トスカーナの風景をこよなく愛するおじんのブログです。

チャーオ!トスカーナ ’糸杉につつまれて’

SN (1)_compressed

  2016年8月12日(金) 快晴のしまなみ海道、生口橋です。妻の実家から15分、サイクリストの聖地にビギナーシニアサイクリストの初チャレンジです。CNNが世界の7大サイクリングコースに選んだこともあり、最近外国のツーリストをよく見かけます。海の上を自転車で走れる・・・・絶景サイクリングロードなのであります。

SN (2)_compressed

  まずは生口島南海岸沿いをツーリングです。推奨ルートは東から北をまわるルートであります。耕三寺や繁華街は北にあるのです。しかし、私はこの南ルートを通って多々羅大橋に行かれることをお勧め致します。左に海岸線、右に山岳風景が広がるしまなみ海道の中でも最も美しいカントリーロードだと思っております。妻の妹や叔父の住まいがこのルート沿いにあり、何度も何度も通ってきた道でありますが、いつもこころ洗われる想いを感じる道であります。レモンの香り漂う日本のバレンシアです。

SN (3)_compressed

SN (4)_compressed

  しまなみ海道の橋の中でも、最も美しいと言われる「多々羅大橋」です。国内最長1480m、世界第5位の斜張橋であります。

SN (5)_compressed

SN (6)_compressed

 因島の妻の実家を出てここまで18km、橋へのヒルクライム2回約2.5km平均斜度3.5%、葡萄坂に比べると楽勝です。(-_-;)

SN (7)_compressed

 相棒「CANNONDALE CAAD12 105」 出会って1ヶ月半、まだ100kmばかりの走行距離ですが、MINI COOPER 、BUELLとともに長い付き合いになりそうです。

SN (8)_compressed

  道の駅「多々羅しまなみ公園」にある「サイクリストの聖地」記念碑です。サイクリストにとってのエルサレムでありバチカンでありサンティアゴ・デ・コンポステラなのです。日本人サイクリストが一生に一度は巡礼に訪れたいと思う聖地なのです。ロードを初めてひと月半で来てしまいました。(-_-;)妻の実家がしまなみ海道ど真ん中・・・・利用しない手はありません。

SN (9)_compressed


  この日はここでUターンです。フロントタイヤがよじれており、バーストの危険を感じました。帰ってレスキューショップでタイヤとチューブを交換、しまなみ海道にはいくつかのレスキューポイントが設定されています。因島のそれはオートバイショップなのですがスポーツサイクルにも対応してくれています。凄腕のお母さんが一発でレスキューしてくれました。「バイクルセンター京丸」というお店でした。なんと「CB750FB」がほこりをかぶっていました。若いころあこがれ続けたナナハンです。聞いてみると、ポルノグラフィティーの新藤さんのお父さんのものだとのこと、預かっているそうです。ちなみに、そのお父様は妻の父の経営する運送会社で大型トラックのドライバーをされていました。人のつながりは面白いものですね。

  この日の走行距離は45km ヒルクライム4回約5km 平均斜度3.5%、気温35度、限界でした。(-_-;)








SN (10)_compressed

  開けて13日(土)快晴。妻用に借りていた甥のGIANTロードにサイクルコンピュータやライト、ツールケース等々をつけてやろうと思い、尾道に向かいました。往復で40km、ヒルクライム2回はつらいので行きは高速船を利用しました。ほとんどの高速船で自転車を乗せてくれます。シニアサイクリストには有り難い環境です。

SN (11)_compressed

SN (12)_compressed

  橋が出来てからはほとんど船に乗ることがなくなりました。久しぶりの瀬戸内海船舶移動です。何かわくわくしました。

SN (13)_compressed

  20分ほどで尾道桟橋到着です。

SN (14)_compressed

 GIANT直営店 で装備を終えフェリーで向島へ

SN (15)_compressed
 
 向島西海岸を因島大橋方面へ・・・・・美しい海岸風景が続きます。

SN (16)_compressed

  因島大橋です。1983年に開通して以来、たぶん100回は通過していると思います。妻はこんな美しいところで生まれ育ったのです。今は、私にとってもふるさとなのであります。

