら、また来ようと思います。一人3万円也の欧州ツアー利用にて・・・・・・・。











NG+(192)_convert_20130212185850.jpg

 快速シーサイドライナーです。この車両を見たとたん、日本に瞬間移動しました。さあ、異国情緒漂う日本の長崎に向け出発です。

NG+(197)_convert_20130212185934.jpg

 長崎駅は、日本でも数少ない、突きあたりのある「終着駅」です。










NG+(201)_convert_20130212190011.jpg

 路面電車で目的地「大浦天主堂下」に向かいます。

NG+(202)_convert_20130212190041.jpg

 トラディショナルな運転席に風情を感じます。












NG+(207)_convert_20130212190144.jpg

 異国情緒、オランダの香りを感じる大浦天主堂前広場です。









NG+(209)_convert_20130212190213.jpg

 かの有名なグラバー園です。マダムバタフライに会えるでしょうか???

NG+(211)_convert_20130212190332.jpg

 グラバー園からの長崎港風景です。世界でも最も美しい港と言われている長崎港です。

NG+(213)_convert_20130212190403.jpg







NG+(215)_convert_20130212190441.jpg

 坂の町長崎と大浦天主堂です。タオルミーナ的な情緒を感じます。



NG+(216)2_convert_20130212190600.jpg

 今回はモノトーンでまとめてみました。ポーターのタンカースプチショルダーがコンビニエントです。


NG+(218)_convert_20130212190639.jpg

NG+(219)_convert_20130212190720.jpg

NG+(220)1_convert_20130212190926.jpg







NG+(227)_convert_20130212190803.jpg

 マダムバタフライの後ろを歩く妻の姿に、私も着てみたいわ!!!という思いを感じる今日この頃です。


NG+(230)_convert_20130212191027.jpg

 かなり上まで登ってきました。思ったより、ひろーーーーーーーい、グラバー園です。

NG+(235)_convert_20130212191056.jpg

 オリンパス・マイクロフォーサーズはすぐれものです。
 被写体を狙う姿も板についてきました。







NG+(242)_convert_20130212191128.jpg
 
 オランダ坂です。今日もよく歩いています。もうすぐお昼にありつけます。あとひと頑張りです。

NG+(246)1_convert_20130212191153.jpg

 61歳の Granpa も頑張っています。












NG+(256)_convert_20130212191225.jpg
 
 中華街にやってきました。春節祭(ランタンフェスティバル)でめちゃめちゃ賑わっていました。


NG+(264)_convert_20130212191301.jpg

 獅子舞もお出ましです。長崎情緒です。



NG+(267)_convert_20130212191327.jpg

 ちゃんぽん・皿うどんの有名店「桃華園」でお昼を頂きました。



NG+(268)_convert_20130212191409.jpg












NG+(269)_convert_20130212191436.jpg

 桃華園から徒歩5分で「出島」に到着です。

NG+(275)_convert_20130212191509.jpg

NG+(277)_convert_20130212191542.jpg

NG+(281)_convert_20130212191611.jpg

 資料館で柄にもなく歴史の勉強です。













NG+(290)_convert_20130212191642.jpg

 夕焼けの長崎空港を後にし神戸空港に向かいます。

NG+(291)_convert_20130212191706.jpg

 1泊2日のオランダ旅行ももう終わりです。旅の終わりは、いつもいつも物悲しいものです。楽しいことが終わってしまうことへの恋慕の情がこみ上げてきます。「非日常」は刺激的かつファンタジックです。これからも、「非日常」をでっち上げ、好奇心を忘れることなく、人生の最終コーナーをコースアウトぎりぎりのスピードで、チャレンジしてゆきたいと思っております。


 il favorito ・・・Nagasaki - Huis Ten Bosch

Buona Notte
スポンサーサイト
  1. 日本の冬
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

skg+(1)_convert_20130129142025.jpg


 2013年1月26日(土)日本海側に大雪、吹雪の予報が出ているさなか、白川郷ライトアップに乗り込んでまいりました。冬は夜景がいいのであります。冷え切った空気の中、光に映し出される「日本の風景は」趣があり、ファンタジックでもあります。雪の白とフュージョンした合掌家屋はそれはそれは美しいものでありました。零下6度摂氏もなんのその、とっても素敵な経験が出来たのであります。










 
skg+(2)_convert_20130129142127.jpg

 この時期の雪国ツアーはバスに限ります。今回は、泉州読売旅行の1泊2日「白川郷ライトアップ」を利用させて頂きました。以前から白川郷に行きたいと言っていた妻の妹も同行の3人でのバスツアーとなりました。
 泉大津~阪神高速道路~名神高速道路~東海北陸自動車道とつなぎ、岐阜・各務原を通過し数本のトンネルを抜けると・・・・・もうそこは「雪国」だった・・・のであります。



skg+(3)_convert_20130129142149.jpg

 またまたまた、「KOMBINAT BUS」であります。 直訳すると「工業団地バス」でありますが。岸和田市に本社を置くバス会社であり、岸和田市大阪湾岸の石油コンビナートにちなんだのでありましょうか?
 それにしても昨年11月、阪急交通社の紅葉バスツアーを2回利用しましたが、どちらも「KOMBINAT BUS」に乗せて頂きました。この赤と黒の毒々しい?カラーワークが白ベースが多いバスの中で非常によく目だち、見誤る危険が少ないのであります。いけてる「KOMBINAT BUS」であります。






skg+(4)_convert_20130129142213.jpg

 本番の前は、高山の古い街並みの散策です。雪がしんしんと降っていました。

skg+(5)_convert_20130129142239_20130129160654.jpg

skg+(6)_convert_20130129142305.jpg

 雪と古い日本の風景はナイスマッチングです。

skg+(7)_convert_20130129142331.jpg

 路面も雪に覆われており、白いキャンバスの上を歩く老姉妹もなんとなくビビッドです。

skg+(8)_convert_20130129142357.jpg






skg+(9)_convert_20130129142424_20130129161525.jpg

 61歳を過ぎたばーばでありますが、屈託のない妻の笑顔は40年前に知り合った時と寸分変わらないのであります。(;一_一)
 数年前の誕生日にプレセントしたエディーバウアーのロングダウンが威力を発揮していました。





skg+(10)_convert_20130129142450.jpg

skg+(11)_convert_20130129142518.jpg


skg+(12)_convert_20130129142546.jpg

 モノトーンの背景にモノトーンのSMARTが素敵です。












 高山を後にし再度東海北陸道へ・・・・ながーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいトンネルを抜けると、そこは「白川郷」だったのです。

skg+(13)_convert_20130129142623.jpg

 せせらぎ公園駐車場から村への唯一のアクセスが、この「であい橋」という吊り橋なのであります。
 シーズンにたった7日しか行われない「白川郷ライトアップ」に向け、多くの観光客がひたすら吊り橋を渡っていました。

skg+(14)_convert_20130129142652.jpg

skg+(15)_convert_20130129142720.jpg
 È scenario molto fantastico
skg+(16)_convert_20130129142748.jpg

skg+(17)_convert_20130129142828.jpg










skg+(18)_convert_20130129142855.jpg

 優美かつ清楚、そして歴史を感じさせてくれる姿に思わず「合掌」したくなります。



skg+(19)_convert_20130129142923.jpg

 NO.1撮影ポイント・・・・「みなもに映る合掌造り」です。






skg+(20)_convert_20130129142950.jpg



skg+(21)_convert_20130129143017.jpg

 頭に刺さらぬように要注意です。




skg+(23)_convert_20130129143117.jpg
荻町城跡展望台が見えます。ここからの風景が「Typical白川郷遠景」なのでありますが、本日は時間も足も無く諦めることにしました。でも十ーーーーーーーーーーーーーーー分に満足なファンタジック白川郷であります。
鬟幃ィィ+(26)g_convert_20130131085334
 ちなみに、2010年11月6日の展望台からのワンショットです。冬の展望台は、三脚、一脚とも禁止だそうです。手持ちでの夜景遠景は厳しいので、どこかにカメラを置き固定して撮る必要があります。5秒以上は開けたいものです。行かれる方はお心置き下さい。

 プロの撮られた壁紙写真をご紹介しておきます。f値8.0 ISO400 露出時間30秒です。(私も撮りたかったであります。)
sum_convert_20130131085255.jpg







skg+(22)_convert_20130129143049.jpg

 まるでトスカーナ南部の丘陵地帯のような雪景色であります。




skg+(24)_convert_20130129143157.jpg

skg+(25)_convert_20130129143252.jpg






skg+(26)_convert_20130129143326.jpg





skg+(27)_convert_20130129143357.jpg
 
 フラッシュを焚くと雪がまるでボールのように映ります。右端のでっかいのも大きな電球ではなく雪なのです。



skg+(28)_convert_20130129143428.jpg

 この丸いのは「灯り」です。

skg+(29)_convert_20130129145248.jpg

 摂氏零下6度です。


skg+(30)_convert_20130129145319.jpg

 荻町集落ともお別れです。
 本当に素敵な素敵な白川郷でありました。みんな大満足です。


skg+(31)_convert_20130129145350.jpg

 バスに戻り、本日の泊り・・・・富山県砺波温泉に向かいました。











skg+(32)_convert_20130129145427.jpg

 明けて27日(日)つかの間の青天の中、砺波ロイヤルホテルでの出発前の記念写真です。
 大和ハウスグループのホテルであり、予想以上のシンプルで素敵なホテルでありました。パッケージツアーということで、夕食も朝食も期待をしていなかったのでありますが、予想以上の内容であり、これもまた予想外の大満足でありました。


skg+(34)_convert_20130129145505.jpg

skg+(35)_convert_20130129150141.jpg

 お雛様が旅の無事を祈って見送ってくれました。





skg+(36)_convert_20130129150221.jpg

 ホテル近くの棚田雪景色であります。自然の造形美であります。




 





金沢兼六園にやって参りました。
skg+(36)1_convert_20130129150337.jpg

 冬の兼六園名物「雪吊り」です。

skg+(37)1_convert_20130129150401.jpg

 池は凍っています。

skg+(39)_convert_20130129150429.jpg

skg+(40)_convert_20130129150503.jpg


skg+(41)_convert_20130129150533.jpg

 小高い丘の上に有る兼六園から金沢の街景色が・・・Inverno・・・です。


skg+(42)_convert_20130129150558.jpg


skg+(43)_convert_20130129150628.jpg




skg+(43)1_convert_20130129150653.jpg

 今回の MY STYLE は、数年前に香港の空港で買った、ラルフローレンのキルトジャケットに、中はユニクロだらけのヒートなんやら的なウエアリングであります。カメラがすっぽり入るポーターのタンカースリトルショルダーはすぐれものです。パンツはリーバイスのアウトレット専用品番で1本3300円です。パッチをはいていないこの日は少し冷えております。

skg+(43)2_convert_20130129150958.jpg
 
 足元はダナーのゴアテックスハーフブーツです。撥水、防寒ともに超すぐれものであります。







skg+(44)_convert_20130129150721.jpg

skg+(45)_convert_20130129150754.jpg








skg+(46)_convert_20130129150823.jpg

 お昼は、近くのお寿司屋さんで、パッケージに組み込まれている、「海鮮寿司」を頂きました。色合いがとても綺麗な美味しい昼食でありました。

skg+(47)_convert_20130129150856.jpg
 
 人気NO.1おみや・・・・・中田屋さんの「きんつば」です。6個入り1050円です。甘さ控え目で美味しい和製スイーツです。



skg+(47)1_convert_20130129150930.jpg

 今度は、古布で作ったお雛様が、旅の無事を祈ってお見送りです。(ちなみに買ってはおりません。)

skg+(47)2_convert_20130129151448.jpg

 九谷焼専門店 「九谷満月」の名物社長 池端秀志氏です。テンポのいいしゃべりはプロ級であります。あやうく、人間国宝の作品100万円也・・を買ってしまいそうになりました。(;一_一)




skg+(49)_convert_20130129151057.jpg

 帰りの北陸道であります。大雪が続いております。冬には雪が良く似合います。本当に大満足の2日間でありました。
  1. 日本の冬
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

TYO+(0)_convert_20121227163059.jpg



 2012年12月25日 クリスマス ・・・・・ 東京 ・・・・・イルミネーション&ライトアップの 'Notte di Tokio'  を 撮り歩いてみました。



 その前に、大阪から移動中の新幹線、あまりにも綺麗な富士、思わずカメラを出してのワンショットです。


TYO+(1)_convert_20121227163156.jpg

TYO+(2)_convert_20121227163223.jpg
















TYO+(4)_convert_20121227163317.jpg

 さて、メインストーリーに入って参ります。
 
 まずは、丸の内仲通りです。230本の街路樹にシャンパンゴールドカラーのイルミネーション101万球が上品にお洒落に浮かび上がっていました。


TYO+(3)_convert_20121227163247.jpg

TYO+(5)_convert_20121227163344.jpg

 ビルの灯りとのコントラストがとっても美しい「東京丸の内」です。

TYO+(6)_convert_20121227163541.jpg

 仕事帰りのサラリーマン、そして恋人達・・・・・それぞれのクリスマスナイトを楽しんでいました。





TYO+(7)_convert_20121227163611.jpg

 東京駅前の中央郵便局もリニューアル、素敵にライトアップされていました。







TYO+(8)_convert_20121227163642.jpg

 東京駅丸の内サイドです。リニューアルされた、ルネサンス様式の駅舎が情緒をかもし出しています。
 後ろの高層ビルとの対比が「クラシック・モダン」を感じさせてくれます。


TYO+(9)_convert_20121227163722.jpg

 プロジェクション・マッピングはあまりの人の多さに中止となってしまいましたが、私はこのしっとりとしたライトアップが大好きであり、PMは不要なのであります。・・・・美しいルネサンスの香りいっぱいの東京駅です。

TYO+(11)_convert_20121227163809.jpg
 
 丸の内南口です。アーチそしてクリームと白のコントラスト、まるでトスカーナのクーポラの中に居るようです。





TYO+(10)_convert_20121227163746.jpg

 一度は泊ってみたい「東京ステーションホテル」です。素泊まり平日¥14000~朝食ブッフェ付き¥24000くらいから泊れるようです。

TYO+(13)_convert_20121227163835.jpg

 世界に誇る丸の内ビル群の夜景です。



TYO+(14)_convert_20121227163859.jpg

 「世界で最も美しい駅前広場」と呼ばれるようになるのも、そう遠くなさそうです。



TYO+(16)_convert_20121227163922.jpg

TYO+(17)_convert_20121227163947.jpg

 トスカーナが恋しくなったら、夜の東京駅も「アリ」であります。










TYO+(19)_convert_20121227164013.jpg

 東京タワーです。ヨーカ堂さんの本社事務所が以前隣に有った頃は、このあたりにもよく来ました。夜に来たのはたぶん初めてだと思います。

TYO+(20)_convert_20121227164042.jpg

 地上150mの展望台です。中学校の修学旅行以来ですので、46年ぶりだと思います。

 本当に美しい東京クリスマスナイトです。


TYO+(22)_convert_20121227164202.jpg

TYO+(21)_convert_20121227164136.jpg

TYO+(23)_convert_20121227164229.jpg

 レインボーブリッジが見えます。東京の夜は、レインボーのようにカラフルです。


TYO+(24)_convert_20121227164254.jpg

 スカイツリーです。焦点距離63mm(3.5倍望遠)の画像です。


TYO+(26)_convert_20121227164344.jpg

TYO+(25)_convert_20121227164318.jpg










TYO+(27)_convert_20121227164412.jpg

 東京ミッドタウンです。東京イルミネーションランキング No.1 だということで来てみました。メイン会場まで1時間余り並びました。

TYO+(28)_convert_20121227164436.jpg

 ミッドタウン裏の公園が会場になっています。メイン会場までの樹木にちりばめられたイルミネーションがとても綺麗です。

TYO+(29)_convert_20121227164506.jpg

TYO+(30)_convert_20121227164532.jpg

TYO+(32)_convert_20121227164621.jpg


TYO+(31)_convert_20121227164556.jpg

TYO+(33)_convert_20121227164653.jpg







TYO+(34)_convert_20121227164722.jpg

TYO+(36)_convert_20121227164819.jpg

 七色の東京タワーが見えます。

TYO+(35)_convert_20121227164754.jpg








TYO+(37)_convert_20121227164934.jpg

 メイン会場の芝生広場です。宇宙をテーマに、日本初の「モーション・イルミネーション」という技術を導入、ファンタジックでダイナミックな世界が広がります。

TYO+(38)_convert_20121227165328.jpg

TYO+(39)_convert_20121227165353.jpg

TYO+(41)_convert_20121227165536.jpg

TYO+(42)_convert_20121227165608.jpg










 イルミネーションを追っかけているうちに10時半を越えていました。会社を6時30分に出てもう4時間も経っていたのです。おなかもペコペコ、近くに有る大好きな博多ラーメン「一蘭」でひとりぼっちのディナーです。一人ブースシステムがひとりぼっちに嬉しいラーメン屋さんです。

TYO+(43)_convert_20121227165642.jpg








TYO+(44)_convert_20121227165711.jpg

 11時を越えてもクリスマスの六本木は賑やかです。

TYO+(45)_convert_20121227165734.jpg

 イルミネーション行列が出来ていたミッドタウンもひっそりと静まりかえっています。

TYO+(46)_convert_20121227165800.jpg



TYO+(47)_convert_20121227165824.jpg

 行列も消えミッドタウンの夜もしっとりと更けてゆきます。

 
        Notte di Tokio ★★★ Buon natale
  1. 日本の冬
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

hro+(3)_convert_20121221215011.jpg


 2012年12月18日 出張でひとり広島泊り。イルミネーションが綺麗な平和大通りへ。


hro+(1)_convert_20121221214903.jpg

IMGP5895_convert_20121221225933.jpg


hro+(4)_convert_20121221215054.jpg

 気温 MAYBE 4℃~5℃ 激寒の広島です。


hro+(5)_convert_20121221215131.jpg

hro+(0)_convert_20121221214800.jpg

 人々の「シルエット」がいい絵をもたらしてくれます。



hro+(7)_convert_20121221215215.jpg



IMGP5882_convert_20121221225907.jpg




hro+(8)_convert_20121221215318.jpg

 光の「紅葉」です。



hro+(9)_convert_20121221215433.jpg










hro+(10)_convert_20121221215512.jpg


 平和記念公園から元安川を望みます。原爆ドームも見えます。


hro+(11)_convert_20121221215556.jpg
 
 ライトアップされた元安橋、そしてお洒落なイタリアンオープンカフェです。

hro+(12)_convert_20121221215635.jpg




IMGP5999_convert_20121221230005.jpg







hro+(14)_convert_20121221215748.jpg

 素敵なオープンカフェですが、寒ーーーい平日の夜、人っ子一人いないクリスマスウイークナイトです。


hro+(15)_convert_20121221215820.jpg

 アルノ川のほとりにでも有りそうな 'Caffe Ponte'(橋のコーヒー屋さん)です。カプチーノでも頂こうかとも思いましたが、寒さで指が動かないほどであり、一人の厳冬オープンカフェもちょっときついので、ホテルに帰って、1泊2食付き5480円の夕食「カレー定食」を頂くことにしました。



hro+(16)_convert_20121221215900.jpg


   Buon Natale ・・・・・・・
  1. 日本の冬
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

WKY+(0)_convert_20120219191658.jpg


トスカーナの神様との再会まであと半年、まだまだです。ヨーロッパの風を求めて、2月18日(土)、当家から80分で行けるイタリア・フランス1泊トリップとなりました。



WKY+(0)1_convert_20120219191742.jpg
和歌山市のマリーナシティにある、ロイヤルパインズホテルです。イタリアに拘ったリゾートホテルです。施設内には、イタリアから取り寄せられた家具や小物が配備され異国情緒を感じさせてくれます。
WKY+(4)_convert_20120219191817.jpg
ロビーは、まるでアマルフィーのリゾートホテルのようです。
WKY+(4)1_convert_20120219191904.jpg
部屋の表示板もこのとおりです。お洒落すぎます。
WKY+(4)2_convert_20120219191936.jpg
シンプルなバルコニー付きのツインです。(「感動の朝食」付きで一人¥7900です。)
WKY+(4)3_convert_20120219192024.jpg
バスルームもこの「のり」です。




WKY+(6)_convert_20120219192057.jpg
ホテルの近くに、南フランスをモチーフにしたテーマパーク「ポルト・ヨーロッパ」が有ります。また、このあたりは、電柱が1本も無く、雰囲気造りに拘っています。
WKY+(7)_convert_20120219192130.jpg

WKY+(8)_convert_20120219192215.jpg

WKY+(9)_convert_20120219192303.jpg
施設の建物は、しっかりと造られており、中世の南仏の町を素敵に再現しています。
WKY+(10)_convert_20120219192341.jpg

WKY+(11)_convert_20120219192415.jpg

WKY+(12)_convert_20120219192501.jpg
モンテカルロにも行ってきました。






WKY+(13)_convert_20120219192549.jpg
夕暮れが近づき、ホテルにも灯りがともっております。
WKY+(14)_convert_20120219192623.jpg
本物のベネチア製のゴンドラです。6年ぶりです。
WKY+(15)_convert_20120219192730.jpg
ディナーは、ホテル内のイタリアンレストランで頂きました。
WKY+(16)_convert_20120219192813.jpg

WKY+(17)_convert_20120219192854.jpg
ベルナール・ビュッフェの本物です。エディションナンバーが入っています。










WKY+(19)_convert_20120219192959.jpg
ホテルの庭にはイルミネーションが・・・・・・PIAZZA DI TOSCANA のようです。
WKY+(20)_convert_20120219193043.jpg

WKY+(20)1_convert_20120219193149.jpg

WKY+(21)_convert_20120219193235.jpg

IMGP2433_convert_20120219232238.jpg











WKY+(22)_convert_20120219193321.jpg
バルコニーからの風景です。ホテルの下を流れている運河に架かる橋にもイルミネーションがセットされており、水面に映る光がファンタジックです。
WKY+(23)_convert_20120219193421.jpg

WKY+(24)_convert_20120219193502.jpg

WKY+(26)_convert_20120219193543.jpg

WKY+(27)_convert_20120219193634.jpg

WKY+(28)_convert_20120219193722.jpg

IMGP2370_convert_20120219232207.jpg













WKY+(29)_convert_20120219193754.jpg
夜のリゾートホテルは、非日常を感じさせてくれます。当家から80分の別世界です。
WKY+(30)_convert_20120219193843.jpg

WKY+(31)_convert_20120219193926.jpg

WKY+(32)_convert_20120219194016.jpg

WKY+(33)_convert_20120219194130.jpg

WKY+(34)_convert_20120219194222.jpg
水面に映る灯りがいい感じです。

WKY+(35)_convert_20120219194304.jpg














WKY+(37)_convert_20120219194509.jpg
明けて19日(日)夜明けです。
WKY+(38)_convert_20120219194548.jpg

WKY+(36)_convert_20120219194357.jpg
ブリティッシュレーシンググリーンのMINIとイタリアンレッドのCinquecentoです。
WKY+(39)_convert_20120219194636.jpg

WKY+(40)_convert_20120219194711.jpg
部屋からマリーナが見えます。リゾート気分が盛りあがります。
WKY+(41)_convert_20120219194758.jpg

WKY+(42)_convert_20120219194838.jpg
お早うございます。Granpa e Granma di Itosugi です。
WKY+(43)_convert_20120219194926.jpg

WKY+(44)_convert_20120219195015.jpg

WKY+(45)_convert_20120219195048.jpg

WKY+(46)_convert_20120219195133.jpg
南イタリアから取り寄せられたものです。かなりの拘りです。
WKY+(47)_convert_20120219195232.jpg
私も妻も当家から80分のこの別世界が気に入りました。リピーターになると思います。













WKY+(48)_convert_20120219195308.jpg
ランチは、大阪に戻り、10日ほど前の夜にも訪れた、WTCコスモタワー48Fのワールドビュッフェでとることにしました。昼の大阪スカイビューを見たかったのであります。南港にお住まいの、妻の友人もお誘いし、楽しいランチになりました。
WKY+(49)_convert_20120219195346.jpg
まずは、55階の展望台で大阪スカイビューの観賞です。昼の方がダイナミックなことが解りました。夜はロマンティック、昼はダイナミックなWTCです。
WKY+(50)_convert_20120219195424.jpg

WKY+(51)_convert_20120219195513.jpg

WKY+(52)_convert_20120219195600.jpg
梅田の摩天楼です。
WKY+(53)_convert_20120219195640.jpg

WKY+(54)_convert_20120219195719.jpg
MINIが見えます。
WKY+(55)_convert_20120219195803.jpg

WKY+(56)_convert_20120219202109.jpg

WKY+(57)_convert_20120219202213.jpg
大阪のウオーターフロントも異国情緒を感じさせてくれます。
WKY+(59)_convert_20120219202451.jpg

WKY+(60)_convert_20120219202538.jpg
またまた、ワールドビュッフェです。
WKY+(62)_convert_20120219202748.jpg
MIZUNO本社です。10年ほど前に次女が数年間勤めておりました。今の旦那と知り合った想い出の場所であります。


いい週末でした。当家から80分のイタリア・フランスミニトリップでした。最後にNYのオマケつきです。
  1. 日本の冬
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

 

プロフィール

Granpa di Itosugi

Author:Granpa di Itosugi
La mia cosa favorita・・・・・・
Toscana・Jazz Piano
Bossa Nova Guitar
Mini Cooper・Buell・Tennis
Fotografia・Viaggio・・・・・
e così su

itosugi

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -