トスカーナの風景をこよなく愛するおじんのブログです。

チャーオ!トスカーナ ’糸杉につつまれて’

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

TOSCANA+(508)_convert_20130421191903.jpg

サンクイリコからカッシア街道をシエナ方面に向かうとモンタルチーノの町が見えてきます。

TOSCANA+(511)_convert_20130421191932.jpg

 街を見上げる街道沿いは、美しい丘の風景が連なります。


TOSCANA+(513)_convert_20130421192000.jpg

 トスカーナに行きたい。でもそうそう行けるものではありません。そんな時は美瑛に行きましょう。そして、アンドレア・ボチェッリの歌う L'appuntamentoを聴きましょう。オルネラ・バノーニでは、「小さな村の物語」になってしまいますので、少しストレートすぎます。美瑛に敬意を表し、ボチェッリにしましょう。日本にいてトスカーナを感じることができます。
 まるで美瑛のような南トスカーナです。



TOSCANA+(514)_convert_20130421192024.jpg

 これも媒体によく出てくる、オルチャ渓谷の糸杉風景です。






TOSCANA+(534)_convert_20130421192123.jpg

 モンタルチーノに到着です。数百年にわたる都市国家フィレンツェと都市国家シエナの戦争は、ここモンタルチーノで終わりを迎えました。シエナの人々は、街を追われこの街に逃げ込んだのであります。4年の攻防の末フィレンツェに屈服させられる事になります。メディチ家のこれ見よがしの紋章は、屈辱のシンボルでもあるのです。


TOSCANA+(537)_convert_20130421192232.jpg

 世界的に有名な ブルネッロ ディ モンタルチーノ です。
  ワイン好きにはたまらないモンタルチーノです。



TOSCANA+(539)_convert_20130421192302.jpg

 ufficio turistico は観光案内所です。 turist office でしょうか?


TOSCANA+(541)_convert_20130421192328.jpg

 中世情緒が嬉しいモンタルチーノです。

TOSCANA+(541)1_convert_20130421192350.jpg






TOSCANA+(546)1_convert_20130421192412.jpg

 マッシモさんが案内してくださった画商です。・・・・・出会ったのです。あの絵と・・・・

p+(1)5-1_convert_20130419130436.jpg

 300ユーロでした。フィレンツェの空港でエクストラカーゴチャージ60ユーロ取られました。シエナ・フィレンツェ経由で持って帰るのが大変でした。空港では特殊手荷物のチェックイン場所がわからず往生しました。でも、本当に本当に欲しかったピエンツァアングルの油彩画でありました。最後の最後に出会うことが出来ました。マッシモさんに感謝感謝です。



TOSCANA+(553)_convert_20130421192438.jpg

 屋根越しにピエンツァが見えています。


TOSCANA+(534)1_convert_20130421192201.jpg

 モンタルチーノのランドマーク 「砦跡」です。450年ほど前に、この場所で都市国家シエナが滅んだのであります。なぜかしらセンチメンタルなモンタルチーノです。

TOSCANA+(561)1_convert_20130421192516.jpg

TOSCANA+(561)6_convert_20130421192541.jpg

 砦の屋上通路が、モンタルチーノNO.1ビューポイントです。

TOSCANA+(569)_convert_20130421192603.jpg

 「青草」や、つわものどもが夢のあと・・・・・Montalcino でした。
スポンサーサイト
  1. オルチャ渓谷
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

TOSCANA+(489)_convert_20130421191046.jpg

 Bagno Vignoni=バーニョ・ヴィニョーニ です。発音しにくい名前です。Bagnoはお風呂の事です。南トスカーナには、休火山モンテ・アミアータの恵みによる温泉が多く存在します。 モンテプルチャーノにほど近いキアンチャーノテルメも有名ですが、バーニョ・ヴィニョーニ も、そのまわりの風景と相まって、ファンの多い温泉地です。


TOSCANA+(490)1-3_convert_20130421191125.jpg

TOSCANA+(490)4_convert_20130421191145.jpg

 トレヴィの泉もそうですが、イタリアには、後ろを向いてコインを投げると再来がかなう水たまりが多いのであります。

TOSCANA+(490)4-1_convert_20130421191208.jpg

TOSCANA+(490)4-3-2_convert_20130421191231.jpg








TOSCANA+(496)7_convert_20130421191311.jpg

 このお店で糸杉モチーフの、おたま立てと塩こしょう入れを買いました。南トスカーナのお土産物屋さんや陶器屋さんにこれでもか・・・と入りまくりましたが、このお店の絵柄モチーフは最も素敵だったと思います。




TOSCANA+(499)_convert_20130421191351.jpg

 先ほどの、ロッカ・ドルチャが見えています。


TOSCANA+(504)2_convert_20130421191420.jpg

 温泉のお湯が谷に向かって流れ落ちてゆきます。絶景温泉 バーニョ・ヴィニョーニ です。
  1. オルチャ渓谷
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

r (1)

Rocca d'Orcia (ロッカ・ドルチャ)です。Comune di Castiglione d'Orcia に属します。その名の通り rocca=要塞 です。ローマからシエナに向かう「カッシア街道」を見下ろす場所に有り、戦略上、重要な拠点でありました。

r (2)

 雄大なオルチャ渓谷を東に一望できる、とっておきのビューポイントです。

r (2)1

 振り返ると、西にはモンタルチーノが見えています。





r (3)

 ロッカ・ドルチャの村に入って行きます。屋根瓦に歴史を感じます。

r (4)

r (5)

 ここもまた、人っ子一人会う事の無い「世界遺産」なのです。




r (6)

 ゆったりと時が流れてゆきます。妻もいい顔をしています。

r (10)

 妻のショルダー CIVA も メイドイントスカーナです。
  
r (7)

 ひなげしが咲き誇る5月のオルチャ渓谷です。


 


さて、オルチャ渓谷ビューポイント・ランキングTOP3の一つがこれです。「ロッカ・ドルチャ下ひなげし咲き誇る斜面からの例の超有名糸杉アグリ」です。



r (8)

  1. オルチャ渓谷
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

TOSCANA+(357)_convert_20130421171900.jpg

 モンティッキエッロ横の「超有名糸杉くねくね」を登ると糸杉を通してオルチャの風景が広がります。

TOSCANA+(360)_convert_20130421171923.jpg

 「自然で文化的で芸術的な公園 オルチャ渓谷」・・・と書かれています。



TOSCANA+(363)_convert_20130421171956.jpg

 モンティッキエッロから東に5分くらい走ると、大パノラマ展望台(自然に出来た)に着きます。「オルチャ独り占め展望台」です。

TOSCANA+(366)_convert_20130421172017.jpg
(カスティリオーネ・ドルチャ、ロッカ・ドルチャ)11.5倍スーム画像
TOSCANA+(367)_convert_20130421172038.jpg
(サンクイリコ・ドルチャ、モンタルチーノ)11.5倍ズーム画像
TOSCANA+(371)_convert_20130421172127.jpg

TOSCANA+(369)_convert_20130421172106.jpg
(モンテ・アミアータ)

 本当に本当に雄大で美しい、唯一無二の Val d'Orcia です。





TOSCANA+(375)_convert_20130421172150.jpg

 次のビューポイントへの途中、モンテプルチャーノ側景が見えます。

TOSCANA+(379)_convert_20130421172216.jpg

 モンテ・アミアータの見え方で、自身のポジションをイメージします。







TOSCANA+(398)_convert_20130421172247.jpg
 
 私のオルチャ渓谷ビューポイント・ランキングTOP3の一つを紹介します。TOP3とは、★ピエンツァ南斜面からのピエンツァ遠景<べたですが、これははずせません> ★ロッカ・ドルチャ下ひなげし咲き誇る斜面からの糸杉アグリ ★この写真 La Foce 前ひなげし群生斜面からの 「未舗装糸杉くねくね」・・・・・であります。永久にここに居たい、ここから離れるのがいやになる風景なのです。

TOSCANA+(399)8_convert_20130421172311.jpg










TOSCANA+(400)_convert_20130421172401.jpg

 後ろ髪を引かれながら、癒しの絶景を後にし、ピエンツァの南側の谷に回ります。ピエンツァを軸にぐるっと360度の夢のドライブです。

TOSCANA+(407)_convert_20130421172421.jpg

 谷からは、「糸杉につつまれた」一軒家農家の典型的オルチャ風景が広がります。

TOSCANA+(408)_convert_20130421172447.jpg

 深い緑の丘の向こうに、ピエンツァが見えます。

TOSCANA+(409)_convert_20130421172518.jpg

 緑のうねりに呑みこまれそうなオルチャ渓谷です。





TOSCANA+(410)_convert_20130421172610.jpg

緑の大波に呑みこまれてしまった、Granpa e Granma di Itosugi です。



TOSCANA+(412)4_convert_20130421172630.jpg

 菜の花の向こうに カスティリオーネ・ドルチャ が見えます。



TOSCANA+(417)_convert_20130421172714.jpg

TOSCANA+(425)_convert_20130421172751.jpg

  ロト7・キャリーオーバー・8億円が当たったら、1軒買うつもりです。


TOSCANA+(426)_convert_20130421172827.jpg


TOSCANA+(428)_convert_20130421172854.jpg

 ロッカ・ドルチャが迫ってきました。手前の糸杉くねくねもいい感じです。







TOSCANA+(430)_convert_20130421172935.jpg
  ビューポイントとして有名なカスティリオーネ・ドルチャ手前の糸杉アグリです。
IMGP7663_convert_20120729110619_20130421174119.jpg
 映画「ジュリエットからの手紙」にも出てきました。・・・夏は褐色のオルチャです。
TOSCANA+(445)1_convert_20130421173049.jpg









TOSCANA+(437)_convert_20130421172958.jpg

 菜の花の向こうにピエンツァが見えています。

TOSCANA+(438)_convert_20130421173027.jpg

 こんな家に住んで、朝起きた時、どんな風景が目に飛び込んでくるのでしょうか?四季の移り変わりの中で、オルチャは色々な顔を見せてくれることでしょう。天国の家・・・・・オルチャ渓谷糸杉農家です。
  1. オルチャ渓谷
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

m+(1)_convert_20130421171020.jpg

 南トスカーナ・・・春の想い出・・NO.6・・・モンティッキエッロ です。小さな村です。人口100人です。ピエンツァからレンタサイクルで15分くらいの距離です。この村の売りは・・・オステリアです。あとで紹介します。
 城門と高い塀で完全防備された、情緒たっぷりの中世の村です。


m+(2)_convert_20130421171103.jpg

m+(3)_convert_20130421171129.jpg

m+(4)_convert_20130421171149.jpg

 ちょっとした心配りが嬉しいトスカーナの小さな村です。






m+(5)_convert_20130421171213.jpg

 ねこ以外は誰にも会うことのない小さな小さなモンティッキエッロです。


m+(6)_convert_20130421171305.jpg

m+(8)_convert_20130421171400.jpg

 Comune di Pienza に属する世界遺産オルチャ渓谷北東端の村ですが、観光客が押し寄せる事の無い静かな静かーーーーな素敵な村なのです。


m+(10)_convert_20130421171451.jpg

 さて、たった100人の村に有る、ミシュランのガイドブックにリストアップされているオステリア「La Porta」です。城門の横に有るので Porta=門 と名付けられたようです。知る人ぞ知る名店です。

m+(9)_convert_20130421171425.jpg

 開店前に村を訪れましたので、この時はお預けとなりました。店の横の階段から城門に登り、テラスビューだけを味わうことにしました。

m+(11)_convert_20130421171514.jpg

m+(12)_convert_20130421171542.jpg

 ピエンツァです。・・・・ピッコロホテルからもこの城門が見えています。








m+(14)_convert_20130421171614.jpg

 次の年(昨年の8月)に、目標達成です。

m+(15)_convert_20130421171644.jpg

 おかみさんと、ともこさんのご主人マッシモさんは旧知の間柄とのことです。

m+(16)_convert_20130421171717.jpg

 モッツァレラと茄子の前菜です。素材を生かした料理が嬉しいトスカーナです。

m+(17)_convert_20130421171802.jpg

小さな小さな城塞都市・・・Monticchiello でした。
  1. オルチャ渓谷
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

 

プロフィール

Granpa di Itosugi

Author:Granpa di Itosugi
La mia cosa favorita・・・・・・
Toscana・Jazz Piano
Bossa Nova Guitar
Mini Cooper・Buell・Tennis
Fotografia・Viaggio・・・・・
e così su

itosugi

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。