SN (17)_compressed

SN (18)_compressed

  因島大橋だけが、橋の下にサイクルロードが設置されています。橋から妻の実家までは8.5km、途中1回1km斜度4%のヒルクライムがあります。35℃の炎天下、64歳には少しつらい真夏のツーリングでしたが、これで一応尾道から大三島道の駅までは走破したことになりました。残るは大三島~今治であります。





SN (19)_compressed

SN (20)_compressed
   
  14日(日)は昨年亡くなった妻の父の新盆であり、供養盆踊りが開催されました。小さな村の夏の風情です。






SN (21)_compressed


  15日(月) しまなみ海道サイクルロード 未走破ルートに挑戦です。甥と二人で、因島土生港から高速船で今治港を目指しました。

SN (22)_compressed



SN (23)_compressed

SN (24)_compressed
 
  来島海峡大橋です。橋長4105m、しまなみ最大の3連吊り橋です。ダイナミックな風景を感じながらのサイクリング、最高の気分です。

SN (25)_compressed

SN (26)_compressed




SN (27)_compressed

  またまた聖地です。これでしまなみ海道サイクルロード全行程を走破したことになります。

SN (30)_compressed

  ご褒美は、B級グルメコンテストで有名な「今治焼豚玉子飯」です。まじ美味いのです。

  この日の走行距離は、52km(因島実家~土生港6km 今治港~来島海峡大橋6km ~瀬戸田甥の家40km) ヒルクライム6回(橋へのアプローチ4回、大島島内で2回 計8km 平均斜度3.5% ) まあまあへとへとでした。(-_-;)

image1_compressed_20160819124938494.jpg

 しまなみ海道サイクルロードは全長70kmです。6つの橋、6つの島を走ります。橋へのアプローチの標高差は40m~50mです。6回のヒルクライムが有ります。平均1.3km 平均斜度3.5%です。その他に、因島で1回、大島で2回計3回約4kmのヒルクライムがあります。70kmのうち約17%が上り坂です。ビギナーシニアサイクリストには1日での走破は無理です。今回走ってみて解ったことは、高速船をうまくからませば、行動範囲が広げられるということです。上り坂も避けられます。車での輪行もいいと思います。いろんな楽しみ方が有りそうです。



SN (31)_compressed

 最後は妻も登場です。17日(水)早朝サイクリングです。甥のロードを借りて、生口島1周23kmを走りました。初めてのロードバイクでしたが、難なく乗りこなしていました。夫婦での楽しみがひとつ増えそうです。


       Granpa di Itosugi

スポンサーサイト
  1. 日本の夏
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

DSC00440_compressed.jpg

 8月8日(土) α7Ⅱ ILCE-7M2、SEL24240 が家にきて約1週間、撮りたくてたまりません。昨夜、関西絶景で検索していましたら、いいところを発見しました。箱館山ゆり園=標高600mに広がる250万本のゆりと琵琶湖の眺望。これぞ絶景・・・・ということで箱館山を目指しました。

DSC00428_compressed.jpg
 
 先々週は気温35℃の中、バイクで播但路へ行きました。エキパイで熱せられたフレームで右足太腿内側が火傷に・・・・・半袖で一日中乗っていたので、腕が半ば火傷に・・・本日はMINIで行くことにしました。

 6時半、自宅を出発、9時、箱館山ゴンドラ前到着。
 標高600m、少しは涼しいのでしょうか?どんな絶景が待っているのでしょうか?


DSC00443_compressed.jpg

 ななななにーーーーーーーーーっ!!!!!250万本のユリは何処に???????係員に聞くと、台風でダメージを受け多くのユリが折れたとのこと。ほとんどのユリ達が枯れていました。がっくり。
 仕方がないのでお愛想程度に残っているユリを撮ってみました。


DSC00439_compressed.jpg

 琵琶湖も見えてはおりますが、残念なコントラストでした。気温は30℃をとっくに超えているでしょう、暑ーーーーーーい真夏のスキー場です。

DSC00449_compressed.jpg

  α7Ⅱ 解像度高いです。

DSC00474_compressed.jpg




DSC00478_compressed.jpg

 250万本の何千分の一かは解りませんが、ユリの花は美しいものです。


DSC00479_compressed.jpg



DSC00456_compressed.jpg

  ユリの花言葉は 「純粋」「無垢」「威厳」。   納得です。










DSC00497_compressed.jpg

 遊覧ヘリコプター が運行されていました。4分4500円。初ヘリコプター、乗ってみました。

DSC00513_compressed.jpg

DSC00517_compressed.jpg

 二人から乗機可能ですので、一人で待っていたおっさんと二人で乗りました。おっさんが先に待っていたので、席はおっさんに選ばせてやりました。おっさんは前の席を取りました。謙虚さが売りの Granpa di Itosugi なのです。トホホッ・・・・・・・・(--〆)

DSC00521_compressed.jpg

 軽四のキャビンくらいの大きさです。小さい方が迫力は増すようです。大迫力の軽四ヘリコプターです。



DSC00523_compressed.jpg

DSC00527_compressed.jpg

DSC00525_compressed.jpg

 40年ほど前に一度来た箱館山スキー場、まさかヘリコプターから見るとは・・・・・・人生いろいろ有りますね。
 ユリは期待外れでしたが、ヘリに乗ることが出来たので良しとします。



DSC00533_compressed.jpg

 4分4500円 これで欧州まで行くと810000円、ガス欠で墜落しますが!!!! 価値ある初体験でありました。有難う軽四ヘリコプター!!!


DSC00498_compressed.jpg













DSC00541_compressed.jpg

 高島市の棚田の里に向かいました。たわわに実った近江米の田んぼが美しい山里です。

DSC00552_compressed.jpg

 日本棚田百選・・・畑(はた)の棚田 です。日本の原風景です。

DSC00554_compressed.jpg





DSC00558_compressed.jpg

 稲穂の緑と純日本建築の家屋が美しいコントラストの畑の棚田です。

DSC00561_compressed.jpg

DSC00566_compressed.jpg

 秋の黄金色に輝く棚田風景も見たいものであります。

DSC00589_compressed.jpg







DSC00602_compressed.jpg

 最近、人知れず佇んでいる小さな神社に惹かれます。森に隠れるように佇む神社が有りました。癒しの空間です。

DSC00607_compressed.jpg

DSC00608_compressed.jpg

 周りに人家もなく人も居ません。ひと時の「マイ シュライン」です。

DSC00610_compressed.jpg

DSC00612_compressed.jpg







DSC00615_compressed.jpg

真夏の昼下がり、おそらく気温35℃くらい???(この日の大阪は38℃を記録)、木陰に入ると涼しささえ感じる山里。緑溢れる山里の人知れぬ神社前、クーラーの効いた車内で約1時間、ボッサのリズムに浸っておりました。


DSC00617_compressed.jpg

DSC00628_compressed.jpg

 川の流れる音以外はたまに通る車のエンジン音のみ。スローシャッターで流してみました。(ND16フィルター使用)


DSC00640_compressed.jpg

 緑の濃淡のコントラスト。α7Ⅱ、綺麗な画像です。フルサイズの実力でしょうか? PENTAX K-5 では、快晴の昼間は画像が暗く振れます。夜は逆です。センサーの性格上、昼間は明るすぎると判断し暗くするようです。また、ペンタは青みがかった画像に
なります。目で見たイメージにするためにはほぼ100%補正しなければなりません。この日の写真は全く補正していません。数枚トリミングしただけです。正確な色、正確な明るさ、すごいカメラです。


DSC00549_compressed.jpg















DSC00656_compressed.jpg

 真夏の雲が琵琶湖を見下ろしていました。
 湖西道路を南下、この日の最終目的を達成すべくひとっ走りです。








DSC00664_compressed.jpg

 この日の最後の課題は、「信貴生駒スカイラインから大阪平野の夕景を撮る」であります。着いたのは4時過ぎ、空が真っ暗になってきました。嵐の予感。この日の大阪の最高気温は38℃、こんな日の夕方は嵐になるのが常です。幻想的なモノトーンの大阪平野です。

DSC00673_compressed.jpg

 雷雨です。約1時間続きました。すっごい雨です。目の前で雷が走ります。ドドドドーーーーーン!!!落ちませんように!!!

DSC00695_compressed.jpg

 雷雨が去り、何も見えなかった大阪平野が姿を現わしました。雲の隙間から日の光が・・・・・神の存在を感じる瞬間です。

DSC00699_compressed.jpg

 山が幾重にも重なる幻想的なシルエットです。





DSC00736_compressed.jpg

 十三峠の駐車場に車を止めその時を待ちます。嵐のあとは期待できるのです。雲一つない夕景は情緒に欠けます。雲に夕日が当たる時にドラマが生まれるのです。

DSC00702_compressed.jpg
 
 大阪市内のビル群がくっきりと照らし出されてゆきます。

DSC00708_compressed.jpg

 阿倍野ハルカスも見えています。

DSC00711_compressed.jpg

 色の世界の到来までのひと時、モノトーンの大阪平野が現れます。


DSC00759_compressed.jpg
 
 徐々に「色」が加えられます。

DSC00762_compressed.jpg

DSC00772_compressed.jpg

 異様なデザインの雲が好きです。二度と同じ雲の風景は有りません。ロマンティックです。


DSC00799_compressed.jpg

 モノトーンのビル群が陽の光できらめき始めました。

DSC00805_compressed.jpg






DSC00791_compressed.jpg

 MINIも夕景に彩られています。

DSC00824_compressed.jpg

 フィナーレです。夕焼けは、沈む瞬間が最もヴィヴィッドなのです。雲が彩を添えてくれます。

DSC00838_compressed.jpg

 飛行機が夕景に吸い込まれてゆきます。

DSC00838ー1_compressed

DSC00839 - コピー (2)_compressed






DSC00848_compressed.jpg

DSC00844_compressed_20150809144451d68.jpg

 OSAKA BAYCITY SUNSET 感動的なフィナーレでありました。
  1. 日本の夏
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

om (1)

 2015年8月1日(土) 大阪府八尾市恩智中町 北緯34度36分28秒,東経135度37分48秒 恩智神社の旧社地でお祭りの時のお旅所となる「天王の森」です。今は木々はほとんど無く森というより広場です。いわば 「Piazza di Onji」 です。
 恩智神社の夏祭りは、このあたりでも有名であります。普段は静かな田舎町の恩智が何万という人々でごった返します。自宅から徒歩約15分、毎年来たいと思うのですが、出張でいない事も多く約7~8年ぶりの「恩智祭り」であります。


 ここから、約10分ほど山を登ったところに恩智神社が有ります。131段の階段があり、この階段が祭りの「ドラマ」を創るのです。
 昼の部は、階段の上に有るふとん太鼓と神輿を担いで山を下り天王の森へ移動します。夜の部はその逆のルートをとります。祭りのクライマックスは、階段上りであります。河内の風情、ノスタルジー満載の恩智祭りなのであります。


om (2)

 夜8時過ぎ、夜の部がスタートします。まずはふとん太鼓が担ぎ上げられます。

om (3)

om (4)

 次に神輿が参戦します。ふとん太鼓と神輿のじゃれ合いが始まるのです。

om (5)

 「ふとん太鼓」その他「布団だんじり」「布団神輿」と呼ばれる河内名物の山車であります(泉州や明石も有名)。地元では「太鼓台」と呼びます。私は、この「太鼓台」が大好きであります。なぜふとんが???有力な説は、神様に座っていただく座布団・・・・・神輿は神様を担いで揺らして遊んでいただく為のもの・・・・・ロマンティックですね。
 河内の村はそれぞれこの太鼓台を持っており、私の育った八尾木村にも有りました。小さなころ(約50数年前)は、これといった娯楽もなく、夏祭りは私の年間No.1イベントだったのです。太鼓台の「ドン・ドン・ド・ド・ドン・ド・ド・ドン・ド・ド・ドン・ドン・ドン」という2ビートのリズムが私のハートを鷲掴みにしていたのであります。太鼓台は私にとりましては「タイムマシン」なのであります。見た途端小学生に戻ります。ノスタルジーそのものであります。

 
om (6)

om (7)

 小学生のころ、学校の帰りに、祭りの準備で神社に置いてある太鼓台に乗せてもらい、太鼓をたたくのが楽しみでありました。大きくなったら青年団に入って俺もたたくぞ!!!っと夢見ていたのです。彼らは私には「ヒーロー」でありました。


om (8)

 じゃれ合いもクライマックスです。お旅所を出ようとする太鼓台を神輿がブロックします。観衆の拍手がこだまします。これが4回ほど繰り返された後、太鼓台は Piazza di Onji を出てゆくのです。


om (10)

om (9)

 昭和のノスタルジー「夜店」です。月光仮面や鞍馬天狗のお面がほしくてたまらなかったのを思い出します。








om (11)

 信貴山に月が沈んでゆきます。この辺りはまだまだ土蔵が残るチェントロであります。

om (12)
 
 恩智神社に向かいます。場所取りをしなければならないのです。

om (13)

om (14)










om (15)

 もうすぐフィナーレが始まります。青年団、複数のコントラーダで構成されているのでしょう、酒も入っており喧嘩も絶えないようです。シエナもモンテプルチャーノも同じなのでしょうね。

om (16)

観衆がフィナーレを待っています。

om (17)

 見えてきました。太鼓台が131段の階段を上り始めました。

om (18)

om (19)

 祭りのクライマックスです。重量は約2トンくらいだと思います。60~70人で担いでいます。中にはシニアも見えます。祭り命シニアなのでしょうね。



om (20)

om (21)

  コントラーダのメンバーが頑張っています。好きな女の子にいいところを見せ付けるのです。


om (22)

 ダイナミックでノスタルジックな日本の祭りです。感動しています。

om (23)

 最後の急坂が待ち構えています。一番しんどい最終課題です。

om (24)

om (25)

 階段の上では「コントラーダのドン」が見守っています。

om (26)

 あと少しです。太鼓台が傾いています。最高のクライマックスです。

om (27)

om (28)

om (29)
 
 
om (30)

 最後の急坂を登ってゆきます。この数十段は上からロープでも引っ張っています。担ぐだけでは無理なのであります。この角度、ダイナミックであります。




om (31)

 131段を登り切った瞬間です。日本の力強いノスタルジーに感動致しました。







om (32)

 太鼓台の後を追うように神輿が上ってきました。

om (33)

om (34)

 金色に輝く神輿の屋根が艶やかです。

om (35)

 今度は神輿が最後の急坂を上ってゆきました。

om (36)

 神輿も無事上りきりました。
 このあと、神社の広場で少し流した後祭りは終了します。
 
 小学生時代にタイムスリップしたひと時でありました。日本のノスタルジー・・・・いいものであります。


 この日からニューカメラで撮っております。image1_compressed.jpg

 人生初のフルサイズ機であります。ISO25600が使えます。夜でも露出開放で1/160~1/320で切れてしまいます。信じられません。レンズは24-240の便利ズームです。長く付き合いたいと思っております。
  1. 日本の夏
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

Jp (753)_compressed

 2015年7月25日(土) 快晴。最高気温約35度?。月初の京丹後旅行の帰りに立ち寄った竹田城跡を展望する「立雲峡」です。梅雨の最中で残念な写真しか撮れなかったのであります。リベンジをしたかったのであります。雲海は、秋深まった11月がチャンスであり今回は青空の下の竹田城跡。夏場は冬の様な透き通った画は撮れませんが、一応リベンジ達成であります。

Jp (754)_compressed

Jp (755)_compressed

 立雲峡駐車場から5分で第3展望台、25分で第2展望台、55分で第1展望台、勿論私は第3展望台であります。正確には、そこから約5分ほど登ったビューポイントからの撮影です。雲海を撮るためにはおそらく第1展望台まで行かねばならないのでしょう。11月ならなんとか頑張れると思います。気温30度オーバーでは死んでしまいます。(>_<)

Jp (756)_compressed

 トリミングでグーーーーンと近づけてみました。人が見えます。日本のマチュピチュに見えてきました。(^_^メ)
 私もあそこに立とうと思い竹田城跡に向かいましたが、山麓の「山城の郷」パーキングで止められました。係員のオッサンに聞くとここからは観光バスのみOKで車もバイクも不可、徒歩40分とのこと。「殺す気かーーーー!!!」泣く泣くUターン。


Jp (757)_compressed









Jp (759)_compressed

Jp (760)_compressed
 
 次は11月、雲海を狙います。











Jp (761)_compressed

 竹田の町中からのVIEWです。高所からの眺望には敵いません





Jp (762)_compressed

 「虎臥城(とらふすじょう)大橋」です。竹田城は虎が臥せたようなシルエットから「虎臥城」とも呼ばれます。「いにしえと今」歴史に残る建造物のデュエットであります。

Jp (763)_compressed

Jp (769)_compressed

 水田とアーチ橋のコントラストが美しい朝来の夏です。

Jp (770)_compressed

Jp (771)_compressed

 コンクリートと竹林、グレイと緑、無機と有機 「虎臥城大橋」の絶景です。




IMGP7417_compressed.jpg
  
  Buell,Torafusu, Granpa di Itosugi ・・・・・・
 
  今回初お目見えのデニムです。膝にパッドをスライドイン出来ます。足を締め付けるニープロテクターともおさらばです。強い味方が加わりました。

Jp (768)_compressed

 傍らを流れる水の音に夏を感じる今日この頃であります。

Jp (764)_compressed

 小さな小さな祠にカントリーテイストを感じます。
 欧州に行く体力も気力も消え失せた時(資金も!!!!)、日本の小さな神社仏閣を巡りたいと思います。名も無き小さなものだけを巡るのです。妻は付き合ってくれるでしょうか?(-_-;)






Jp (773)_compressed

 竹田から312号線を姫路に向かいました。播但連絡道路を使えば時間は稼げるのですが、ゆったりとツーリングを楽しむには下道に限ります。5速2000回転から2300回転 時速60~70km、Vツインサウンドが心地よく五感を刺激します。偶然の出会いも楽しいものです。ふと傍らの森に目を向けると、神社の階段が目に入りました。一度は通りすぎたのですが、Uターン、訪ねてみることにしました。

Jp (774)_compressed

 兵庫県神崎郡神河町吉冨にある「春日神社」です。生野銀山と姫路を結ぶ「銀の馬車道」上に有ります。石段が何とも言えぬ情緒で旅人を引き込みます。 

Jp (775)_compressed

Jp (776)_compressed

Jp (777)_compressed

 欧州の教会や城の写真は数多く撮りためています。最近、純和風にも惹かれるようになりました。「和」も撮りためてゆきたいと思います。小さな神社は最高の被写体になると思います。

Jp (782)_compressed

 楓の緑が美しい春日神社です。11月の紅葉時にも必ず来ると思います。

Jp (778)_compressed
 
 シンメトリーは美しいものです。

Jp (779)_compressed

 日本の木を使った建築美は世界に誇れるものだと思います。

Jp (780)_compressed

Jp (781)_compressed
 
 三種の屋根のハーモニーです。

Jp (787)_compressed

Jp (785)_compressed

 気温は33°を超えていると思いますが、木々に囲まれた美しい春日神社の趣は、ひと時の間、暑さを忘れさせてくれました。









Jp (790)_compressed

 姫路に入りました。修復の終わった世界遺産「姫路城」をカメラに収めたいと以前から思っていたのです。
 312号線の快適なツーリングとは打って変わって、町中は猛暑を感じます。渋滞がエキパイの温度をどんどん上昇させます。右足の内腿はほぼ火傷状態です。渋滞をすりぬけ何とかビューポイントに到着しました。


Jp (791)_compressed

 白鷺城は青い空を背景にした時が最も美しいと思います。

Jp (793)_compressed

Jp (794)_compressed

 オリジナルそのままの古びた欧州の古城が大好きな私ですが、修復された日本の城の美しさは理屈抜きに最高位であります。




Jp (797)_compressed

 城のある町には堀があります。欧州の運河のある町と通じるものを感じます。水のある風景はいいものです。



Jp (796)_compressed

Jp (801)_compressed
 
 繊細な造形美「白鷺城」です。


Jp (800)_compressed

 城で始まり城で終わった、播但フォトツーリングでありました。自宅までで130km、熱波の中をひたすら走りました。クーラーの効いたMINIの車内が頭をよぎりました。だめだめ!!!!!オートバイ乗りは考えてはならないのです。ある人が言っていました。ボケ防止に一番いいのがオートバイだと。・・・・・・・・五感を研ぎ澄ませるには打って付けの我が「相棒」であります。
  1. 日本の夏
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

K (1)

 2015年7月4日(土) ぐずついた天気の大阪を離れ、北近畿へ逃避行です。日本三景「天橋立」・・・・絶景です。

K (2)

 全長3.6kmの砂州でありますが、この文殊山の山頂からは、龍が天に昇る姿に似ていることから「飛龍観」と呼ばれています。

KT (5)_compressed


K (4)

 夏も元気に!!! Granpa e Granma di Itosugi です。






K (5)

K (6)

 4月にゲットして以来、オンもオフもほとんどNBを履いております。革靴は一度も履いておりません。多分、1年くらいはスニーカーで通すと思います。ネイビーとグレイ、2足有れば、どんなスタイリングでも(強引に)マッチングできます。(-_-;) 歩くのも苦にならなくなりました。優れもの「M996 USA」であります。






K (7)

 ローカル感がたまらないJR天橋立駅です。

K (8)

K (12)












K (13)

 伊根の舟屋群です。

K (14)

K (15)

 漁村では全国で初めて国の重要伝統的建造物群保存地区の選定を受けている「伊根の舟屋」でありますが、わたくしが初めて存在を知ったのは、「釣りバカ日誌5」だったと思います。その他にも多くの映画やドラマの舞台になっています。以前から来たかったのですが、機会に恵まれず、今回初訪問であります。

K (16)

K (17)

K (18)

 民宿も有るようですので、一度泊まってみたいと思います。しっとりとした微かな光の映り込み夜景を撮ってみたいと思います。

K (23)

K (22)

 かっぱえびせんが大好物のかもめ達です。


K (24)

K (25)

 レトロな日本情緒が漂う伊根町です。


K (30)

 今回から、妻のカメラは、オリンパスOM-Dになっております。世界的名機だと思います。かなり気に入ってくれているようです。

K (31)







K (32)

 海岸絶景を楽しみながら宿に向かいます。

K (33)

K (34)










K (38)

 「間人温泉 炭平」 です。 間人=たいざ と読みます。超高級ズワイガニ「間人ガニ」が有名ですので「たいざ」と読める人もいらっしゃると思いますが、読めない地名トップランクに入ると思います。
 カニシーズンは一泊一人5万円くらいだそうですが、オフシーズンは三分の一くらいで利用できる素敵なお宿であります。

K (39)

K (40)






K (50)

 日本海に沈む夕景が素敵な「炭平」です。










K (55)

 明けて日曜日、竹田城跡です。天空の城や日本のマチュピチュとも呼ばれる人気スポットですが、オフシーズンである梅雨時は静かな景勝地であります。立雲峡から望む竹田城ですが、この時期は紗がかかったような眺望が多く、決して絶景とは言えない天空の城であります。青空と雲海のコントラストが有名すぎるフォトグラファー垂涎の地でもあり、一度は狙ってみたいと思いました。

K (53)

K (56)

KT (91)_compressed
  伊根の舟屋と同様、一度来てみたかったビューポイントでありました。残念な眺望ではありましたが、まずは達成です。本物のマチュピチュも見てみたいとは思いますが、いつになることやら??????
  1. 日本の夏
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

 

プロフィール

Granpa di Itosugi

Author:Granpa di Itosugi
La mia cosa favorita・・・・・・
Toscana・Jazz Piano
Bossa Nova Guitar
Mini Cooper・Buell・Tennis
Fotografia・Viaggio・・・・・
e così su

itosugi

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -